新弾登場!デッキビルドパック -スピリットウォリアーズ- ~六武衆編~

どうも!ゆら。です!

 
ついに新弾のパックが発売しました!
 
新テーマも触れたいところですが、
まずは、なんといっても
【六武衆】の強化がどうなったのか!
ここにスポットを当てましょう!
 
ということで
 

【六武衆】の強化!影六武衆とは??

 

順を追って説明していきましょう


本日のお話のお題!

 

・今までの六武衆、強化後の六武衆

どう変わっていったのか

 

・新カードはどんなものがあるのか

 

・どういった動きをするのか

 

 

シンプルですが、基本的に知っておきたいであろう

所のお話をしていこうかと思います。

では、早速行きましょう!

 

 

①今までの六武衆の基本的な動きのおさらい

 

今までの六武衆ってどんなことをしてきたか

覚えていらっしゃいますでしょうか?
 
 
そう、『真六武衆ーシエン』を立てて、
相手の動きを封じるというのが主流の動きでした。
 
 
 
真六武衆ーシエンのステータスのおさらい
シンクロ・効果モンスター
星5/闇属性/戦士族/攻2500/守1400
戦士族チューナー+チューナー以外の「六武衆」モンスター1体以上
(1):1ターンに1度、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドの「六武衆」モンスター1体を破壊できる。
 
初登場時、1番目の効果が強すぎるといわれたのが
本当に懐かしいですね。
 
今でこそ、相手ターンに動きを阻害するカードはかなり増えましたが、
当時はあまり多くない上、全体破壊系も
徐々に緩和されて行っていた環境のころでしたね。
 
何気に身代わり効果も実に厄介でした。
 
そしてこのカードのみならず、
悪さをしたのが、【六武の門】ですね。
 
【門】を有効活用しつつ、
【シエン】につながるカードも
多数ありました。
 
何より、【キザン】の連続特殊召喚は
本当にきつかった。。。
 
六武の門、その他有力カードたちのおさらい

 

 
《六武の門/Gateway of the Six》
永続魔法
(1):「六武衆」モンスターが召喚・特殊召喚される度に
このカードに武士道カウンターを2つ置く。
(2):自分フィールドの武士道カウンターを以下の数だけ取り除き、その効果を発動できる。
●2つ:フィールドの「六武衆」効果モンスターまたは「紫炎」効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。
●4つ:自分のデッキ・墓地から「六武衆」モンスター1体を選んで手札に加える。
●6つ:自分の墓地の「紫炎」効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
 
六武衆の暗黒時代の象徴、【六武の門】
何故か2枚以上張っても、その分カウンターが乗り、
意味不明な展開につながってしまう超害悪カード
 
これを引けるか引けないかでかなり戦況は変わるカード。
現在は緩和され2枚体制になっています。
永続なので、割られやすいが欠点ですね。
 
このカードは、新体制でも必須となるのでしょうか?
なるでしょうね!!(詳しくは後ほど)
 
 
 
<真六武衆ーカゲキ>
効果モンスター
星3/風属性/戦士族/攻 200/守2000
このカードが召喚に成功した時、手札からレベル4以下の
「六武衆」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。
自分フィールド上に「真六武衆-カゲキ」以外の
「六武衆」と名のついたモンスターが表側表示で存在する限り、
このカードの攻撃力は1500ポイントアップする。
 
 
 
<六武衆の荒行>
速攻魔法
(1):自分フィールドの「六武衆」モンスター1体を対象として発動できる。
対象のモンスターとはカード名が異なり、同じ攻撃力を持つ「六武衆」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
このターンのエンドフェイズに対象のモンスターは破壊される。 
 
この2枚は、
基本的には先行で『真六武衆ーシエン』
簡単に立てることができるカードとしても
当初から注目されていました。
 
エクシーズ環境になっても、
『カゲキ』で『インヴォーカー』を出したり、
『荒行』からのエクシーズも強力でした。
 
勿論、武士道カウンターを溜めるのにも
相性がいいカードたちでしたね。
 
 
<六武衆の結束>
永続魔法
(1):「六武衆」モンスターが召喚・特殊召喚される度に
このカードに武士道カウンターを1つ置く(最大2つまで)。
(2):武士道カウンターが置かれているこのカードを墓地へ送って発動できる。
このカードに置かれていた武士道カウンターの数だけ、自分はデッキからドローする。 
 
武士道カウンターはほかにも使われました。
中でも採用率がダントツに高いのは、
この『結束』になるでしょう。
 
初期の六武衆テーマのころから存在したカードで
単純にドローできる強みがありました。
 
なにより強力だったのが、
武士道カウンターというカウンター名の共有
つまり、『六武の門』でたまったカウンターも
もちろん使用できるということに。
 
ガンガン特殊召喚して、
余ったカウンターでドローして
バックを固めたりするのが
当時よく見られた気がします。
 
<真六武衆ーキザン>
 
 
連鎖する特殊召喚の原因は間違いなくこいつです。
特に、エクシーズ環境に入り始めたころ、
素材として墓地へ落ちた『キザン』を
再回収し、再展開という
一言でいえば『謎』な出来事でした。
 
逆に言えば、カウンター溜め、盤面の展開のキーとなった
カードといって間違いはないでしょう。
 
 

②新規の『影六武衆』とはなんぞや

 

新規の六武衆こと、影六武衆についていくつか説明していきましょう。

 
 
影六武衆の共通効果から説明!!

影六武衆には以下の共通効果が書かれています。

 
(2):自分フィールドの「六武衆」モンスター1体のみが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

この一文がどの影六武衆にも書かれる
共通の効果となっています。
 
真六武衆では、
フィールドの六武衆が身代わりになっていました。
 
今回の影六武衆は、
墓地の影六武衆を除外することで
その破壊の対策ができる。
 
「拙者は御屋形様の影になるで御座る!!!」
 
みたいなやつですね。 
おそらく!
 
 
影六武衆がもたらしてくれたメリットとは?

影六武衆登場後、大幅に六武衆がかわってしまった。

ということは全くありませんでした。
 
基本は、六武衆、真六武衆の時代の
構築が基盤となっていますし、
やはり『六武の門』『荒行』『カゲキ』『キザン』
といったカードを中心に
動いてきますね。
 
では、どのようなメリットがあったのでしょうか?
 
 
①チューナーのバリエーションが増えた!

まずは、六武衆のチューナーが増えたというところですね

 
 
 
今回は『フウマ』『ゲンバ』の2種類が新加入しました。
 
<影六武衆ーフウマ>
チューナー・効果モンスター
星1/風属性/戦士族/攻 200/守1800
(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「影六武衆-フウマ」以外の「六武衆」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):自分フィールドの「六武衆」モンスター1体のみが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
 
『紫炎の足軽』と同じレベル、
同じようなリクルートを持ちますが、
圧倒的な上位互換です。
 
<影六武衆ーゲンバ>
チューナー・効果モンスター
星2/炎属性/戦士族/攻 500/守2100
(1):このカードが召喚に成功した時、
除外されている自分の「六武衆」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):自分フィールドの「六武衆」モンスター1体のみが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
 
破壊耐性効果を使用した影六武衆、
エニシ』効果で除外した六武衆などの
再利用が行えます。
 
若干使いづらさはありますが、
☆2チューナーなので
『影武者』と差別化できますね。
 
 
どちらのチューナーにも言えるのですが、
なにより、『六武衆』の名前が与えられている
という点に注目していただきたいです。
 
「紫炎の」では武士道カウンターは乗りません。
つまり、武士道カウンターを増やせるチューナー
ついに登場したのです!!!
 
これはうれしいですよね!!
 
 
②展開手段の幅が広がる!
 

展開の幅は間違いなく広がっています。

 
 
 
<影六武衆ーキザル>
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1900/守1000
(1):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分フィールドに存在する属性以外の「六武衆」モンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):自分フィールドの「六武衆」モンスター1体のみが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
 
☆4の地属性戦士というところで
ピンとくるかもしれないですね。
 
 
 
『インヴォーカー』からの特殊召喚が可能です。
 
いままで『キザン』を出していましたが、
『キザル』からサーチして展開できる強みが
できました。
 
普通に19打点というアタッカーにもなれるので
普通に強いです。
 
<影六武衆ーハツメ>
効果モンスター
星3/水属性/戦士族/攻1600/守1500
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「六武衆」モンスター2体を除外し、「影六武衆-ハツメ」以外の
自分の墓地の「六武衆」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドの「六武衆」モンスター1体のみが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
 
墓地から六武衆を展開する効果を持っています。
 
コストも重いですが、
とはいえ蘇生効果はやはり強いです。
 
タイプの違った墓地肥やしを
序盤から一気にできる六武衆デッキには
うってつけのカードになるでしょうね。
 
また『真六武衆ーミズホ』と
攻撃力が同じなので、
『荒行』から特殊召喚できます。
 
『ミズホ』+『シナイ』を軸に動くタイプでの
貢献度は少なくともあるかと思われます。
 
効果モンスター
星3/炎属性/戦士族/攻1600/守1000
自分フィールド上に「真六武衆-シナイ」が表側表示で存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上に存在する
「六武衆」と名のついたモンスター1体をリリースする事で、
フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。
 
効果モンスター
星3/水属性/戦士族/攻1500/守1500
自分フィールド上に「真六武衆-ミズホ」が表側表示で存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
フィールド上に存在するこのカードがリリースされた場合、
自分の墓地に存在する「真六武衆-シナイ」以外の
「六武衆」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える。
 
 
 
 
③影六武衆の基本的な動かし方について

最後に影六武衆が入った六武衆の動かし方の説明です。

 
といっても、基本的なパターンは、
やはり『シエン』を立てるのが最優先事項です。
 
合わせて、墓地に影六武衆待機。
 
マスタールール4の影響もあって、
容易にシンクロ、エクシーズは並べることはできないので、
『ミセスレディエント』などを
『インヴォーカー』の効果などから
呼べるように展開するのが良いでしょう。
 
 
さて、コンボの紹介の前に『影六武衆ーリハン』をご紹介しましょう。
 
 
 
<影六武衆ーリハン>
融合・効果モンスター
星5/光属性/戦士族/攻2400/守2400
属性が異なる「六武衆」モンスター×3
自分フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「六武衆」カード1枚を除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
(2):自分フィールドの「六武衆」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
 

なぜ、リンクではないのか

 
なぜ融合をチョイスしたのか
 
わからない。。。
 
価格はシクで150円しない。。。
 
効果としては消して弱くない。
除外と墓地へ行った後の破壊耐性。
 
2個目の効果に関しては、
他の影六武衆の効果の強化版ともいうカードだ。
 
 
今回紹介するのは、
公式でも紹介されているので、
既に知っている人もいると思いますが、
その辺はご了承ください。
 
 
シンプルなコンボ紹介!
 

必要となるパーツ:『門』『カゲキ』『ハツメ』『荒行』

 
①『門』発動
②『カゲキ』召喚、効果チェーン①、『荒行』チェーン②
③『荒行』で『フウマ』、『カゲキ』で『ハツメ』を場に。
④『門』のサーチで『キザン』
⑤そのまま『キザン』特殊召喚
⑥『フウマ』+『キザン』で『真六武衆ーシエン』特殊召喚
⑦2枚目の『キザン』をサーチ、特殊召喚
⑧3体で『リハン』を融合召喚。
⑨『ハツメ』の蘇生効果で『シエン』復活。
 
『ハツメ』をうまく活かしたコンボです。
 
ですが、『キザン』を除外するというリスク
そもそも『リハン』じゃなくて『デコード』とかでもいいのでは
とも取れるのは確かです。
 
ただ、【DD】を彷彿とさせるような
蘇生をうまく活かして
シンクロ融合をそろえる動き
なかなか見ごたえがあります。
 
門からの展開は、
様々ルートがあるので、
いろいろ実勢んしてみてください。
 
今回はこの辺で、
それではまた!!!