リリースして発動の罠!エフェクトヴェーラーなどで無効化できる範囲とは!?

どうも! ゆら。です。
 
今回は、
 
意外と知らないOCGルールについての第2弾!
 
最近、採用が増えてきた
 
『エフェクトヴェーラー』に関するルールについてです!
 
 
 

■エフェクトヴェーラーってどんなやつ?

➡エフェクトヴェーラーとは?

 

(1):相手メインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送り、

相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 

その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

 
相手の動きを妨害できる手札誘発の
初代ともいえるカードです。
 
スーパーレアで高騰し、
再録された遊星パックも
1ボックス2枚程度の収穫で
集めるのに苦労した思い出がありますね。。。
 
現在は、『灰流うらら』という
かなり範囲の広い妨害カードもあるため
採用されることは減っていました。
 
 
ですが、『うらら』が準制限になり
採用が検討さることも
徐々に増えてきましたね。
 
かつ、【閃刀姫】などにも
妨害として十分な活躍をしてくれます。
 
  
 
 

➡レベル1、チューナーである点も必見!

 
レベルが1ということで、
『ワン・フォー・ワン』『ワンチャン!?』など
レベル1のカードに対してのサポートが受けられます。
 
また、【青眼】では、
『青き眼の賢士』のサーチ対象でもあり、
活躍する場が約束されています。
 
さらには、チューナーであるという点ですね。
これは『うらら』『うさぎ』なども同様なのですが、
『ハリファイバー』につながるのが強みです。
 
上記の2枚と異なるのは、
『ワン・フォー・ワン』などで
召喚権を使わずに出せるという点でしょう。
 
レベル1モンスターを採用する際、
手札誘発兼、特殊召喚できる選択肢としても
割と有用かなと思われます。
 
 

■ヴェーラーの効果範囲について

 

➡効果の発動タイミングについて

 
 
再度、効果を確認しましょう!
 

(1):相手メインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送り、

相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 

その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

 
まず、重要となるのが、
メインフェイズと書かれた
発動タイミングの限定です。
 
例えばですが、相手が、
 
『終末の騎士』や『エアーマン』といった
 
メイン1やメイン2
相手がモンスターを展開するために
 
サーチや墓地肥やし、
特殊召喚を持つ効果を
フィールド上で発動しようと試みた場合
 
その効果に対し、
 
『エフェクトヴェーラー』を墓地へ送って
無効にさせるということはできます。
 
これは基本ですよね。
 
 
 
しかし、
その他のフェイズに対しては
効果に対して発動することはできません。
 
もし、メイン1に展開したモンスターが
バトルフェイズ中に
モンスター効果を発動してくるのが
事前にわかっているのであれば、
 
バトルフェイズに入る前
 
つまり、
 
メイン1終了前にモンスターに対して
 
無効にする効果を発動する
 
のが得策です。
 
別に、相手の効果の使用に対して
発動しなければいけない制約もありませんからね。
 
 
 

➡ヴェーラーの無効化できる範囲のお話

 
ここでは、分かりやすくお話しするため、
比較対象として、
 
 
『スキルドレイン』
 
の効果と見合わせながらお話ししましょう。
 
 

1000LPを払ってこのカードを発動できる。 

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、

フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。

 
例として、
リリースして効果発動できるカードである
 
『ならず者傭兵部隊』
『カードカーD』
 
などの効果と合わせてお話ししましょう。
 
 
 

①A側が『ならず者』を召喚します。

 

②相手であるB側は、発動を止めたいので、

『スキルドレイン』を打ってきました。

 

③しかし、『スキルドレイン』をはっているのに

自分のモンスターが破壊されてしまいました。

 

 
 
では、『エフェクトヴェーラー』の場合はどうでしょう
 

①A側が『ならず者』を召喚!

 

②B側が召喚した際に『エフェクトヴェーラー』  

 

③しかし、効果は無効化され不発になります。

 
 
この違いの大きな理由の1つが、
 
リリースがコストの場合、
『スキルドレイン』の効果範囲内である
 
「フィールド上のモンスター」の一文
 
引っかかっていないというのがあげられます。
 
遊戯王用語である【コスト】と【効果】の違い。
 
要するに効果を発動するための対価(コスト)として
リリースや除外することが必要なモンスター。
そのモンスター(『ならず者』など)は、
『スキルドレイン』を避けて発動ができます。
 
リリースと効果が一体化、
つまり、
 
リリースも効果になっているモンスター
 
リリースをすることも不可能です。
 
『スキルドレイン』と比べ、
『エフェクトヴェーラー』の効果範囲は広く、
 
「その相手モンスターの効果を
ターン終了時まで無効にする」
 
という一文でわかるように、
対象となったモンスター効果を
封じきってしまうカードなのです。
 
コストとして除外するカードも、
先打ちすることで、
その対象のモンスター効果を無効にしているため、
飛ぼうが何しようが、
無効になってしまっている状態で発動しても
 
そりゃ無効だから駄目だよ
 
ってことです。
 
同様に、『ブレイクスルースキル』のテキストも
確認すればわかるかと思われます。
 
 
 
 

➡エフェクトヴェーラーの注意点

 
このカードの発動条件として
 
「墓地へ送って発動」
 
となっています。
 
つまりは、
『マクロコスモス』などの
墓地のカードを除外する永続効果が
場に残されている状態では、
発動すること自体かないません。
 
このことは、頭にとどめておいていただきたいですね。
 
また、過去に使ったことがある方には、
 
エフェクトヴェーラーがいつまで持続するか?
 
という点も
再度注意していただきたいです。
 
というのも
 
『エンドフェイズ時まで』
 
の一文が
 
『ターン終了時まで』
 
に書き換えられています。
 
 
 
以前の効果のまま
頭に入れてる方も多いようので
このあたりの効果も変わっているのを
頭に入れておいていただきたいですね。
 
 
 

■まとめ

 
久しぶりに採用率が上がってきたので、
 
今回は、『エフェクトヴェーラー』についての
ややこしいと思われる効果の範囲を中心に
説明させていただきました。
 
歴戦の猛者どもには、
当たり前に映る効果なのですが、
最近使用するようになった人には
是非とも、
再度確認していただけたらと思います。
 
長くなり、失礼しました。
 
ではでは!!