新禁止制限に触れる! 規制、緩和カードと今後の環境、価格変動はどうか!?

どうも! ゆら。です。
 
とうとう7月からの制限改訂の情報がでました。
 
昨日、ざっくりと触れさせていただきましたが、
今回は、規制カード、今後の環境予想、緩和カードの価格情報と
盛りだくさんでお送りしたいと思います。
 
 
 
 

 

~本日のお題~
7月からの制限改訂の振り返り
 

■7月からの制限改訂の振り返り


➡7月からの制限改訂をおさらい

 
前回の記事でもふれた制限改定を振り返りましょう。
 
新禁止カード】
 
キャノンソルジャー
トゥーンキャノンソルジャー
マジカルエクスプロージョン
 
【新制限カード】
 
ヘビーメタルフォーゼエレクトラム
アストログラフマジシャン
調弦の魔術師
ホーネットビット
盆回し
 
【新準制限カード】
 
エルシャドールミドラーシュ
エルシャドールネフィリム
SPYRAL GEAR ドローン
SRベイゴマックス
緊急テレポート
D-HEROディスクガイ
 
【新緩和カード】
 
影霊衣の術士シュリット
マスマティシャン
命削りの宝札
真竜の継承
WWアイスベル
 
こちらの記事でも触れていますので是非!)
 

➡新しい規制カードについて触れる

 
 
①【魔術師】
 
 
 
『エレクトラム』『アストログラフ』『調弦』制限と。
まぁ妥当な結果だと思われます。
 
しかしながら、魔術師のポテンシャルの高さは異常。
形を変えてまた暴れることは間違いないでしょう。。。
 
 
②【閃刀姫】
 
 
 
『ホーネットビット』のみの制限。
賛否両論ありますが、
これに関しては、なんとなく予想はしていました。
 
というのも、
スーパーレアである『エンゲージ』を規制しないことで
パックの売り上げを維持するというのが狙いでしょう。
 
とはいえ、『ホーネットビット』を規制したことで、
出張パーツとしての使用は、ある程度減少するのではないかと感じます。
そういう意味での効果はある程度あるでしょう。
 
とはいえ、次回の規制筆頭候補として『エンゲージ』があるのは
言うまでもないことでしょう。
 
また、発売当初に流行った1キルで使われていた
『マジカルエクスプロージョン』もようやく禁止に。
結局悪さをしていたのは、最初だけでしたが、
こういう1キルが容易にできるバーンは、
掛けておいても不思議ではありませんし、
全然ありかなと感じました。
 
ABCユニオンリンク
 
 
 
『キャノンソルジャー』関連、『盆回し』が規制。
正直、『A-アサルトコア』のループを野放しにしたのは、
疑問が残ります。
 
正直、『メガキャノンソルジャー』『アマゾネスの射手』など
似通ったバーンができるカードがあるので、
1キルを完全に防止することができたとは
言えないのは明確かなと思います。
かといって、反対かというと、この禁止には賛成です。
 
ただ個人的な意見としては、
子供のころのエースカード、
『迷宮の魔戦車』が出せないのが辛い・・・。
 
 
もう1枚の規制カードである『盆回し』が制限にされたことで、
様々なフィールドを使用するデッキがとばっちりを受けています。
アクセス方法として、規制をかけるのは最もな意見ですが、
とはいえ、ファンデッキが大きな被害を受けるのがなんとも・・・。
 
 
その他、リンクモンスターの制限、禁止にも注目されましたが、
まさかのスルー・・・。
次の改訂まで『FWD』を野放しにするのか・・・。
何らかの対策はしてほしいと願うばかりです。
 
 
 
 

➡緩和されたカードに触れる

 
①ベイゴマックス
 
 
 
まさかの緩和・・・。
 
正直このカードに関しては、
採用率が上がれば、すぐに制限に戻る気がします。
 
現リンク環境にかみ合いすぎている効果である上、
召喚権を残しての展開も可能である危険極まりないカードです。
 
『ケルビーニ』につないだり、
SRチューナーを持ってくることで『ハリファイバー』につないだりと
弱いわけがないんですよね・・・。
 
召喚権を残しての展開という意味では、
「WW-アイスベル」も同様ではあります。
召喚権を使わず『クリスタルウィング』は間違いなく強い。
が、デメリット効果もあるためリンク召喚につながることはないですし、
こちらは緩和して様子見で良さげな気はしますね。
 
②緊急テレポート
 
 
 
これもまさかの緩和でしたね。
 
正直、このカードも危うい気がするんですよね・・・。
 
現状、『幽鬼うさぎ』などは無駄なく入れることができるので、
合わせて採用することで、『ハリファイバー』を含め、
様々な展開の補助として悪さをするのは明確です。
 
また、Kozmoの強化も割とやばいようにも感じます。
あのデッキを安定させるのは危ないって・・・・。
 
そうはいっても、サイキック強化につながるという点ではうれしい緩和でもあり、
とくに【霊獣】の安定度上昇にも貢献してくれる緩和という意味では
なかなか良好だなと感じましたね。
 
嬉しい反面、まぁ悪さしそうなのが目に見えてるので、
あまり期待はせずに今期使おうと思っています。
 
③SPYRAL GERAドローン
 
 
あまり話題には上がりませんが、
やや危うい緩和に見えました。
とはいえ、新環境に食い込める可能性があるという意味で見れば、
悪くない改訂なのかなとも思えますね。
SPYRALの動向にも注目したいところ!
 
④シャドール融合関係
 
 
まさかの2枚とも準制限。
混沌としている環境がわかりますね。
 
準制限とはいえ、実質解除みたいなものです。
正直、あと1シーズン様子見かなと思っていたので、
驚きとうれしさがありますね。
 
個人的には、ミドラ型のシャドールが好きだったので、
2枚復帰したのはありがたいです。
 
その他、マスマティシャンの復帰や命削り復帰も
今の時代を物語っていますね。
 
 
 

■今後の環境はどうなるか?

 

➡更に混沌とする環境が目の前に・・・!

 
今後の環境ですが、正直読めません・・・。
 
今回規制されたデッキである3つ全て
まだまだ戦える、環境を取れるポテンシャルを持っています。
 
【閃刀姫】【魔術師】【ABCユニオンリンク】
 
この3つ以外にも
 
前環境から環境に顔を出していた
 
【オルターガイスト】【インフェルノイド】【剛鬼】
【JK召喚獣】【セフィラ】
 
そして、新規をもらい、強化された
 
【青眼】【魔界劇団】
 
今回の緩和により強化が見られる
 
【彼岸】【Kozmo】【SPYRAL】
 
その他
 
【HERO】【サブテラー】【トリックスター】
 
などなど、かなりのデッキに可能性が見られますね。
 
とはいえ、【純閃刀姫】や【ABCユニオンリンク】の強さは
群を抜いているのかなというのが、率直な意見です。
 
新環境がどうなるか。期待大ですね!
 
 

■規制、緩和カードの価格変動

 

➡①ベイゴマックス

 
 

「SRベイゴマックス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 

 

(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、

このカードは手札から特殊召喚できる。 

 

(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。 

デッキから「SRベイゴマックス」以外の

「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

 
最盛期ほどではありませんが、
1000円をすっと超えていきましたね。
まだまだ価格は高騰すると思われるので、
今のうちの購入をお勧めします。
 
 

➡緊急テレポート(SR)

 
 

(1):手札・デッキからレベル3以下の

サイキック族モンスター1体を特殊召喚する。 

この効果で特殊召喚したモンスターは、

このターンのエンドフェイズに除外される。

 
一気に急上昇を見せていますね。
現在、最低でも1200円、平均1600円と過去最高を示しています。
このカードの期待度がわかりますね。
凄まじいです。。。
 
 

③WW-グラスベル

 
 
 

「WW-グラス・ベル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 

デッキから「WW-グラス・ベル」以外の「WW」モンスター1体を手札に加える。 

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか

特殊召喚できない。

 
 
アイスベルが復帰したのもあり、
価格変動がやや上昇気味なのが見受けられます。
 
現状、ほかの緩和勢に比べて
緩やかな上昇ですね。
 
環境での採用圏内かどうかといえば、
やや微妙なので、様子見でもよさそうかなと。
とはいえ、価格帯的に決して高くはないので、
手を出してもよさそうではありますね。
 
 

■まとめ

 
今回、規制されなかった『エンゲージ』なども
価格上昇ぎみなので、
もし組みなおし、新しく組もうと考えている方は、
お早目の購入をお勧めします。
 
制限改訂に関して言いたいことは、
毎度のごとく山ほどありますが、
今回は、その思いは封印し、
7月からの環境を楽しめるだけ楽しもうと思います。
 
期待の分、不安もありますけど、
まぁ大丈夫でしょう!!
 
そんなこんなで、長くなりましたが、
今回はこの辺で!
 
ではでは!!