ダメステに手札誘発を発動!?ダメステの中身と手札誘発について解説

どうも! ゆら。です。
 
今回は、意外と間違いがちなルールについて触れていきます。
 
新コーナー!
 
意外と知らないOCGルールについて
 
の第1回の記事にさせていただきます。
 

 

 
今回は、手札誘発とダメージステップについてです。
 
では、本日のお題から!
 
 
 
~本日のお題~
そもそもダメステって何?  
 
 

■そもそもダメステって何?

➡ダメージステップとは?

 
 
 

(1):自分メインフェイズに発動できる。 

フィールドの表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。

(2):自分の光属性モンスターが戦闘を行うダメージステップ開始時から

ダメージ計算前までに、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。 

そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、

戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

 
『オネスト』『オネスティネオス』『禁じられた聖杯』などの
ダメージ計算にかかわるカードを使用するときに
 
「ダメステいいですか?」
 
という言葉を言ったこと、
または聞いたことないですか?
 
特に初心者には
 
「ダメステって何だろうなぁ・・・」
 
と思いながら
 
「どうぞ」
 
と返していたこともあるかもしれませんね。
 
割と重要なタイミングの話にもかかわるので、
知っておいたほうが良いのは間違いないですね。
 
 

➡ダメージステップを細かく分けてみる

 
そもそも、ダメージステップというのは
バトルフェイズの中のモンスターのバトル時に発生するタイミングを
ひとまとめにした言い方です。
 
本当は、
 
「ダメステいいですか?」
 
という言い方も
かなりあいまいな言い方で、
実は、あまりおすすめはできない言い方です。
 
カードによって発動できる、できないタイミングがあり、
実はややこしい話になるんですよね・・・。
 
そのダメージステップについてですが、
大きく分けて5つのタイミングに分けられます。
 
①ダメージステップ開始時
 
『カタストル』や『グラットン』のリバースをさせずに
除去できる効果効果が起動するタイミング)
 
②ダメージ計算前
 
(ここが『オネスト』などが打たれるタイミング。
セットモンスターがリバースするタイミングでもあります。)
 
③ダメージ計算時
 
(攻撃力、守備力の差を判定しダメージを計算するタイミング。
【武神】の『ハバキリ』などはダメージ計算時に打てるため、
『オネスト』と差別化できて強いです。) 
 
④ダメージ計算後 
 
ゴーズ』などの効果が起動するタイミング。
他には、リバースした時の効果や戦闘を行ったときの効果
このタイミングに処理が入ります。)
 
⑤ダメージステップ終了時
 
(戦闘破壊されれば、このタイミングに墓地へ向かいます。
戦闘破壊されたときの効果はここですね。)
 
 
もし大会などに興味があるのであれば、
しっかりと頭に入れておくべきですね。
 
初心者に優しく教えてくれるプレイヤーもいますが、
高圧的な対応で、
 
「今大丈夫って言いましたよね?」
 
みたいな流れにもなりかねませんので・・・。
 
大会には勝つためにやってる方も多くいらっしゃるので
仕方ないっちゃ仕方ないんですけどね・・・。
 
 
 

■手札誘発とダメステのルールを確認!

 

➡『うらら』などをダメステに発動!?

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 

(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、

このカードを手札から捨てて発動できる。 その効果を無効にする。 

●デッキからカードを手札に加える効果 

●デッキからモンスターを特殊召喚する効果 

●デッキからカードを墓地へ送る効果

 
重要になるのは、「効果を無効にする」という一文。
 
この一文で、ダメステに効果を無効にできるかどうかが決まります。
 
効果を止めるカードではない『増殖するG』『幽鬼うさぎ』も同様に
ダメステには発動できないカードになりますね。
 
 
 
 
 
 

➡クリスタルウィングがダメステに使える理由

 
 

(1):1ターンに1度、このカード以外のモンスターの効果が発動した時に

発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 

この効果でモンスターを破壊した場合、

このカードの攻撃力はターン終了時まで、

この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。 

(2):このカードがレベル5以上の相手モンスターと

戦闘を行うダメージ計算時に発動する。 

このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、

戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

 
先ほど説明したように、『クリスタルウィング』がダメステ発動できるのは、
「その発動を無効にし」という一文があるからです。
 
同様に、『Kozmo-ダークエルファイバー』なども同じ一文が見られますね
 
 
 

➡手札誘発にも例外が!?ダメステ起動できる誘発とは?

 
 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 

(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、

このカードを手札から捨てて発動できる。 

その発動を無効にする。 

●墓地からカードを手札・デッキ・EXデッキに加える効果 

●墓地からモンスターを特殊召喚する効果 

●墓地からカードを除外する効果

 
『屋敷わらし』や『PSYフレームγ』などは、
効果の発動を無効にするという一文を含む効果となっています。
 
故に、ダメステの効果を止めることができます。
(例えば、Kozmoの戦闘破壊されたときの効果など)
 
 
 

■まとめ

 
意外と細かくわかっていないダメージステップ事情
手札誘発の発動の関連のお話しをさせていただきました。
 
手札誘発=ダメステは無理!!
 
と考えてしまう方も意外と多く、
実際にそんな話が出ていたので、
今回、記事にさせていただきました。
 
今まで知らなかった方も
その辺の事情を理解していただけたのであれば
私自身もうれしいです。
 
今後とも、ルールを守って楽しくデュエルしましょう!
 
ではでは!!