サブテラーデッキで環境を覆す!徹底解剖していきます!後編

どうも、お久しぶりです。

 
サブテラーについての話の後編記事です。
 
 
最近は、
 
新弾のリンクパックの影響で
 
いろんなデッキ(主にハリファイバーの影響)が
 
解き放たれたかのように暴れていますね。
 
 
そんな中、サブテラーはどうなんでしょうかね?
 
 
その辺も合わせてお話していきましょう。
 
 
では、いつものお題から!
 
今回のお題!!
 
・サブテラーカードたちを徹底解剖
 
・サブテラーと相性のいいカードたち
 
・サブテラーのデッキの種類や動き方をいくつかご紹介!
 
・サブテラーは環境で通用するのか。
 
前回、サブテラーのカードのお話を済ませたので、
 
相性のいいカードや動きやデッキタイプのお話をしていきましょう。
 
 
 
 
②サブテラーと相性の良いカードたち
①能動的にセットできるカード
 
 
主に『月の書」『皆既日食の書』などは
 
相手フィールドを触りつつ、
 
サブテラーマリスの特殊召喚条件を満たすこともできるため
 
相性が良いです。
 
 
中でも『簡易融合』→『ライディーン』の流れ
 
自信を効果でセット対象にすることで
 
セットするモンスターを1枚で供給できるうえ、
 
『ライディーン』自身破壊されなくなり、
 
残るというのも強力な点です。
 
 
サブテラーは、基本的に
 
EXを使用することが少ないため、
 
基本的に、出す場所がないということに
 
困ることはないでしょう。
 
 
 

②占術姫
 
リバースモンスターのカテゴリといえば、
 
占術姫といっても過言でないぐらい
 
ポピュラーなモンスターですね。
 
 
特に、サブテラーマリスを主塾とするタイプでは、
 
コストを賄いやすく、相性が良いかと思われます。
 
 
重要になるセット&リバース効果を持っているうえ、
 
ハンド or 墓地 から、リバースモンスターを特殊召喚する
 
かなり強力な効果ももっています。
 
 
最悪、相手モンスターをセットすることもでき
 
ある程度の制圧力もあります。
 
 
儀式も『下準備』対応ということで
 
そこまでデッキを圧迫しないのも良いところですね。
 
③シャドール
 
勿論、リバースといえばでおなじみの
 
【シャドール】も混ぜやすいテーマです。
 
サブテラーは、
 
地属性テーマということもあり、
 
『シェキナーガ』を構えつつ、
 
『導師』や『妖魔』で妨害できるので
 
なかなかに固い盤面も作れるので
 
割と楽しいかと思います。
 
 
墓地に落としたい『戦士』なども
 
簡単に送れるようになるのも強みですね。
 
 
純導師ビートに飽きた方には、
 
おすすめしたい出張パーツですね。
 
 
シャドールは、
 
リンクパックで再録もされていますし、
 
『フュージョン』のノーマルも以前再録されました
 
かなり組みやすくなったかなと思います。

④裏守備効果もちモンスター
 
使い方に関しては、『ライディーン』と同じような感じです。
 
召喚権を食わなければいけないデメリットの代わりに
 
反転召喚時の効果を持っています。
 
『導師』『シャンバラ』などで
 
妨害もできないことはありませんし、
 
生き残らせることができるように構築を練れば
 
なかなか面白い動きをしてくれます。
 
 
正直、サブテラーを初めて見たとき、
 
『ラクダ』つよいんじゃね?
 
とはおもいました。
 
 
意外とあり?→『守護者スフィンクス』
 
 
 
効果モンスター
星5/地属性/岩石族/攻1700/守2400
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
このカードが反転召喚に成功した時、
相手フィールド上に存在するモンスターを全て持ち主の手札に戻す。
 
 
大穴は→『モアイ迎撃砲』
 
出したら盛り上がるのは確実!!!
 
 
 
⑤金華猫
 
手札誘発として、
 
墓地へ落とした『妖魔』の効果の
 
再利用が狙いやすいカード。
 
スピリットなので、
 
処理されない限りは
 
『妖魔』の過労死が狙える。
 
起動効果はもちろん、
 
相手の妨害を警戒して、
 
『妖魔』を出しておくのも悪くないですね。
 
 
 
 
その他、フィールド関連であったり、
 
新規の【ティンダングル】も相性は悪くありません。
 
個人的には、【クローラー】と合わせたいですけどね。
 
 
 
 
 
サブテラーデッキの種類と動き方のご紹介
①純型(マリス入り)
 
 
 
大量に上級を入れるタイプもありますが、
 
基本的に『リグリアード』『グライオース』の2種類の上級のみ
 
構築が多いかと思われます。

 
①派生、竜の渓谷入り、先行制圧型
 
先行で『ナチュビ』を出す盤面を目指します。
 
『終末の騎士』や『竜の渓谷』『デストルドー』を使用し、
 
『シャンバラ』も手札に加えての展開です。
 
安定性も高く、簡単に『ナチュビ』を立てることが可能です。
 
先行『ナチュビ』のお手軽展開!
ハンド:『竜の渓谷』+『デストルドー』(or『ダークヴルム』)
 
 
①『渓谷』→『デストルドー』切って『ヴルム』墓地へ
 
②『ヴルム』蘇生、『デストルドー』蘇生
 
③2体で『エンシェントフェアリー』
 
④効果で『シャンバラ』サーチ
 
⑤『シャンバラ』で『戦士』サーチ
 
⑥『フェアリー』で『戦士』特殊して効果発動。→『グライオース』特殊
 
⑦『シャンバラ』で『グライオース』リバース効果→『バルブ』墓地
 
⑦『グライオース』リバースにチェーンして『戦士』蘇生
 
⑧『戦士』+『バルブ』→『ナチュビ』
 
 
場:『ナチュビ』+『グライオース』+『シャンバラ』
 
基本的にはこの流れを覚えておけばいいかと思います。
 
 
他にも、『ドバーグ』『フォトスラ』を絡めたものや
 
『終末の騎士』+フィールドのハンドのもののほかにも
 
いろいろありますが、
 
『戦士』『フェアリー』『グライオース』の効果を
 
しっかり把握していれば、
 
臨機応変に動くことは可能だと思います。
 
 

②導師ビート
 
 

最近はやりの『導師』ビートといわれるタイプのものです。
 
採用されているモンスターのは『導師』『妖魔』のみ
 
(自分は『射手』も採用していました)
 
というとがった構築です。 
 
あとは、環境を見て
 
『グラットン』『スケゴ』などでアタッカーを生み出し、
 
手札誘発をフル投入して
 
簡単に言うとサブテラー型メタビートといった感じでしょうか。
 
 
 
③混ぜ物
 
先ほどの【シャドール】【占術姫】や
 
【ティンダングル】などを合わせた軸ですね。
 
純型に飽きた人が混ぜて楽しみ方を変えているのは
 
よく目にします。
 
 
 
最後に、サブテラーがどこまで戦えるかというお話ですね。
 
 
 
サブテラーはどこまでやれるんだい!?
 
現状、導師ビートを中心にお話しすることになりますが、
 
デッキスペースがあるので、
 
環境を見ながら、構築を変えることができるのが強みですね。
 
 
現状、手札誘発がガン積みされているので
 
要所要所を止めれば、かなり戦えます。
 
他のデッキと違い、
 
手札誘発にもできる『妖魔』はサーチができますし、
 
専用サポートである『決戦』も『導師』経由でサーチ可能です。
 
 
かなり、盤面を整えやすいデッキであるのは
 
間違いないでしょう。
 
 
なので、環境トップは厳しいと思いますが、
 
環境と戦っていくことに関しては
 
十分なポテンシャルを秘めていると思います。
 
 
 
 
さいごになりますが、
 
『サブテラー』は大型の効果がわからない、
 
名前と画像が一致しないなんてことがあるとおもいます。
 
覚えなくていいんです。
 
上級使わなくてもいいんです。
 
それでも十分遊べます! サブテラー!
 
ただし、導師! お前は必要だ!!
 
誘発さえ除けば
 
そこまで高くないので、
 
是非、組んで遊んでみてください。
 
 
ではでは!!