おろかな重葬の正しい使い方! あんなカードとのシナジーが!?

どうも! ゆら。です。
 
今回は、新弾で登場した
 
「おろかな重葬」についてのお話になります。
 
 
 
現状、注目度はそこまで高くはありませんが、
 
今後、活躍の場が出て来そうな1枚だと思うので、
ピックアップさせていただきました。
 
では早速本題へ!
 
 
 

 

~本日のお題~
おろかな重葬とは?
 
 
 

■おろかな重葬とは?


➡おろかな重葬ってどんなカード?

 
 
 
 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、

このカードを発動するターン、

自分は魔法・罠カードをセットできない。 

 

(1):LPを半分払って発動できる。 

自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。

 
EXモンスターを大幅なライフコストを払うことで
落とすことのできるカードです。
 
デメリット効果も多いため、
デッキに合うあわないなど考えたうえでの
採用になりそうですね。
 
 

➡あの懐かしカードと類似する効果!

 
 
 
 

(1):3000LPを払って発動できる。 

EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。

 
以前、「あの高騰カードは今・・・」のコーナー
紹介させていただいた『ゲール・ドグラ』
効果がかなり類似するカードとなっています。
 
 
 
『ゲール・ドグラ』との違いは、
モンスターと魔法という他に、
ライフコストが3000固定のドグラに対し、
ライフが減っても使用できる『重葬』という見方ができます。
 
『ゲール・ドグラ』のメリットは、
 
初ターンから、連続2回まで
EXデッキからモンスターを落とすことができる強みがあり、
 
先行を取ることができれば、
『神光』などのデッキで強力な盤面を作ることができました。
 
(ライフがある限り、発動は可能です。)
 
対する『重葬』ですが、
 
こちらはバックを固くすることができないデメリット、
1ターンに1枚という発動枚数の制限があります。
 
個人的には、
 
・『ジールギガス』などのパワー系
・1キル系儀式デッキ
 
あるいは
 
攻撃的な融合デッキ
 
などに入れやすいカードかなと
個人的には考えます。
 
詳しくは、
主な使い方編でお話します。
 
 
 
 

■主な使い方の一例をご紹介!

 

➡①虹光の宣告者

 
 
 
 

(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 

デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。

 
墓地へ送られると
儀式のモンスターor魔法をサーチすることができます。
 
現在は、『魔神儀』の登場もあって、
どちらか1枚手札に持ってこれれば、
素材の用意+足りない分の補充ができるため、
『マンジュ』や『センジュ』などに合わせて、
『重葬』を採用するだけでも
安定性が向上するのではないでしょうか。
 
 
 

➡②旧神ヌトス

 
 
 
 

 (2):このカードが墓地へ送られた場合、

フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 

そのカードを破壊する。

 
後攻の場合、
このカードを落とすことで、
バックの除去、制圧系の対応を
済ませながら動くことが可能になります。
 
とはいえ、
最近は破壊耐性や
対象にとれないモンスターも増えているので
過信できない点もあります。
 
 
 
 
 
 

➡③捕食植物キメラフレシア

 
 

(3):このカードが墓地へ送られた場合、

次のスタンバイフェイズに発動できる。 

デッキから「融合」魔法カード

または「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

 
若干タイムラグがあるものの、
融合orフュージョン魔法カードを加えることができます。
 
『ミラクルフュージョン』『オーバーロードフュージョン』をはじめ、
攻撃的な融合関係のカードは数多いです。
次のターンの準備、決めに行くカウントダウンとして
このカードを墓地に落とすのも
また一興なのではないでしょうか。
 
 
 
 

➡PSYフレームロードΩ

 
 
 
 

(3):このカードが墓地に存在する場合、

このカード以外の自分または相手の墓地のカード1枚を

対象として発動できる。 

そのカードと墓地のこのカードをデッキに戻す。

 
墓地効果持ちのカードの除去を行ってくれます。
ライフを大幅に削るため、
『超電磁タートル』などの時間稼ぎは割と敵です。
フリーチェーン系の妨害も面倒なタイミングで打たれる前に
打たせるor戻しておけます。
 
最近は墓地効果が当たり前なので、
入れておきたいカードの1枚と言えるでしょう。
 

 

 

 

■まとめ

 
新規にて、『魔神儀』の新規も登場!
 
また、【ヒドゥン・サモナーズ】でも
【ネフティス】が新規を引っ提げ登場!
 
儀式に今、風が舞い込んでいます。
 
今回紹介した『おろかな重葬』は、
儀式のみならず、
いろんな用途を生み出す可能性を秘めている
そんなカードだと思います。
 
今後注目の1枚ですね!
 
では、今回はこの辺で!
 
ではでは!!