リンクヴレインズパックを徹底解剖!! ~インヴェルズ・オリジン編~

どうも! ゆら。です。

 
前回と引き続き『リンクヴレインズパック』の
 
新規カード、「インヴェルズ・オリジン」
 
解説していこうと思います!
 
 
 
今回のお題!!
 
・新カード『インヴェルズ・オリジン』とは?
 
・相性の良いカードなどをご紹介!
 
・インヴェルズ強化?ヴェルズ強化??
 
この3つを中心に、
 
お話を進めていこうかと思います。
『インヴェルズオリジン』とは?
 
 
①基本的なステータスのお話
ヴェルズモンスター×2で出せる
 
リンクモンスターです。
 
このパックのリンクモンスターは
 
斜めにリンク先があることが多いですが、
 
こいつは↑↓がリンク先に指定されていますね。
 
 
攻撃力は2000と最低限の攻撃力を持っています。
 
 

 
②効果について
 
(1):このカードがEXモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにEXデッキからメインモンスターゾーンにモンスターを特殊召喚する場合、
このカードのリンク先にしか出せない。
(2):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、
このカードは効果の対象にならず、戦闘・効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。
その破壊されたモンスターの数まで、デッキからレベル4以下の「ヴェルズ」モンスターを守備表示で特殊召喚する。
 
大きく分けて、効果は3つです。
 
1つ目は、EXモンスター(P含む)の
 
特種召喚先の制限です。
 
 
ソリティア系、EX連打するデッキや
 
ペンデュラムなどで一気に並べたいデッキには
 
かなりのメタとして働くのではないでしょうか。
 
 
 
2つ目は、対象耐性、破壊耐性を持つという効果ですね。
 
2体並べると強固な布陣が仕上がります。
 
リンク先にEXからモンスターを出させるという効果を
 
1つ目の効果で持っているため、
 
そもそも破壊されにくくはなりますね。
 
 
 
3つ目は、破壊された場合のケアになります。
 
例えば、リンク先に『オピオン』などを並べたときに
 
『オピオン』を処理された時などに
 
発動させたい効果ですね。
 
 
自爆特攻で突っ込ませて
 
『ケルキオン』などをリクルートするのがよさそうですね。
 
 
 
 
相性のいいカードたちをご紹介!
①バニラサポート関係
 
『レスキュー・ラビット』
 
星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
「レスキューラビット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル4以下の同名の通常モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。
 
『予想GUY』
 
通常魔法
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の通常モンスター1体を特殊召喚する。
 
『ヘリオロープ』が通常のヴェルズモンスターなので
 
このあたりのカードで並べることができますね。
 
その辺は、
 
【ヴェルズラギア】などが流行ったころのプレーヤーなら
 
誰もが知っていることでしょうね。
 
 
 
②ヴェルズを並べやすいカードたち
 
 
 
『ヴェルズ・マンドラゴ』
 
星4/闇属性/植物族/攻1550/守1450
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
 
『ヴェルズ・カストル』
 
星4/闇属性/戦士族/攻1750/守 550
このカードが召喚に成功したターン、
自分は通常召喚に加えて1度だけ
「ヴェルズ」と名のついたモンスター1体を召喚できる。
 
『ヴェルズ・ケルキオン』
 
星4/闇属性/魔法使い族/攻1600/守1550
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「ヴェルズ」モンスター1体を除外し、
自分の墓地の「ヴェルズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):このカードの(1)の効果を適用したターンのメインフェイズに発動できる。
「ヴェルズ」モンスター1体を召喚する。
(3):このカードが墓地へ送られたターン、
「ヴェルズ」モンスターを召喚する場合に必要なリリースを1体少なくできる。
 
ヴェルズモンスターを並べることに関しては
 
この3枚が特に重要な働きをしてくれるでしょう。
 
 
今までの基本である
 
『オピオン』を立てるスタートと同じく
 
『オリジン』を立てるには
 
2体のヴェルズモンスターが必要です。
 
 
『カストル』の召喚権増加、
 
『マンドラゴ』の特殊召喚、
 
『ケルキオン』の蘇生などを駆使して
 
立てるように努めましょう!
 

 
③インヴェルズでの展開要員
 
 
『インヴェルズの魔細胞』
 
星1/闇属性/悪魔族/攻  0/守   0
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
このカードは「インヴェルズ」と名のついたモンスターの
アドバンス召喚以外のためにはリリースできず、
シンクロ素材にもできない。
 
『インヴェルズを呼ぶ者』
 
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守   0
このカードをリリースして「インヴェルズ」と名のついたモンスターの
アドバンス召喚に成功した時、デッキからレベル4以下の
「インヴェルズ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。
 
 
『インヴェルズ・マディス』
 
「インヴェルズ」と名のついたモンスターをリリースして
このカードのアドバンス召喚に成功した時、
1000ライフポイントを払う事で、
自分の墓地の「インヴェルズ」と名のついたモンスター1体を
選択して特殊召喚する。
 
特に1ターン目から使いやすく、
 
『オリジン』と相性のいいのは、
 
『魔細胞』でしょうね。
 
先行『オリジン』を特化するのであれば
 
採用圏内でしょうね
 
 
残りの2枚は、【インヴェルズ】を主軸とする場合
 
入れるとよいでしょう。
 
『呼ぶ者』に関しては、
 
こいつを出す手段を別に用意しなければいけないですが、
 
『マディス』に関しては、
 
『ダークグレファー』などを駆使し、
 
墓地を肥やすことで
 
効果を使いやすくなるでしょう。
 
 
他には、M1開始時に蘇生を持つ『斥候』や
 
癖の強いデュアルサモン効果のある『門番』などがいます。
 
 
ちなみに、『インヴェルズ』には
 
専用の蘇生カードもあるので、
 
その辺もチェックしておくとよいでしょう。
 
 
 
 
④闇属性の相性の良い特殊召喚持ちモンスター
 
 
『ダーク・クリエイター』
 
星8/闇属性/雷族/攻2300/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地に闇属性モンスターが5体以上存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
1ターンに1度、自分の墓地の闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、
自分の墓地の闇属性モンスター1体を選択して特殊召喚する。
 
『ヘルウェイ・パトロール』
 
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守1200
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々のレベル×100ダメージを相手に与える。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から攻撃力2000以下の悪魔族モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

『黒牙の魔術師』

 

 

星4/闇属性/魔法使い族/攻1700/守 800
【Pスケール:青8/赤8】
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力をターン終了時まで半分にする。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
このカードはルール上「エクシーズ・ドラゴン」カードとしても扱う。
(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地の魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

上の2つは、どちらも【インヴェルズ】の展開要員として

 

 

運用されることがあるカードなります。

 

 

『呼ぶ者』は『ヘルウェイ』などで出して

 

 

リリースして展開する動きが理想的ですね。

 
 
『黒牙』に関しては、
 
ピンポイントな『ケルキオン』サポートです。
 
結局、『ケルキオン』の効果に頼る場面は多くなりますし、
 
蘇生できれば召喚権を残しつつ
 
展開できるのが強みですね。
 
 
枠があれば、P枠を少しだけ入れても
 
面白いかもしれませんね。
 
 
⑤ 素材縛りの緩いエクシーズを介する
 
『励輝士ヴェルズビュート』
 
ランク4/光属性/悪魔族/攻1900/守   0
レベル4モンスター×2
(1):自分メインフェイズまたは相手バトルフェイズに、
相手の手札・フィールドのカードを合計した数が
自分の手札・フィールドのカードを合計した数より多い場合、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
 
『ビュート』や『ローチ』
 
レベル4×2という緩い縛りで出せるエクシーズモンスター
 
名前に『ヴェルズ』とついている。
 
レベル4の展開力があるのであれば、
 
エクシーズを含めたリンク召喚をするのも1つの手ですね。
 
 
 
 
 
 
ヴェルズ、インヴェルズ どっちの強化?
 
 
『インヴェルズ・オリジン』は
 
名称が『インヴェルズ』となっているのもあり、
 
【インヴェルズ】モンスターの
 
リリースコストとしても使用できる。
 
 
どちらの強化にもなってはいますが、
 
やはり『ヴェルズ』の強化としてとらえて
 
間違いではないでしょう。
 
 
『ヴェルズ』には『オピオン』もいますし
 
新たな仲間の登場で
 
めんどくささが増していい感じです。
 
 
そんなこのカードの値段ですが、
 
 
現在、近くのショップで30円!!
 
 
 
2枚はほしいですね。
 
2枚買っても100円以下!?!?
 
 
 
こんな人でも安心です!!
 
さらに、『ケルキオン』も再録されたので、
 
かなり組みやすくなっていると思いますので、
 
是非、組んでみてください。
 
 
今回は、『ヴェルズ・オリジン』のお話でした!
 
では、また!!