サクリファイス・アニマって何枚欲しい?実用性はいかに!

どうも! ゆら。です。

 
今回は、週刊少年ジャンプ合併号にて
 
収録された
 
『サクリファイス・アニマ』
 
についてお話しします。
 

 


『サクリファイス』関連モンスターは、

近年続々と登場していますね。

使用者は、初代遊戯王の

『ペガサス・J・クロフォード』でしたね。



そんな『サクリファイス・アニマ』

 
関連するお話しをしていきましょう。

 



今回のお題!!
 
・サクリファイス・アニマとは?
 
・おすすめのカード紹介
 
・アニマの必要枚数は?
 
今回は、この3つを中心に
 
お話を進めていこうかと思います。
 
 
 
サクリファイス・アニマについて
 
まずは、新カード、『サクリファイス・アニマ』について触れていきましょう。
 
リンクモンスター
サクリファイス・アニマ
 
 
トークン以外のレベル1モンスターで出せる
 
『サクリファイス』リンクモンスターになります。
 
効果は、初代儀式サクリファイスの劣化版?の様なもので、
 
装備対象にできるのは、
 
リンク先のモンスターのみ。
 
打点は、その対象モンスターと同じになります。
 
 
 
このカードのメリット、デメリット
リンク1の『リンクリボー』との差別化は重要ですね。
 
メリット
 
魔法使い族なので、
 
専用ドローソースである
 
『ルドラの魔導書』『ワンダーワンド』などの
 
恩恵を受けることができるのは大きいでしょう。
 
また、EXゾーンの後ろに置けば、
 
自分のモンスターを吸収できるので、
 
打点の操作はしやすいかと思われます。
 
 
 
デメリット
 
リンクマーカーがこちらへ向いていない点
 
吸収対象に限りがあるという点
 
などがありますね。
 
 
基本的に、EXゾーンの真ん前に
 
モンスターを用意してくれることが少ないです。
 
ジャックナイツなど縦列意識の影響など)
 
基本的には、何らかの手段で
 
相手に送り付けるのが
 
最善の策といえるでしょう。
 
 
 
アニマと好相性のおすすめカード
『サクリファイス・アニマ』と合わせて投入したいカードを
 
いくつかご紹介させていただきます。
 
モンスターカード
①壊獣、ゴーレム系
 
相手に送り付けることができる高打点ということで
 
壊獣やラヴァ・ゴーレムなどを紹介します。
 
壊獣であれば、1体除去しつつ、打点コピーまで。
 
ラヴァ・ゴーレムの場合は、2体除去で3000打点と旨みがあります。
 
 
 
②サクリファイス関連
 
<サクリファイス>
儀式・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻   0/守   0
「イリュージョンの儀式」により降臨。
(1):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値になり、
このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに装備したそのモンスターを破壊する。
(3):このカードの効果でモンスターを装備したこのカードの戦闘で
自分が戦闘ダメージを受けた時、相手も同じ数値分の効果ダメージを受ける。
 
<サウザンドアイズ・サクリファイス>
融合・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻   0/守   0
「サクリファイス」+「千眼の邪教神」
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカード以外のフィールドのモンスターは表示形式を変更できず、攻撃できない。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(3):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値になり、
このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに装備したそのモンスターを破壊する。
 
儀式サクリフィスは儀式が必要ですが、
 
『サウザンドアイズ』は『簡易融合』で問題なし。
 
 
残念ながらフュージョンは対応外ではありますが、
 
『ミレニアムアイズ』も『簡易融合』で対応できるので、
 
合わせての採用もよさそうですね。
 
 
 
 
 
③金華猫
 
レベル1モンスターの使いまわしができるスピリット。
 
『サクリファイス』も正規召喚していれば
 
使いまわしができます。
 
アニマの素材は、レベル1モンスターですし、
 
合わせて採用しやすいカードかと思います。
 
 
 
 
 
アニマは何枚必要?
 
 
専用デッキでも2枚あればよさげ?
 
 
サクリファイス・アニマは、
 
個人的には、
 
とりあえず1枚持っていれば十分な気はします。
 
もし専用を組んだとしても、
 
『アイズサクリファイス』に含まれないという点もあり
 
多くても2枚かなと思いますね。
 
やはり『リンクリボー』の存在が大きい。。。
 
週刊少年ジャンプの付録なので、
 
在庫の心配があるので、
 
できるだけ早くご購入されることをおすすめします。
 
 
まとめ
現状を鑑みるに
 
やはり、リンクリボーは偉大だった・・・。
 

とはいえ、レベル1からの選択肢ができたのは上々! 
 
前向きにとらえましょう。
 
そんなこんなで、アニマのお話しでした!
 
ではでは!!