アンデット関連高騰中!? アンデット強化が止まらない!

どうも! ゆら。です。
 
今回は、
 
以前に『魔妖』のおすすめカード紹介にも登場した
 
アンデット関連カードの高騰情報です。
 
 
いやぁ・・・
 
ホントすぐ値上がりますね!!

 

参っちゃいますよ( ´Д`;)

 

 

一気に高騰カードをざっくり説明していきましょう!

 

高騰中のアンデット関連カード

 

➡①不知火の隠者

 
 
不知火の隠者

星4/炎属性/アンデット族/攻 500/守 0

「不知火の隠者」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。 デッキから守備力0のアンデット族チューナー1体を特殊召喚する。

(2):このカードが除外された場合、「不知火の隠者」以外の除外されている 自分の「不知火」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

この効果の発動時にフィールドに「不知火流 転生の陣」が存在する場合、 この効果の対象を2体にできる。

 
 不知火の隠者ー(R)ー

 

 

 シンクロ軸のアンデットの起点となる1枚。
 
現状では、
再録はなしというのもあり、
徐々に値を上げております。
 
とはいえ、
アンデットワールドRでの再録の可能性をいえば、
アンデットの出張になりやすいという一面を考慮すれば
 
割と再録あるのでは?
 
とも思っています。
 
こちらは、レアリティの問題での価格高騰ではないため、
再録され次第、価格は落ち着くでしょうね
 
 
 

➡②馬頭鬼

 
 
馬頭鬼

星4/地属性/アンデット族/攻1700/守 800

(1):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、 自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。 そのアンデット族モンスターを特殊召喚する。

 
 馬頭鬼ー(SE)ー
 

 

こちらも汎用性が高いアンデットモンスター。
 
何より、
 
ターン制限がない強み
 
・『ロードΩ』でできる容易な再利用
 
などで
 
注目度が高いカードです。
 
「PREMIUM PACK 11」での収録となったSE版は、
徐々に値を上げている状況がうかがえます。
 
レアリティを考えない場合であれば、
SRやノーマルなどでの再録もされているので
そちらをご利用になるのが良いでしょう。
 
 
 
 
 

➡③ユニゾンビ

 
 
ユニゾンビ(チューナー)

星3/闇属性/アンデット族/攻1300/守 0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。

(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。

この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。

 
 
 ユニゾンビー(SE)ー

 

 こちらもアンデットの汎用カードですね。
 
先ほど紹介した『隠者』からだし、
『馬頭鬼』を落としての動きが強力です。
 
こちらもSEの最安価格で
 
2500円を超える
 
高騰を見せています。
 
 
すっげぇ価格だな! おら、わくわく(ry
 
 
こちらもSRでの再録もあるため、
安く手に入れたいという方は、
そちらをご利用ください。
 
 

➡④生者の書ー禁断の呪術ー

 
 
生者の書-禁断の呪術-

通常魔法 自分の墓地に存在するアンデット族モンスター1体を選択して特殊召喚し、 相手の墓地に存在するモンスター1体を選択してゲームから除外する。

 
生者の書-禁断の呪術- ー(SR)ー 

 

 
こちらは徐々にではありますが、
ここ3日間で値上がりを見せています。
 
注目するべき点は、
蘇生効果+相手の墓地除外効果。
 
現在、
 
DDクロウなどの墓地メタ
流行りを見せているのもあり、
 
【魔妖】、アンデットワールドRの登場から
 
このカードの需要が高まるのでは?
 
という点からの高騰でしょう。
 
 
個人的にも好きなカードの1枚です。
 
 
 
 

➡⑤その他

 他にも、
 
以前、【魔妖】の記事にて紹介させていただいた
 
『精気を吸う骨の塔』なども買取強化する店舗が増加中です。
 
 
取扱店舗自体少ないカードなので、
 
持っている方は、買取に出すチャンスですよ!!
 
 
 
 

 


 

■まとめ

 
 ざっくりと
 
アンデット関連の高騰カードを紹介させていただきました。
 
 
現状、
 
やはり、
 
『隠者』『馬頭鬼』『ユニゾンビ』
 
アンデシンクロトリオの価格の変動は要チェックですね。
 
 
とはいえ、
 
Vジャンプにて登場する
 
『シノビネクロ』
 
『ユニゾンビ』のポジションを脅かすほどの
 
モンスターの可能性も十分あり得ます。
 
 
Vジャンプの予約もとうとう開始されたので、
 
早いうちに回収しておきましょう。
 
 
 
 
今回はこの辺で!
 
ではでは!!