ハリファイバーを使ってみよう!~見慣れないチューナー編~

どうも! ゆら。です。
 
今回は、
皆さんもお世話になりっぱなしであろう
「ハリファイバー」のお話です。
 
 
 
チューナーを呼び出す効果がありますが、
その効果で
ちょっと変わったものを出して
面白い展開ができないか?
というものがありまして、
いくつか候補を持ってこさせていただきました。
 
また、シンクロチューナーからの展開で出すモンスターについても
軽くだけ触れましょう!
 
では早速本題へ!
 
 
 
 

 

~本日のお題~
変わったチューナーを出してみよう!
 

■変わったチューナーを出してみよう!


➡①救世竜セイヴァードラゴン

 
 

このカードをシンクロ素材とする場合、

「セイヴァー」と名のついたモンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。

 
ややアクセス方法に難があったこのカードも
『ハリファイバー』から持ってくることができました。
 
また、相手ターン中に
『セイヴァースタードラゴン』をシンクロ召喚させ、
場に残しておけば、
相手のモンスター効果、魔法、罠に対する抑止力ともなるので
やっとこさ使い道が出てきたのかなと
感心していたとことです。
 
ファンデッカーの心をくすぶらせてくれます!
 
 
 

➡②アーケイン・ファイロ

 
 
 

このカードがシンクロモンスターのシンクロ召喚に使用され墓地へ送られた場合、

自分のデッキから「バスター・モード」1枚を手札に加える事ができる。

 
今までは
 
『天キ』→『バスタービースト』→『バスターモード』
 
が主流となっていましたが、
ハリファイバーの登場のおかげで、
チューナーを確保しつつ、『バスターモード』の準備が
できるようになりました。
 
これはかなり大きな恩恵ですね。
 
また、魔法使い族というのもあり、
『アーカナイトマジシャン/バスター』のデッキには
非常に相性が良い点もなかなかGOODです。
 
 
 

➡TGサイバーマジシャン

 
 
 

自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを

「TG」と名のついたシンクロモンスターのシンクロ素材とする場合、

手札の「TG」と名のついたモンスターを

他のチューナー以外のシンクロ素材とする事ができる。 

 

フィールド上に存在するこのカードが

破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、

自分のデッキから「TG サイバー・マジシャン」以外の

「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

 
意外と使われてないのですが、
【TG】としては、いい感じの強化と感じていました。
 
というのもハンドに『TGラッシュライノ』があれば、
即座に『ライブラリアン』『パワーグラディエイター』に
つなげることができます。
 
また、『ワンダーマジシャン』『フォーミュラシンクロン』
『ハリファイバー』の効果で相手ターンに出すことができれば
相手ターン中のシンクロ召喚効果にて
『ブレードガンナー』『ハルバートキャノン』といった
TGの主力を置くこともできます。
 
『サイバーマジシャン』と同様の手札とのシンクロ効果を持つ
『エキセントリックボーイ』『幻獣機ブルーインパルス』などにも
可能性はあるのかなと思われますね。
 
エキセントリックの効果で『スターダスト』をシンクロ召喚し、
『フォーミュラ』を相手ターン中に出すことで
『シューティングスター』というのも
アニメっぽい演出で面白いかなと思います。
 
 
 
 
 

■相手ターンに是非出してほしいモンスター

➡えん魔竜王レッドデーモン・カラミティ

 
 

チューナー2体+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体 

 

(1):このカードがS召喚に成功した時に発動できる。 

このターン相手はフィールドで発動する効果を発動できない。 

この発動に対して、相手はカードの効果を発動できない。 

 

(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。 

そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 

 

(3):このカードが相手によって破壊された場合、

自分の墓地のレベル8以下のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体を

対象として発動できる。 

そのモンスターを特殊召喚する。

 
私自身、王者DDというレッドデーモン軸のDDで
よくやっている戦法の1つなのですが、
相手ターン中にシンクロ召喚成功させることで、
フィールドでのカード効果の発動を封じます。
 
たいていのモンスター、魔法から動き出すデッキは、
ほぼ1ターン何もできず4000打点を場に残すという
苦肉の策をとらざるを得なくなります。
 
また、シンクロ召喚時の効果に対しては、
無効にできないという謎効果までついているので、
出てしまうと相当苦しくなってしまいますね。
 
展開力のあるデッキであれば、
かなり効果的なカードとなり得ると思うので、
おすすめできます。
 
是非、一度使ってみてほしい1枚です。
 
 

■まとめ

 
『ハリファイバー』から出せるチューナーは数あれど
たいていの方は、『バルブ』や『オライオン』など
さらなる超展開の布石としてを使用するのが
基本となってきている印象があります。
 
とはいえ、探してみると
様々なチューナーたちが顔をのぞかせてくれます。
 
ハリファイバーを使った展開は、
まだまだ未知数です。
 
是非、新しい戦術を開拓してみてください!
 
今回はこの辺で。
 
ではでは!!