新テーマ、ダイナレスラーってどんなテーマ?詳しく解説!

どうも! ゆら。です。
 
今回のテーマは、
 
アニメ【遊戯王LINKVRAINS】に
 
剛鬼を捨てた GO鬼塚の新テーマである
 
 
 
【ダイナレスラー】
 
について軽く触れていきましょう。
 

 

~本日のお題~
ダイナレスラーってどんなテーマ?
 
 
 

■ダイナレスラーってどんなテーマ?


➡ダイナレスラーとは?

 
先ほど触れたように
 
鬼塚の使用する新テーマです。
 
 
名前にはレスラーとついています。
 
ダイナレスラー・・・
 
戦士?恐竜の戦士で獣戦士?
 
 
ただの恐竜じゃねーかよ!!! やれやれだぜ!!
 
 
 
 
ということで、ただの恐竜テーマです。
 
 
全てがそうではありませんが、
 
相手の場のモンスターの数より少ない状況下
 
という制約がついた
 
ダイナレスラーモンスターがいくつか存在します。
 
追加新規が来るとすれば、
 
この一文が重要になるかもしれませんね。
 
 
 
 
 

■新規ダイナレスラーのカードに触れる

 

➡ダイナレスラー・カパプテラ

 
 
 

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 

 

(1):相手フィールドのモンスターの数が

自分フィールドのモンスターより多い場合、

相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 

そのモンスターを墓地へ送る。 

 

(2):このカードが「ダイナレスラー」リンクモンスターの

リンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。 

そのリンクモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。

 
①は墓地へ送る除去。破壊を介さないのが強力です。
②は、リンクモンスターの打点補助。
エクシーズモンスターに打点付与するエクストラソードみたく
永続ではないのは注意です。
 
ちなみにカパプというのは
イスラエルの戦闘術の1つの名称です。
 
 
 

➡ダイナレスラー・カポエラプトル

 
 
 

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 

 

(1):攻撃表示のこのカードは戦闘では破壊されず、

相手モンスターに攻撃されたダメージステップ終了時に

このカードを守備表示にする。 

 

(2):このカードがモンスターゾーンに守備表示で存在する場合、

自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。 

デッキから「ダイナレスラー・カポエラプトル」1体を特殊召喚する。

 
①に攻撃表示限定の戦闘破壊体制、
②に同名を呼ぶ効果を持ちます。
 
相手ターンに入った時点で、
2体は最低並ぶことになりますね。
 
 
 

➡ダイナレスラー・システゴ

 
 
 

このカード名の(1)(2)の効果は

それぞれ1ターンに1度しか使用できない。 

 

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 

デッキから「ダイナレスラー」モンスター1体

または「ワールド・ダイナ・レスリング」1枚を手札に加える。 

 

(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、

相手フィールドのモンスターの数が

自分フィールドのモンスターより多い場合、

「ダイナレスラー・システゴ」以外の

自分の墓地の「ダイナレスラー」モンスター1体を

対象として発動できる。 

そのモンスターを特殊召喚する。

 
①は特殊召喚時のサーチ、
②は相手の場の数に依存する
エンドフェイズのダイナレスラー蘇生。
 
かなり癖の強いカードになります。
①は『ワールド・ダイナ・レスリング』の効果で
特殊召喚は可能です。
 
専用の特殊召喚サポートも少ないので、
今後のカード次第でエンジンになり得るかもしれません。
 
ちなみに、システゴは、
ロシアの格闘技の『システマ』から来ています。
 
合気道的な武術的な部門はもちろん、
このシステマは、ナイフや槍、銃などの武器の攻防戦術においても
盛り込まれているもののようで、
本格的な軍隊から来たもののようです。
 
 

➡ダイナレスラー・パンクラトプス

 
 
 

このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は

1ターンに1度しかできず、

(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 

 

(1):相手フィールドのモンスターの数が

自分フィールドのモンスターより多い場合、

このカードは手札から特殊召喚できる。 

 

(2):自分フィールドの「ダイナレスラー」モンスター1体をリリースし、

相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 

そのカードを破壊する。 

この効果は相手ターンでも発動できる。

 
このパックの注目カードの1枚。
①の特殊召喚のしやすさ、
②のフリーチェーンで打てる強力除去。
自身もリリースできるため、
『スキルドレイン』も割れるのが強み。
 
打点も26打点と高く
汎用性の高さで注目を浴びています。
 
ちなみにパンクラトプスの元ネタは、
古代ギリシャの格闘技、『パンクラチオン』
 
 
Fate apocryphaに登場する『ケイローン』が、
『モードレッド』と対するときに
『パンクラチオン』という発言がありましたが、
彼もこの格闘技を使用していたということです。
 
 
また、全日本、レッスルー1で活躍した船木誠勝、
現在、新日本プロレスで鈴木軍を率いる鈴木みのる
所属した日本の総合格闘技団体パンクラスの名称の元でもあります
 
 
 
 

➡ダイナレスラー・キング・Tレッスル

 
 
 
 

「ダイナレスラー」モンスター2体以上 

 

(1):このカードが戦闘を行う場合、

相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。 

 

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、

相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。 

 

(3):相手バトルフェイズ開始時に、

相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。 

このバトルフェイズ中、相手はそのモンスターで攻撃宣言しなければ、

他のモンスターで攻撃宣言できない。 

攻撃宣言しなかった場合、

対象のモンスターはそのバトルフェイズ終了時に破壊される。

 
戦闘時に魔法、罠をうたせず、
相手にキングTレッスルへの攻撃の強要、
さらには、相手の攻撃モンスターの制限を掛ける
面倒なモンスターになります。
 
ただ、強要されたモンスターで自爆すれば
他のモンスターでも攻撃できるようになりますし、
割と付け入るスキは多そうなモンスターかなと思われます。
 
ダイナレスラーモンスター2体以上ということは、
リンク2のダイナレスラーも参戦するのでしょうか?
 
期待しておきましょう!
 

➡ワールド・ダイナ・レスリング

 
 
 

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 

 

(1):自分フィールドに「ダイナレスラー」モンスターが存在する場合、

お互いのプレイヤーはバトルフェイズにモンスター1体でしか攻撃できない。 

 

(2):自分の「ダイナレスラー」モンスターの攻撃力は、

相手モンスターに攻撃するダメージ計算時のみ200アップする。 

 

(3):相手フィールドのモンスターの数が

自分フィールドのモンスターより多い場合、

墓地のこのカードを除外して発動できる。 

デッキから「ダイナレスラー」モンスター1体を特殊召喚する。

 
『カイザーコロシアム』とは違い、
出せるモンスターを制限するのではなく、
アタッカーの数を制限するフィールドになります。
 
微量のパンプ効果と
相手の場のよりモンスターが少なければ、
墓地から除外してリクルートできます。
 
リクル効果は強いですね。
 
とはいえ、何とも評価のしづらいカード。
 
剛鬼の『マスターオーガ』のような
全体に攻撃できるのが出れば
相性は悪くないかなと思いますが
うーん・・・・。微妙。
 
 
 

■ダイナレスラーと相性の良いカードは?

 

➡魂喰いオヴィラプターなど

 
 
 

「魂喰いオヴィラプター」の(1)(2)の効果は

それぞれ1ターンに1度しか使用できない。 

 

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 

デッキから恐竜族モンスター1体を選び、

手札に加えるか墓地へ送る。 

 

(2):このカード以外のフィールドのレベル4以下の

恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。 

そのモンスターを破壊する。 

その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を

選んで守備表示で特殊召喚する。

 
結局の話、
恐竜ストラクやその強化カードたちで
強化が行えるので、
まだまだ、恐竜デッキから抜け出せないというのが現状です。
 
『オヴィラプター』『ベビケラ』『プチラ』『ミセラサウルス』
『ロストワールド』などですね。
 
 
 
 
 

■まとめ

 
現状、ダイナレスラーは、
デッキとしては
まだまだまとまっていないような感じですね。
 
『パンクラトプス』は、
様々なデッキに出張しそうだなと
個人的にもかなり注目度の高いカードです。
 
アニメの鬼塚がどれだけダイナレスラーを使う予定なのか、
剛鬼は捨ててしまったのか、
まさかの融合体の登場があるのか!?
 
 
 
 
いや・・・ないな・・・。
 
今後の展開を期待しましょう!!
 
 
そんなこんなで、今回はこの辺で!
 
ではでは!!