レベル1には無限の可能性が! おすすめの☆1チューナーをご紹介!!

どうも! ゆら。です。
 
今回は、☆1のチューナーたちについてのお話しです。
 
 
皆さん、ご存知のように
 
『ハリファイバー』
 
 
 
彼の活躍もあり、
シンクロ、チューナーも
再び日の目を浴びるようになってきました。
 
 
 
そんな☆1チューナーのおすすめのものを
いくつかご紹介していこうと思います。

 

 

 

~本日のお題~
☆1チューナーの魅力とは?
 

■☆1チューナーの魅力とは?


➡チューナーのタイプについて

 
 
 

(1):このカードが召喚に成功した時、

自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を

対象として発動できる。 

そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 

この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 
基本的に、チューナーは、
シンクロ召喚に使用するために
チューナー以外に
モンスターを並べる必要があるため、
 
 
・墓地、デッキ、手札のモンスターを特殊召喚する効果
 
・手札、墓地から条件付きで特殊召喚できる効果
 
 
といった並べやすい性質をもつものが多いです。
 
それを踏まえたうえで
 
☆1の魅力は何なのか考えましょう。
 
 
 
 

➡サポートの多さをうまく活かそう!

 
 

(1):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。 

手札・デッキからレベル1モンスター1体を特殊召喚する。

 
☆1には、テーマサポート以外にも
『ワン・フォー・ワン』『ワンチャン!?』などの
サポートが受けやすいというメリットもあります。
 
また、リンク1モンスターの存在のおかげで、
蘇生効果を持つチューナーの場合、
リンク召喚を介すことで
即座に『ハリファイバー』からの超展開に
つなげることができるという点は
大きなメリットだと思われます。
 
 
 
 

■☆1チューナーのおすすめを教えて!

 

➡①バルブ&植物チューナー

 
 
 

このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。 

 

(1):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。 

自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、

このカードを墓地から特殊召喚する。

 
デッキトップを墓地に送るだけで
蘇生効果を使うことができるため、
展開要因として申し分ありません。
 
また、植物には『スポーア』や『コピープラント』など
強力な☆1チューナーが存在します。
 
植物のサポートには
蘇生系のカードなどもあり、
特化させるのも面白いですね。
 
 
 

➡ジェット・シンクロン

 
 

「ジェット・シンクロン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、

いずれか1つしか使用できない。 

 

(1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。 

デッキから「ジャンク」モンスター1体を手札に加える。 

 

(2):このカードが墓地に存在する場合、

手札を1枚墓地へ送って発動できる。 

このカードを墓地から特殊召喚する。 

この効果で特殊召喚したこのカードは、

フィールドから離れた場合に除外される。

 
このカードの強みは、
『バルブ』同様、蘇生効果もちである点。
 
そして、『ハリファイバー』の効果で出せば、
即座に『サモンソーサレス』につながり、
かつ、蘇生効果を使って、
『サモンソーサレス』の効果にまでつなげられます。
 
現在、価格的にも割と高めで
オライオンと合わせて
注目される機械族チューナーです。
 
 

➡ライティ・ドライバー

 
 

このカードは「シンクロン」チューナーの代わりとしてS素材にできる。 

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 

 

(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。 

自分の手札・デッキ・墓地から

「レフティ・ドライバー」1体を選んで特殊召喚する。

 
 
流行りの『ハリファイバー』出張パーツですね。
 
『レフティ』の墓地効果で、
『ライティ』を再度手札に用意できるため、
展開に無駄がありません。
 
こちらもおすすめのチューナーですね。
 
 
 
 

➡DDラミア

 
 

「DDラミア」の効果は1ターンに1度しか使用できない。 

 

(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、

手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、

「DDラミア」以外の「DD」カードまたは

「契約書」カード1枚を墓地へ送って発動できる。 

このカードを特殊召喚する。 

この効果で特殊召喚したこのカードは、

フィールドから離れた場合に除外される。

 
『地獄門の契約書』『DD魔導賢者ケプラー』などと
合わせての採用がおすすめできます。
 
こちらは、サーチカードがあるというメリットがある反面、
コストとして、契約書かDDカードを要求してきます。
 
ある程度枠が空いている場合に
おすすめできますね。
 
また、永続魔法+リンク1が並ぶ状況を作れるため、
【ジャックナイツ】の展開にも一役買ってくれそうです。
 
 
 

➡その他の☆1チューナー

 
他にも、
 
手札誘発で再度注目される『エフェクト・ヴェーラー
 
ユニオンチューナーである『トルクチューンギア』
 
厳しい条件ながら墓地蘇生がある『リバイブル』
 
相手による破壊が必要ながら2体の同名を呼べる『ナチュルチェリー』
 
装備魔法を装備させる『ヴァイロンスフィア』
 
など 様々なチューナーが存在します。
 
自分の構築に合うチューナーを探してみてください。
 
 
 
 

■まとめ

 
現在、リンク召喚の登場のおかげで
☆1で固めたデッキでも
かなりの火力で攻めることが
できるようになっています。
 
サポートも意外と多いので、
是非是非、一度手にしてみてほしいですね。
 
そんなこんなで今回はここまで!
 
最後にキモカワ☆1チューナーをはってお別れします。
 
ではでは!!