星4天使が大幅強化!?新カード、失楽の魔女とは!?

どうも! ゆら。です。
 
今回はソウルフュージョンにて登場する
『失楽の魔女』について触れていこうと思います。
☆4天使の大きな強化となる可能性を秘めたカードです。
 
では、本日のお題から!
 
 
 

 

~本日のお題~
失楽の魔女とは?
 
 
 

■失楽の魔女とは?


➡失楽の魔女ってどんなカード?

 

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 

 

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。 

デッキから「禁じられた」速攻魔法カード1枚を手札に加える。 

 

(2):相手メインフェイズに、

このカードをリリースして発動できる。 

デッキから「失楽の魔女」以外の

天使族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。

 
禁じられたシリーズがついにテーマ振りされたということですかね。
召喚時にサーチ効果。
 
さらには、
相手ターンメインフェイズに天使☆4を特殊召喚できる
かなり強力な効果を持っています。
 
属性の縛りもありませんし、
結構幅広い天使強化になるのかなと感じます。
 
 
 
 

■失楽の魔女のサーチ先のカード群

 

➡①禁じられた聖杯

 
 
 

(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターはターン終了時まで、

攻撃力が400アップし、効果は無効化される。

 
最も使用されているであろう禁じられたシリーズのカード。
『バルバロス』『ガンナードラゴン』に打つことで
妥協召喚のデメリットを打ち消すのにもつかわれていました。
 
モンスター効果を打ち消すことができるので、
合わせて採用するカードの筆頭格かなと思われます。
 
 

➡禁じられた聖槍

 
 
 

(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 

そのモンスターはターン終了時まで、

攻撃力が800ダウンし、

このカード以外の魔法・罠カードの効果を受けない。

 
罠カードのケアとしてもよく使われていたカード。
800打点をダウンさせることもできるため、
②の効果で出した低打点モンスターの維持にも役立ちます。
 
こちらも採用しやすい禁じられたシリーズですね。
 

➡禁じられた聖衣

 
 
 

(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 

ターン終了時までそのモンスターは、

攻撃力が600ダウンし、

効果の対象にならず、効果では破壊されない。

 
こちらも600打点とある程度の打点を下げることができるため
戦闘補助として役立ちます。
ただ、対象を取られなくする効果は、
既に対象に取られると意味がないため、
先打ちする必要がある速攻魔法という
矛盾点があるのが残念なところです。
 
 

➡禁じられた聖典

 
 
 

(1):お互いのモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。 

ダメージステップ終了時まで、

このカード以外のフィールドのカードの効果は無効化され、

その戦闘のダメージ計算は元々の攻撃力・守備力で行う。

 
かなり限定的な使い方になってしまうカードですが、
このカード以外のカード効果が一時的に消えるという点は、
どこかで使えるかも・・・?
 
なんでもいいですけど、
盗みを行う時の真顔を装う顏のはずが
すっごい悪そうな顔・・・。
 
 
 
目次にもどる
 
 

■失楽の魔女で出したいモンスターとは?

 

➡天使パーミッション関係

 
 
 
『豊穣のアルテミス』

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、

自分または相手がカウンター罠カードを発動する度に、

自分はデッキから1枚ドローする。

『天空賢者ミネルヴァ』

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、

自分または相手がカウンター罠カードを発動する度に、

このカードの攻撃力は500アップし、

フィールドに「天空の聖域」が存在する場合、

さらにその発動したカウンター罠カードと

カード名が異なるカウンター罠カード1枚を

自分の墓地から選んで手札に加える。

 
カウンター罠中心の天使パーミッションの主力天使も☆4なので、
『失楽の魔女』を無理なく採用することは可能です。
 
ただ、『同胞の絆』と『失楽の魔女』の関係性は
あまりよくない点は注意が必要ですね。
 
 
 

➡幻奏デッキ

 
 
 

(1):特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、

自分フィールドの「幻奏」モンスターは効果の対象にならず、

戦闘では破壊されない。

 
『アリア』の特殊召喚が成功すれば、
対象、戦闘破壊耐性をつけることができます。
☆4を軸にする構築であれば、投入の予知がありそうです。
 
 
 
 

閃光の結界像、オーロラアンギラス

 
 
 
『閃光の結界像』
 

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いに光属性以外のモンスターを特殊召喚できない。

 
『オーロラアンギラス』

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、

お互いにモンスターを特殊召喚する事はできない。 

自分または相手フィールド上にモンスターが召喚された時、

このカードを破壊する。

 
『オーロラアンギラス』は癖が強いですが、
どちらも相手の特殊召喚を妨害できるカードなので、
相手ターンに特殊召喚する『失楽の魔女』と相性は良いですね。
 
 
 
 
堕天使ーナースレフィキュル
 
 
 

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、

相手のライフポイントが回復する効果は、

相手のライフポイントにダメージを与える効果になる。

 
まさかのシモッチバーン強化!
『失楽の魔女』で速攻魔法を加えられるため、
『積み上げる幸福』のチェーン稼ぎにも
一役買ってくれますね。
 
大分古いカードなので、
持ってる人少ないかも・・・?
 
 
 
沈黙の魔導剣士ーサイレントパラディン
 
 
 

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。 

デッキから「サイレント・ソードマン LV3」

または「サイレント・マジシャン LV4」1体を手札に加える。

 

(2):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、

自分フィールドのモンスター1体のみを

対象とする魔法カードが発動した時に発動できる。 

その発動を無効にする。 

 

(3):フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、

自分の墓地の光属性の「LV」モンスター1体を対象として発動できる。 

そのモンスターを手札に加える。

 
他の沈黙モンスターと比べると
やや癖が強いですが、対象を取る魔法を1度だけ無効にできます。
使い道の1つとしてはありかもしれませんね。
 
 
 
 

■まとめ

 
他にも【雲魔物】や【アルカナフォース】といった
GXの癖のあるでき群の強化にもなっています。
 
紹介させてもらったカード以外にも
効果で出したい☆4天使は多いです。
 
いろいろ試してみることをお勧めします。
 
登場するのは、来週発売の『SOUL FUSION』。
 
是非、手に取って当ててみてください。
 
 
 
ではでは!