大人のデュエル会レポート ~王者DD使用~

どうも!ゆら。です!

 
今回は、
昨日、日本橋ドラスタ2号店にて行われた
 

【大人のデュエル会】

 
での対戦レポートをしていこうかと思います。
 
 
いやぁ~ 
 
かなり楽しかった!!
 
まずは使用デッキのレシピから紹介します。
 

 
使用デッキ:王者DD
 
 
 
細かいデッキの紹介は
 
後日
 
デッキ紹介記事にて行います。
 
 
元々、オリジナルのDDを作ろうと思ったのが
きっかけになりますね。
 
 
ちょうどVジャンプの
 
『レッドデーモンカラミティ』
 
が登場した時期に使ってみたいな~と考え、
 
「じゃあDDでなんとかしてみよう!」
 
という考えにいたり、
 
王者らしい、ジャックらしい
 
リゾネーターを加えて
 
ガンガン回す構築にしてみたのが
 
この【王者DD】です。
 
 
 
マスタールール3の環境下で
 
Youtubeの動画もあげているので、
 
できれば、マスタールール4の動画も
 
改めてアップしたいかなと思います。
 
(何分時間がないので、見つけ次第やってみます)
 
 
マスタールール3での動画はこちら
 
 
 
さて、話を戻しましょう。
 
では、早速対戦レポートに移りましょう。
 
 
① VS レティキュラント(捕食メタファイズ) 〇
 
 

初戦はレティキュラントデッキ

 
スタートからガンガン回し、
 
『べリアル』『アビス』+Pゾーン『アビスラグナロク』の布陣。
 
(基本となる布陣になります。)
 
初ターンは特に動きはないので、
 
再度、『べリアル』の効果
 
『スカーライト』を蘇生させて攻撃に出ると、
 
『セアセニアント』が現れたので、
 
『スカーライト』を犠牲にする。
 
 
とはいえ、
 
『アビス』の効果がうまく機能するおかげで
 
『置換融合』などをかわし、
 
『デストルドー』のライフコストもあり、
 
上手くダメージを与えて勝利!
 
 
『レティキュラント』は好きなので、
 
どういった動きになるか、
 
また見てみたいデッキでした。
 

② VS 聖刻リンク ✖〇
 
 
 
多分この日対戦したどのデッキより
 
驚かされたデッキでした。
 
 
1戦目は 『ゴードン』『誘惑』がひどいありさま。
 
返しターンに軽く回された後、
 
『ダークマター』に一気にライフかっさらわれて負け。
 
 
2戦目は、1戦目とデジャブ展開。
 
なんとか『スワラル』の効果につなげるが、
 
『増G』飛んだので、
 
『ダルク』でエンド。
 
やばい動きは分かっているので、
 
+2ドローさせるのは危険すぎた
 
という考えも無意味で、
 
序盤と同じように『ダークマター』効果の墓地送りを
 
うまく活かしてガンガン回す。
 
M1とM2合わせてレダメが3,4回
 
効果を起動しているという謎展開が繰り広げられる。
 
 
 
上手く新しいリンクモンスターと聖刻を含む
 
ドラゴン族モンスターを使って
 
面白い展開をするなと舌を巻きながら見ていました。
 
 
 
相手が1体リンクを出さなかったこともあり
 
『DDオルトロス』
 
なんとかライフ500ほどを残してなんとか生き残る。
 
 
ここでそもそも『ファイアウォール』と『ヴァレルロード』が
 
相互リンクしてなかったことが発覚。
 
 
大丈夫ですよ!と続行を宣言し、
 
『スカーライト』をだして一層、ダイレクトで
 
ライフを削り勝ち!
 
 
 
まぁ、2戦目は勝ちといえるかはですね。
 
また戦ってみたいものですし、
デッキについてもいろいろ教えてもらいたいですね。
 
③ VS クイズ?大逆転クイズ? 〇
 
 
チキンレースだったり、
成金ゴブリン、ドン・サウザンドの契約などで
ドローカードだらけだったので、
何か狙ってるのはわかりました。
 
が、序盤から『サイフリート』で妨害して
ちまちま殴って勝ち。
 
相手は終始、隣としゃべってばかりだったので、
正直、さっさと終わらせたかったのもありました。
 
 
④ VS 暗黒界 〇
 
 
久々の暗黒界との対戦です。
 
正直、かなり苦手です。
 
暗黒界ほどソリティアとは違う意味で
自分との戦いを繰り広げるデッキもありませんからね。
 
無論、嫌な意味ではなく
苦手ということですよ!
 
毎度おなじみ『アビス』『べリアル』の布陣から入ります。
 
相手が、『終末の騎士』『ゼピュロス』を使って、
『ホープライトニング』で『アビス』を処理される。
 
『べリアル』効果で再度『アビス』を蘇生して
ダメージを稼ぐ。
 
相手が『トランスデーモン』などで動く。
 
個人的に回収効果が面倒だったので、
 
『アビスラグナロク』の除外効果などを
 
うまくいかして
 
一気にライフを削って勝利!
 
ガヤガヤしながら楽しくデュエルできましたね!
 
⑤ VS 青眼魔導召喚獣 〇
 
 
『アビス』『べリアル』の布陣からスタート。
 
なんだかんだ先行で成功率は高めですね。
 
相手は『簡易融合』から入る。
『サウザンドアイズ』なんか出たら困るので無効に。
 
『チキンレース』『魔法陣』から
『アレイスター』をサーチし、召喚。
 
DDはご存知の通り、
 
闇が基本なので、
 
『カリギュラ』しか出ないのは
 
ある意味救いですね。
 
相手は『青き眼の乙女』と『召喚魔術』で
 
『メルカバー』を用意し、
 
『アビス』を『メルカバー』で処理。
 
 
次ターンに『べリアル』で攻撃後
 
『アビス』を再度用意。
 
相手は事故気味だったようで、
 
そのまま削って勝利!
 
デュエル後、【召喚獣】というテーマについて語ってました。
 
いいテーマなんだけど
悪用されるテーマ
 
っていうのはホントその通りです。
 
とはいえ、
 
出張テーマです!
 
といってるようなものなので
仕方ないんですよね。
 
 
⑥ VS ギミックパペット 〇
 
 
 

この日1番盛り上がったデュエルに違いないですね。

 
『キングレムリン』から
『アナンタ』を呼び出したのは驚きでしたが、
ランク8エクシーズの要因としては
なるほどな!と同時におもしろいなと思いましたね。
 
『アビス』『ベリアル』
 
序盤から削りながら
 
『レッドリゾネーター』でライフ回復。
 
 
圧倒的なライフ差をつけて、
 
相手さんが
 
『セブンシンズをちゃんと除去してから倒してほしいなぁ』
 
発言がありました。
 
 
 
というのも、
 
棒立ちの『終末の騎士』を殴れば終わりの場面でした。
 
 
 
こっから無駄なリンク召喚、『閻魔竜』で吹っ飛ばすなど
 
無駄なことばかりすると
 
バックのカードで止められてしまう。
 
してやられたぜ!!!
 
そこから一気にライフは 
 
500 VS 200 にまで。
 
ここから再度逆転の一手を
 
『死者蘇生』『アビスラグナロク』のおかげで
 
決めることができました。
 
いやぁー
 
対戦相手の方もノリのいい方で
すごく楽しくデュエルできました。
 
またやりたいですね!
 
⑦ VS アドバンス召喚? 〇
 
この対戦相手の方が、アジア系の外国人の方だったようで
 
一部話がうまくできない場面があり、
 
効果も若干食い違っていましたが、
 
それもカードゲームでよくあることですよね。
 
 
トークンを生むカード以外は
 
特に妨害もなかったので、
 
ゆっくりとフィールドにモンスターを
 
並べていきました。
 
2体リリースで3体リリース効果を使われるというミス、
 
こっちも効果を把握しきれてなく、
 
説明も難しかったため、
 
『アビスラグナロク』の効果で除外し、
 
一気に削り切りました。
 
 
⑧ VS 儀式青眼 〇
 
 
 
こちらでも『アビス』『ベリアル』の布陣
 
スタートから展開します。
 
セットモンスターについて
 
「チューナーでしょ?いや、シャインエンジェル?」
 
などと心理戦を仕掛け、
 
殴ってみると『メタポ』・・・。
 
 
 
 
『ゴードン』、相手の『手札抹殺』の影響で
 
デッキの薄さが際立ちました。
 
 
『アビス』は『亜白』に消されますが、
再度、『べリアル』で呼び戻します。
 
 
青眼の打点が3000なので、
 
この布陣はかなり厳しい模様。
 
 
 
儀式関係もなかなか引けず、
 
うーん・・・とうなる場面もしばしば。
 
 
後半は、リンク召喚も織り交ぜ、
 
デコード、アビス+αというやや面倒さが増した布陣を展開。
 
 
終盤は『戦乙女』の契約書
 
セットモンスターを許さず、破壊し
 
ダイレクトアタックで勝負あり。
 
 
実際問題、『カオスMAX』出たら
 
どうすんねん問題は解消できそうもありません。
 
 
 
いや、どうすんだよwww
 
 
 
上手く誘って『戦乙女』で戦闘破壊ぐらいじゃないのか?
うーん わからん!!
 
⑨ VS 機械天使霊魂鳥 〇✖
 
 
 

1戦目は相変わらずの超展開で一気に焼き払いました。

 
2戦目は、那沙帝弥の強さに舌を巻きました。
 
 
儀式・効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻1000/守1000
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力の半分だけ自分のLPを回復する。
(2):自分の儀式モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
(3):このカードが墓地に存在する場合、
自分の墓地からこのカード以外の「サイバー・エンジェル」モンスター1体を除外し、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚し、対象のモンスターのコントロールを得る。
 
中盤から形勢が逆転し、
 
『アビス』や『ダルク』などを奪われ
 
なすすべなく負けました。
 
 
『アビス』強いな・・・・じゃなかった。
 
『那沙帝弥』の効果は強いのは知ってたんですが、
これほどとは・・・・。
 
【機械天使】は組んでいましたが、
 
奴のレベルが☆5なのもあり、
 
『パーデク』と組み合わせている自分としては
 
採用圏外なんですよね。。。
 
 
ですが、使ってみたいカードの1枚になりました。
 
少し何か考えてみることにしましょう。
 
 
 
 
今回の結果と対戦会についてのお話
 
王者DDの戦績
 
 

VS 捕食メタファイズレティキュラント 〇

 
VS リンク聖刻 ✖ 〇
 
VS クイズ? 〇
 
VS 暗黒界 〇
 
VS 青眼魔導召喚獣 〇
 
VS ギミックパペット 〇
 
VS アドバンス召喚? 〇
 
VS 儀式青眼 〇
 
VS 機械天使霊魂鳥 〇 ✖
 
 
直前まで、
 
展開の物足りなさを感じていたのですが、
 
意外としっかりと回り、
 
思う以上の戦果をあげてくれました。
 
『アビス』『べリアル』を並べることが
 
意外と容易にできることを再確認できたのは
 
かなりの収穫でしたかね。
 
 
 
マスタールール4になって
 
かなり動きが縛られましたが、
 
それでも十分すぎるほど動いてくれました。
 
また、対戦相手の方に
 
「なるほど!そういう動きをするのか」
「うまくかみ合ってますね!」
 
 
などの驚きの声が何よりうれしかったです。
 
また、近々、参加したいなと思いましたし、
 
多分参加すると思います。
 
いろんなデッキと戦えることを
 
楽しみにしておきます。
 
では、今回はこの辺で!