【水曜定期】 Vジャンプ発売!魔界の警邏課デスポリスとは!?

どうも! ゆら。です。
 
本日、
『魔界の警邏課デスポリス』
付録としてついてくる
Vジャンプが発売されました。
 
 
そのデスポリスについて
軽く触れていこうと思います。
 
ちなみに・・・
 
デスポリスを楽天で検索をかけたら・・・
 
 
 
コスプレばっかり出るんだが・・・
 
これ如何に!!!
 
 

 

~本日のお題~
魔界の警邏課デスポリスとは?
 
 
 

■魔界の警邏課デスポリスとは?


➡魔界の警邏課デスポリスの効果について!

モンスター2体 

 

(1):カード名が異なる闇属性モンスター2体を

素材としてリンク召喚したこのカードは以下の効果を得る。 

 

●自分フィールドのモンスター1体をリリースし、

フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 

そのカードに警邏カウンターを1つ置く。 

このカード名のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。 

警邏カウンターが置かれたカードが戦闘・効果で破壊される場合、

代わりにそのカードの警邏カウンターを1つ取り除く。

 
モンスター2体で出せるものの、
闇属性同士でないと、
バニラと化すちょっとしたドジッ子属性持ち。
 
表側のカードに破壊耐性を持たせることができます。
妨害系モンスターは勿論、
フィールド、永続魔法罠などにも破壊耐性を持たせることができます。
 
ただ、モンスターのリリースが必要というのもあり、
闇属性でモンスターを並べることのできるテーマ
との相性がよさそうですね。
 
勿論、デスガイドとも相性悪くありません!
 
 
 
 
 

■魔界の警邏課デスポリスと相性のいいカードとは?

 

➡闇黒世界ーシャドウディストピア

 

(1):フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。 

 

(2):1ターンに1度、自分がカードの効果を発動するために

自分フィールドのモンスターをリリースする場合、

自分フィールドのモンスター1体の代わりに

相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。 

 

(3):自分・相手のエンドフェイズに発動する。 

このターンにこのカードが表側表示で存在する状態で

リリースされたモンスターの数まで、

ターンプレイヤーのフィールドに「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。

 
①の効果で
闇属性になるので、
 
必然的に闇属性を
素材とすることになるため、
デスポリスの効果発動が
できるようになるのが1点。
 
②の効果のおかげで、
リリースするモンスターを
相手モンスターからも選べるので
かなり相性が良いのがわかりますね。
 
正直、
この『シャドウディストピア』
合わせろといわんばかりの効果。
 
 
 
 
 
 
 

■まとめ

 
モンスター2体での
リンクモンスターも数が増え、
デッキによって
使い分けるのが良さそうですね。
 
実際、
 
今回のデスポリスは、
闇属性以外でリンクする場合であれば、
優先順位は下がりそうなのが現状です。
 
最近、
『コードトーカー』
コードトーカー系の強化のおかげで
注目されてます。
 
今後のリンクモンスター
の登場も目が離せませんね!
 
ちなみに、
 
本日発売のVジャンプ8月号は、
まだまだ購入できそうです。
 
今後、
このカウンターを使用して
悪さをするカードの登場も
あるかもしれませんし、
 
1~2冊は最低でも
購入しておきたいカードだと思います。
 
 
 
では、今回はこの辺で!
 
ではでは!!