またまた強化!? 止まらないサイバー流を徹底解剖DA!

どうも! ゆら。です。

 
今回は新弾、CYBERNETIC HORIZONに収録された
 
サイバー流新規のお話をしていきます。
 
では、今回のお題からまいりましょう!
 
 
今回のお題!!
 
・新規サイバー流のカードに触れよう
 
・新規サイバーと相性のいいカードたち
 
・メガフリート高騰案件
 
今回は、この3つを中心に
 
お話を進めていこうかと思います。
 
 
新規サイバー流のカードに触れよう
 
card100068181_1.jpg 
 
サイバーは、ここ最近、
 
定期的に強化される恵まれているテーマです。
 
ストラクチャー発売、
 
そして『インフィニティ』登場で大いに沸きましたね。
 
今回、新たにリンクモンスターも合わせて
 
新カードが次々と登場しました。
 
ご紹介していきましょう!
 
 
モンスターカード
 
サイバー・ドラゴン・ヘルツ
 
おおきく分けて2つの効果を持ちます。
 
まず1つは、レベルを5にする効果。
 
これは、連続エクシーズ『ノヴァ』→『インフィニティ』の流れに
 
役立つものかと思われます。
 
墓地へ行くとサイバードラゴンを
 
デッキor墓地から持ってこれます。
 
墓地では、サイバードラゴン関係のモンスターは、
 
たいがいサイバードラゴンになります。
 
再利用するのは容易でしょう。
 
レベルも低く、様々な魔法サポートの恩恵を受けることが可能です。
 
 
サイバー・ドラゴン・フィーア
 
 
 
簡単にサイバードラゴンを場に2体そろえることができます。
 
『ドライ』を使用すれば、ランク4,5のエクシーズ
 
にもつながります。
 
また、ステータスアップも地味にありがたいですね。 
 
 

リンクモンスター
 
サイバー・ドラゴン・ズィーガー
 
サイバードラゴン+機械族の2体で出すことができるリンクモンスター。
 
通例通りサイドラ代理効果と
 
打点、守備補強付与効果を持っています。
 
サイドラの基礎打点はやや低めですしありがたいですね。
 
『フィーア』や『銀河戦士』『太陽風帆船』などを
 
うまく利用して、特殊召喚を狙いましょう。
 

 
 
 
魔法カード
 
サイバー・レヴシステム
 
 
今回の注目カードは、
 
間違いなくこいつです。
 
まさかのノーコスト。
 
さらには、デメリットなしのターン制限なし。
 
『サイバー・ドラゴン・コア』から
 
簡単にサーチが可能です。
 
早速、悪さをしているようで、
 
『コア』+『複製術』から
 
おなじみのトロイメア展開までつなげる方法が
 
巷を騒がせていますね。
 
蘇生札と思いきや、手札からも特殊可能ですし。
 
間違いなく必須カードです。
 
 
 
罠カード
 
サイバネティック・オーバーフロー
 
除去効果がある通常罠です。
 
『サイバー・ネットワーク』とのシナジーを感じますね。
 
主に重要なのは、2の効果で、カード効果で破壊された場合、
 
『サイバー』or『サイバネティック』魔法・罠をサーチできる。
 
自分カードで破壊してもサーチできるので、
 
例を挙げるのであれば
 
『スクラップドラゴン』や『AFベガルタ』など
 
自身のカードを破壊する効果のカードとも
 
相性は悪くないですね。
 

 
新規サイバーと相性のいいカード
 
 
①機械複製術
 
『コア』『ヘルツ』から
 
『サイバードラゴン』を増殖させることが可能です。
 
先行展開には、持っておきたいカードで、
 
【トロイメア】展開や【ノヴァインフィ】ルートなど
 
幅のきいた展開方ができるのが魅力ですね。
 
②おろかな埋葬
 
『ヘルツ』の登場で、
 
以前より採用しやすくなったカードです。
 
『コア』も墓地効果がありましたが、
 
後攻効果という感じもあり、
 
『おろかな埋葬』を採用するに
 
なかなか至らなかった背景があります。
 
 
採用する場合、
 
あわせて『超電磁タートル』の採用も
 
検討してみてはいかがでしょう?
 
 
 
 
③銀河戦士
 
簡単に出せる☆5モンスターです。
 
コストは『ヘルツ』などを送れば無駄がないですね。
 
エクシーズする際も『ドライ』『ヘルツ』をうまく利用しましょう。
 
もちろん、リンク召喚にも貢献しますよ。
 
④サモン・ソーサレス
 
説明不要のサイツヨリンクモンスター。
 
リンク先のモンスターと
 
同じ種族を特殊召喚できるという
 
何ともゆるゆるな強力すぎる効果でしょう。
 
リンク連打の際のさらなる展開のキーカードです。
 
必須とは言いませんが、
 
あるともうひと展開できる可能性が高いですよ。
 
  
 
メガフリート高騰案件!
 
 

レアコレ新規の1枚である、メガフリートが、 
 
『閃刀姫』につづいて
 
サイバー強化を受け、
 
さらなる高騰を見せています。
 
その実情に関して軽く触れましょう。
 
キメラテック・メガフリート・ドラゴン
 
相手EXゾーンモンスターを除去しつつ、
 
出すことのできる融合モンスターになります。
 
用意するのは、サイバードラゴンのみになり、
 
『フォートレス』とは、比べ物にならないくらい
 
出しやすいカードとなります。

メガフリート高騰の背景
 
メガフリート高騰の背景に最も関わるのが、
 
【閃刀姫】と【トゥーン】の2種類のテーマです。
 
 
 
 
【閃刀姫】には『エンゲージ』と呼ばれるカードがあります。

 

 
このカードのドロー条件である魔法カード3枚を落とす作業に
 
抜擢されたのが、連続サーチのできる
 
『トゥーンのもくじ』+『トゥーンサイバー』なのです。
 
 
『トゥーンサイバー』は、
 
【サイバードラゴンモンスター】に属し、
 
『メガフリート』の特殊召喚素材として使用可能でした。
 
そういった背景から
 
『メガフリート』が高騰し始めたということです。
 
それに続いて、
 
サイバー強化と来たら、
 
まぁ、お察しかと思います。
 
 
 
 
 

 
メガフリートの価格変動
 
 
 
『メガフリート』の価格表になります。
 
発売当初、新規カードの中では、最安価のカードで、
 
約1000円近くでの取引がなされていました。
 
そこから、先ほどいった、【閃刀姫】での採用で
 
値段が急激に上昇。
 
そして、『サイバー』にも採用されることになり、
 
下落することはなくなってしまいました。
 
割と汎用だったので、残念ですね。
 
再録がいつか来ることを期待しましょうかね。

 
まとめ
 
まとめますと、
 
サイバー強化は、非常に素晴らしいものでした。
 
ですが、サイバーにこそ入れたい『メガフリート』
 
登場した時には、【閃刀姫】のせいで
 
既に価格がえらいことになっちゃってました。。。
 
 
少しでいいので、価格的に落ち着いてほしいものです。
 
どうしてもという方には、
 
下に米版『メガフリート』のリンクを張っておきますので、
 
ご活用くださいませ。
 
1000円以下の価格になるので、
 
お求めやすいかと思われます。
 
 
ではでは!