サンダー・ドラゴンがやばい!? 新規テーマ化したサンダードラゴンに触れる!

どうも! ゆら。です。
 
今回は、新規テーマ化された
 
【サンダー・ドラゴン】
 
について軽く触れていこうと思います。
 
 
サンダー・ドラゴンは、
初期の方から
ハンドアドバンテージを簡単に得ることができるカードとして
注目されてきました。
 
今回は、そんなサンダー・ドラゴンがテーマ化するということで、
期待してる人が多いのではないでしょうか?
 
では、早速お題から!
 
 

 

~本日のお題~
そもそもサンダードラゴンとは?
 
 
 

■そもそもサンダードラゴンとは?


➡サンダードラゴンってどんなカード?

 
 
 

(1):このカードを手札から捨てて発動できる。 

デッキから「サンダー・ドラゴン」を2体まで手札に加える。

 
分かりやすいハンドアドバンテージが増えるカードです。
最近はあまり使われていないですが、
元々ハンドを1枚コストに発動する除去、カウンター罠なども多く、
コストとしても使いやすいこのカードは重宝されていました。
 
場に出して戦わせるのは、
融合した時ぐらいでしたね。
 
 
 
 

➡どのような強化がなされた?

 
『サンダー・ドラゴン』が持っている
手札から捨てるという行為をトリガーとして発動できる効果が
基本的に付けられています。
 
さらに、除外された際にも別の効果発動ができ、
無駄がありませんね。
 
若干ネーミングセンスには難ありかなと思いますが・・・。
 
『鳥」『獣』なのにドラゴン・・・???
 
 
 
 

■新規サンダードラゴンの紹介!

 

➡サンダー・ドラゴン(モンスター編)

 
 
 
<雷源龍ーサンダー・ドラゴン>

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、

いずれか1つしか使用できない。 

 

(1):このカードを手札から捨て、

自分フィールドの雷族モンスター1体を対象として発動できる。 

そのモンスターの攻撃力は500アップする。 

この効果は相手ターンでも発動できる。

 

(2):このカードが除外された場合

またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 

デッキから「雷源龍-サンダー・ドラゴン」1体を手札に加える。

 
注目すべきは雷モンスターであって、
『サンダー・ドラゴン』のパンプではない所。
 
微量ではあるものの、
打点の低い【エレキ】などにも
一役買ってくれるかもしれませんね。
 
<雷電龍ーサンダー・ドラゴン>

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、

いずれか1つしか使用できない。 

 

(1):このカードを手札から捨てて発動できる。 

デッキから「雷電龍-サンダー・ドラゴン」1体を手札に加える。 

この効果は相手ターンでも発動できる。 

 

(2):このカードが除外された場合

またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 

デッキから「雷電龍-サンダー・ドラゴン」以外の

「サンダー・ドラゴン」カード1枚を手札に加える。

 
①、②の効果共にサーチになります
②の効果は、【サンダー・ドラゴン】カードになるため、
魔法罠も持ってこれるのは強力ですね。
 
<雷獣龍ーサンダー・ドラゴン>

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、

いずれか1つしか使用できない。 

 

(1):このカードを手札から捨てて発動できる。 

自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、

「雷獣龍-サンダー・ドラゴン」以外の

「サンダー・ドラゴン」カード1枚を選んで手札に加える。 

 

(2):このカードが除外された場合

またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 

デッキから「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を

守備表示で特殊召喚する。 

この効果で特殊召喚したモンスターは

エンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

 
①は除外ゾーンからの回収、
②はデッキからのサンダー・ドラゴン特殊召喚。
 
こちらも①、②ともに無駄がありません。
また、②の効果で出したものは、エンドフェイズに戻るため、
手札効果を発動するために呼び出す戦術もとれるので
状況に応じた使い方が期待されるカードですね。
 
 
<雷鳥龍ーサンダードラゴン>

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、

いずれか1つしか使用できない。 

 

(1):このカードを手札から捨てて発動できる。 

自分の墓地のモンスター及び除外されている

自分のモンスターの中から、「雷鳥龍-サンダー・ドラゴン」以外の

「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 

 

(2):このカードが除外された場合

またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 

自分の手札を任意の数だけデッキに戻してシャッフルする。 

その後、自分はデッキに戻した数だけデッキからドローする。

 
①は墓地、除外ゾーンからの蘇生、帰還効果。
②はいわゆるマリガンですね。
 
手札を自身の効果で捨てることができるテーマなので、
【魔弾】の『カラミティ』などと比較すると
初ターンでも発動できずに腐るということは
あまりないのかなといった感じです。
 
②の効果は『黄金櫃』などで除外するのが良いでしょうか。
正直、そこまで重要ではない効果かと思います。
 
<雷劫龍ーサンダー・ドラゴン>
 

このカードは通常召喚できない。 

自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを

1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。 

 

(1):1ターンに1度、

モンスターの効果が手札で発動した場合に発動する。 

このカードの攻撃力はターン終了時まで300アップする。 

 

(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、

自分の墓地からカード1枚を除外して発動できる。 

デッキから雷族モンスター1体を手札に加える。 

 

(3):相手エンドフェイズに、

除外されている自分のカード1枚を対象として発動できる。 

そのカードをデッキの一番上または一番下に戻す。


他のサンダードラゴンとは異なる効果を持ちます。
カオス系(開闢、ソーサラーなど)のような特殊召喚条件での
特殊召喚ができるため、
中盤以降活躍できそうなカードです。
 
とはいえ、効果が若干微妙な面があります。
純構築では採用の予知はあるかもしれませんね。
 
 
<超雷龍ーサンダー・ドラゴン>

「サンダー・ドラゴン」+雷族モンスター 

 

このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。 

 

●雷族モンスターの効果が手札で発動したターン、

融合モンスター以外の自分フィールドの雷族の効果モンスター1体を

リリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる

(「融合」は必要としない)。 

 

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、

相手はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができない。 

 

(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、

代わりに自分の墓地の雷族モンスター1体を除外できる。

 
相手だけサーチできなくする疑似『ライオウ』です。
融合がいらないので、かなり出しやすい部類だと思われます。
打点もあって、かなり強力なモンスターです。
破壊耐性に制限がないのも気持ち悪いレベルで強い。
 
<雷神龍ーサンダードラゴン>

「サンダー・ドラゴン」モンスター×3 

 

このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。 

 

●手札の雷族モンスター1体と、

「雷神龍-サンダー・ドラゴン」以外の自分フィールドの

雷族の融合モンスター1体を除外した場合に

EXデッキから特殊召喚できる

(「融合」は必要としない)。 

 

(1):雷族モンスターの効果が手札で発動した時に発動できる

(ダメージステップでも発動可能)。 

フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

(2):このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード2枚を除外できる。

 
『雷神の怒り』が採用されているのも
このカードの存在故にですね。
まさかの雷融合モンスターがここにきて光る!
 
効果も強力!
ダメステでも発動できる謎の除去効果。
こちらは戦闘破壊耐性はありませんが、
カードを2枚除外すれば、効果破壊から免れることができます。
 
『サンダー・ドラゴン』以外にも
除外することでアドを得ることができるカードは多いですし、
こちらを主軸にすることで、採用検討できるかもしれませんね。
 
 
 
 

➡サンダー・ドラゴン(魔法・罠編)

 
 
<雷龍融合>

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 

 

(1):自分のフィールド・墓地のモンスター及び

除外されている自分のモンスターの中から、

雷族の融合モンスターカードによって決められた

融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、

その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 

 

(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。 

デッキから雷族モンスター1体を手札に加える。 

この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 
手札以外に素材があれば、
打てる融合魔法カード。
 
って強すぎじゃないですかねぇ・・・(^^;)
 
妨害後の切り返しにはもってこいの融合です。
 
名称は『サンダー・ドラゴン』とルビが降られているので、
サンダー・ドラゴンカードとして扱われ、
『雷電龍』からのサーチができます。
 
とはいえ、『ミラクルフュージョン』のような
除外しての融合じゃないだけ万倍マシでしょう。
 
また、墓地効果も強く、雷サーチが入ります。
『おろかな副葬』だと1ターン遅れますが、
『ベアトリーチェ』などで相手ターンに落とすのも
悪くないかなと思います。
 
<百雷のサンダー・ドラゴン>

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。  

 

(1):自分の墓地の雷族モンスター1体を対象として発動できる。 

そのモンスターを特殊召喚する。 

その後、その同名モンスターを自分の墓地から可能な限り特殊召喚できる。 

この効果で特殊召喚したモンスターは、

フィールドから離れた場合に除外される。 

この効果で特殊召喚したモンスターがモンスターゾーンに存在する限り、

自分は雷族モンスターしか特殊召喚できない。

 
状況次第では、墓地から3体まで一気に
同名を蘇生できるカードです。
 
また、特殊召喚モンスターが場から離れると
除外されるので、
除外効果をうまく利用することができます。
 
特殊召喚モンスターが雷に制限されるため、
【召喚獣】との組み合わせには使いづらいカードですね。
こちらも純、雷モンスターを混ぜたタイプでの活用になるでしょう。
 
<雷龍放電>

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、

自分の雷族モンスターの効果の発動は無効化されない。 

 

(2):1ターンに1度、

自分フィールドに「サンダー・ドラゴン」モンスターが

召喚・特殊召喚された場合、

フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 

デッキから雷族モンスター1体を除外し、対象のカードを破壊する。

 
なかなかに強力な永続罠です。
①は雷族の効果の発動が無効化されなくなります。
妨害カードが大きく制限されることになりますね。
 
②の効果は除去は勿論、
デッキから雷を除外できるというのがなかなか。
 
こちらもサンダー・ドラゴンカードなので、
サーチ範囲内というのも強いです。
 
 
 
 

■まとめ

 
正直、
 
手札効果よし、
 
除外されても効果は強い。
 
サポート魔法罠も普通に強い。
 
弱いわけないじゃないですか!!
 
 
 
 
今回の制限改定で、
征竜復活のデマがありましたが、
 
正直、
 
征竜並み、
 
いや、専用である点を除けば
 
征竜と同等以上のポテンシャルを秘めているのでは!!
 
感じてしまいました。
 
 
 
流石に言いすぎか!!

 
まぁ、あくまでもポテンシャルのお話です。
 
とはいえ、間違いなく、環境に顔を出し始めることは明らかでしょう。
 
 
ともあれ、
 
発売日は1週間を切っています。
 
まだ、新弾『ソウルフュージョン』を予約されていない方は、
下記のリンクからどうぞ!
 
後日、相性のいいカードの紹介をさせて頂きます。
 
 
今回はこの辺で!
 
ではでは!!