リンクヴレインズパックを徹底解剖!! ~暴走召喚師アレイスター編~

どうも! ゆら。です。

 
今回も引き続き『リンクヴレインズパック』のお話です。
 
 
今回は、「暴走召喚師アレイスター」
 
解説していこうと思います!
 
 
 
今回のお題!!
 
・新カード『暴走召喚師アレイスター』とは?
 
・相性の良いカードなどをご紹介!
 
・このカードの必要性ってどう?
 
この3つを中心に、
 
お話を進めていこうかと思います。
 
 
『暴走召喚師アレイスター』とは?
 
 
①基本的なステータスのお話
 
 
やや素材縛りがややこしいですね。
 
種族属性が異なるモンスター×2
 
ということなので、
 
こいつを使用することを前提にするのであれば、
 
出張のしやすく、
 
種族属性が『召喚師アレイスター』と異なるモンスター
 
または
 
一気に種族属性の違うモンスターを並べる手段
 
をデッキに取り入れるのが良いでしょう。
 
 
前提として、召喚獣を扱うわけですから、
 
『召喚師アレイスター』の種族属性が
 
基礎となるはずです。
 
 
 
さて、話がそれましたね。
 
 
リンク先は両斜め下なので
 
他の融合モンスターやエクシーズモンスターとの
 
共存もしやすくなったのではないでしょうか。
 

 
②効果について
 
リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
種族と属性が異なるモンスター2体
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「召喚師アレイスター」として扱う。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。
手札を1枚選んで捨て、デッキから「召喚魔術」または「法の聖典」1枚を手札に加える。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「魔法名-「大いなる獣」」1枚を手札に加える。
 
大きく分けて、効果は3つ。
 
1つ目は、アレイスターとして扱うというものです。
 
『サイバードラゴンコア』などの
 
サイバードラゴンとして扱う効果と同じようなものですね。
 
 
2つ目は、融合召喚を行った場合のサーチ効果ですね。
 
サーチ対象はこの2種類です。
 
 
 
主に『召喚魔術』をサーチすることになるでしょうね。
 
先ほど触れた
 
一気に2体素材を並べる手段で出したケースでの
 
『召喚師アレイスター』の代わりであったり
 
『召喚師アレイスター』を手札からダメスタに投げやすくなる
 
というメリットもあったりしますね。
 
 
かなり召喚獣に寄せるのであれば
 
『法の聖典』をいれることで
 
なかなか出しにくい召喚獣に
 
切り替えることもできますね。
 
 
『簡易融合』から『ライディーン』が出たりもするので
 
その辺も考慮するとよいでしょう。
 
 
3つ目の効果は、
 
あまり使われていないカードである
 
「魔法名ー「大いなる獣」」のサーチ効果です。
 
 
ただし、相手の効果で離れないといけないため
 
かなりサーチタイミングが限られるので
 
あまり頭に入れる必要はないでしょうね。
 
 
無理に採用する必要もないかと思われます。
 
 
 
 
相性のいいカードたちをご紹介!
①とりあえず『召喚師アレイスター』
 
 
『召喚師アレイスター』
 
現在制限にぶち込まれてしまったカードです。
 
出張前提のテーマなので、
 
いろんなデッキで活躍し、
 
悪用されてしまうことぼしばしばありました。
 
 
『暴走アレイスター』は彼の代わりにもなることができる点を
 
頭に入れておくとよいでしょう。
 
 
 
②特種召喚しやすいモンスターたち
 
 
『フォトン・スラッシャー』
 
『召喚師アレイスター』自体が
 
召喚時のサーチなので
 
勝手に特殊召喚できるモンスターが相性が良いでしょう。
 
 
先行展開するには、
 
相手の場に依存せずに
 
展開できる
 
『フォトンスラッシャー』などが良いでしょう。
 
 
同じ理由で
 
『簡易融合』なども扱いやすくおすすめです。
 
困ったら『ライディーン』を出すこともできますし
 
相性は悪くないでしょいう。

 
③クラウンブレード
 
 
『Emトリック・クラウン』
 
星4/光属性/魔法使い族/攻1600/守1200
「Emトリック・クラウン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「Em」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
その後、自分は1000ダメージを受ける。
 
 
『H・C サウザンド・ブレード』
 
星4/地属性/戦士族/攻1300/守1100
「H・C サウザンド・ブレード」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、手札から「ヒロイック」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ヒロイック」モンスター1体を特殊召喚し、
このカードを守備表示にする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ヒロイック」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在し、戦闘・効果で自分がダメージを受けた時に発動できる。
このカードを墓地から攻撃表示で特殊召喚する。
 
『ガードペンギン』
 
カードの効果によって自分がダメージを受けた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、
受けたダメージの数値分だけ自分のライフポイントを回復する。
 
エクシーズ時代(EMEm)のころに
 
大流行りした出張パーツセットです。
 
 
墓地に『サウザンドブレード』が落ちていれば
 
『トリッククラウン』が墓地に行くことで
 
ランク4の素材がそろうというものです。
 
 
種族、属性はバラバラなので
 
リンクをしやすいというメリット
 
召喚権を残せるというメリットがあります。
 
 
上手く立ち回れば、
 
場にトリッククラウン(エクシーズ素材などで)を
 
残せると
 
次のターンも動きやすいですね。
 
 
同じ理由で『ガードペンギン』なども
 
おすすめできます。
 
④『マスマティ』『サモプリ』など
 
 
 
『召喚僧サモンプリースト』
 
星4/闇属性/魔法使い族/攻 800/守1600
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。
このカードを守備表示にする。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードはリリースできない。
(3):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
デッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
 
『マスマティシャン』
 
星3/地属性/魔法使い族/攻1500/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキからレベル4以下のモンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
 
どちらもデッキを触ることができるカードです。
 
『サモプリ』相性としてはかなりいい方ですね。
 
『アレイスター』と種族属性がドン被りなのを除けば
 
確実に種族属性被りを避けたモンスターを
 
展開できるので
 
その点では優秀です。
 
 
『マスマティシャン』
 
墓地から蘇生できるモンスター
 
トークン生成モンスターなどを
 
落としてあげることで
 
即座にリンクにつながります。
 
例えば、『ゼピュロス』などですね。
 
レベル1のモンスターであれば、
 
『リンクリボー』を介することで
 
素材縛りは解消できます。
 
 
 
 
トークン生成モンスターなども
 
故に有用に活用できます。
 
 

 

 
 
⑤ ブリリアントフュージョン
 
 
『ブリリアントフュージョン』
 
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に、
自分のデッキから「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてEXデッキから融合召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
(2):1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。
このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。
 
『ジェムナイトセラフィ』
 
先ほどの【クラブレ】要素を落としたり、
 
そもそも通常召喚権が増えるというのがミソ。
 
 
例えば、融合素材に光通常と『ラズリー』を落とせば
 
『ラズリー』の効果で手札に光通常が加わります。
 
『セラフィ』光属性ではなく地属性なので
 
使族を除く種族のモンスターを出せば
 
即座に『暴走アレイスター』につながります。
 
 
『ギャラクシーサーペント』であれば、
 
流行りの『ハリファイバー』にもできますね。
 
 
 
 
 
暴走アレイスターは必須?
 
 
 
 
ガッツリ複数枚入れる必要性はあまりないかと思われますね。
 
1~2枚が妥当でしょう。
 
 
除外ゾーンでは『召喚師アレイスター』ではないという点
 
注意が必要です。
 
 
召喚獣を複数展開したいというデッキ構築をする場合は
 
2枚ほど投入しておくとよいでしょう。
 
 
今回の『暴走召喚師アレイスター』も値段は安いですね。
 
現在、近くのショップで30~50円!!
 
召喚獣は出張しやすいテーマですし、
 
1枚は手元に置いておくと安心かなと思います。
 
 
では、今回はこの辺で!
 
 
ではまた!!