マクロコスモスがあると発動できない手札誘発の存在! 捨てると墓地へ送るの違いとは!?

どうも! ゆら。です。
 
今回は、意外と知らない遊戯王OCGルールについてのコーナーです。
 
以前たまたま見かけた
手札誘発が発動できるorできないのはなしの続編になります。
 
 
今回は、『マクロコスモス』『次元の裂け目』など、
墓地のカードが除外される状況下で
手札誘発が発動できるのかというお話です。
 
 

 

 
 

■マクロコスモスをおさらい


➡マクロコスモスとは?

 

(1):このカードの発動時の効果処理として、

手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。 

 

(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、

墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

 
今回の話に1つ目の特種召喚効果は関係ないのでスルーしましょう。
 
『マクロコスモス』が発動されている状態では、
墓地へ送られるカードは、除外されてしまいます。
 
『次元の裂け目』もモンスター限定ではありますが、
同様のことが起こりますね。
 
 
 
 
 

■手札誘発のテキストを再確認しましょう

 

➡灰流うららなど

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 

 

(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、

このカードを手札から捨てて発動できる。 

その効果を無効にする。 

 

●デッキからカードを手札に加える効果 

●デッキからモンスターを特殊召喚する効果 

●デッキからカードを墓地へ送る効果

 
『灰流うらら』や『屋敷わらし』などは、
【手札から捨てて】というテキストが記述されております。
 
この記述の場合、
捨てることができれば問題ないので、
『マクロコスモス』や『裂け目』などがあっても
発動することは可能です。
 
墓地へ落ちようが、除外されようが、
捨てることができるというのが重要なのです。
 

➡増殖するGなど

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、

相手ターンでも発動できる。 

 

(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。 

このターン、以下の効果を適用する。 

 

●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、

自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

 
『増殖するG』や『幽鬼うさぎ』などのテキストには
【墓地に送って発動できる】という一文があります。
 
このテキストの場合、
コストとして墓地へ送る必要があるため、
『マクロコスモス』などがある場合、
除外されてしまうルールにあるため、
墓地へ送るという行為自体ができません。
 
つまりは、
『増殖するG』などの効果を
発動すること自体ができないというわけなんです。
 
 

■まとめ

 
最近の遊戯王のテキストは、
かなりわかりやすいように記述されているのが
個人的には評価が高いです。
 
今回のお話で重要になる記述は、
コストとして「捨てる」のか「墓地へ送る」のかです。
 
現環境下では、手札誘発のほかに
『オルターガイスト・プロトコル』などのコストを必要とする罠なども
手札誘発同様、「捨てる」「墓地へ送る」などが重要になります。
 
テーマで言えば【暗黒界】【魔轟神】なども
その記述で効果の発動ができるできないが決定づけられます。
 
是非、これからのデュエルを楽しむためにも
頭に入れておいてくれると幸いです。
 
今回は、この辺で!
 
ではでは!!
 
ランキング参加中!
是非クリックをお願いします!

人気ブログランキング

 
 
ー遊戯王新商品紹介ー
 
ーその他の管理人おすすめ商品ー