新規入り!サイバー流2018を徹底解説!~PSYを添えて~【デッキ紹介】

どうも! ゆら。です。

 

今回は久しぶりのデッキ紹介記事になります。
 
そのテーマは・・・
 
 
新規をもらったサイバー流になります!
 
 
 

 

~本日のお題~

新サイバーデッキレシピをご紹介!  

 

■新サイバーデッキレシピをご紹介!

 

➡サイバーデッキの採用カード

 

■モンスター(24枚)

1 PSYフレーム・ドライバー
3 サイバー・ドラゴン・ヘルツ
3 サイバー・ドラゴン・コア
3 増殖するG
1 サイバー・ドラゴン・ドライ
1 サイバー・ドラゴン・フィーア
2 銀河戦士
3 サイバー・ドラゴン
1 ジェット・シンクロン
1 幻獣機オライオン
2 灰流うらら
3 PSYフレームギア・γ

■魔法(16枚)
2 簡易融合
1 オーバーロード・フュージョン
1 おろかな埋葬
3 機械複製術
1 サイバー・リペア・プラント
1 サイバー・レヴシステム
1 ハーピィの羽根帚
3 パワー・ボンド
2 墓穴の指名者
1 リミッター解除

■エクストラデッキ(15枚)

1 キメラテック・ランページ・ドラゴン
1 重装機甲 パンツァードラゴン
1 サイバー・ツイン・ドラゴン
1 キメラテック・メガフリート・ドラゴン
1 サイバー・エンド・ドラゴン
1 テセウスの魔棲物
1 PSYフレームロード・Ω
1 サイバー・ドラゴン・ノヴァ
1 セイクリッド・プレアデス
1 サイバー・ドラゴン・インフィニティ
1 水晶機巧−ハリファイバー
1 クリフォート・ゲニウス
1 サイバー・ドラゴン・ズィーガー
1 サモン・ソーサレス
1 ヴァレルロード・ドラゴン

 
 

➡採用カードをざっくり説明!

 
サイバー関係の枚数に関しては、
現状でもやや足りない感があり、
サイバー・ドラゴン・ドライ』あたりを
増やそうかと検討中です。
 
チューナーは、無難なチョイスを。
オライオン』は過剰かもしれませんが、
スタートから『ハリファ』『ソーサレス』の
ルートが簡単にとれるのもあり採用しています。
 
手札誘発は、『PSY』『うらら』『G』を採用。
後攻展開が基本となるので、先行に止めれる。
幸い『PSY』は光属性で、
『銀河戦士』のコストにも使えます。
 
うさぎ』は明確な採用理由が見つからず
今回は見送らせてもらいました。
 
当初ファン構築にしていたのですが、
とがらせていく途中で
『レヴシステム』がピンに。
 
『リミッター解除』『パワーボンド』
殺傷力マシマシの構築にしています。
 
 

■サイバーデッキの注目カードとは?

 

➡機械複製術

 
 
後ほど解説しますが、
低ステータスの有能サイバーが2種類いますので
このカードから一気に展開していきます。
 
採用カードを練りこめば、
流行りのトロイメアで回すこともできるだとか・・・。
恐ろしい。。。
 
 
 

キメラテック・ランページ・ドラゴン

 
 
除去効果、墓地肥やし、
アタック回数増加ができる強カードです。
 
現在高騰しているようなので
お求めの方はお急ぎください。
 
 
 
 

■初心者も安心!サイバーデッキの基本

 

➡シンプルで簡単な動きをご紹介!

 
では、最後にわかりやすいコンボをご紹介します。
 
必要となるのハンドは、
『コア』+『複製術』の2枚です。
 
 
 
①『コア』通常→『レヴシステム』サーチ
②『複製術』→『サイドラ』×2特殊
③『サイドラ』+『コア』→『ズィーガー』
④『レヴシステム』で『サイドラ』蘇生
⑤『サイドラ』2体で『ノヴァ』『インフィニティ』
 
盤面:『ズィーガー』+『インフィニティ』
 
シンプルであり、
インフィニティまでつながる
先行で使用したいルートです。
 
途中ルート変更すれば、
サモンソーサレス』『ハリファイバーなどを使用する
振る展開ルートに移行することも可能です。
 
今回は、初心者のもわかりやすいコンボということで
シンプルなものを紹介させていただきました。
 
 
 

■まとめ

 
さて、そんなサイバー流ですが、
 
早速優勝している方もちらほらいらっしゃるようで、
 
今後さらに期待できますね!
 
 
 
是非、みなさんも実際に組んで遊んでみてください。
 
ではでは!!