【水曜定期】雷強化に便乗! サンダーデッキで遊んでみよう!【デッキ紹介】

 

どうも! ゆら。です。
 
今回は、こちら!
 

f:id:riockdododoto:20180730145139j:plain


 

 
 
現在の雷族ブーム到来に便乗して、
 
雷同胞型の【サンダー】デッキの紹介
させて頂こうと思います。
 
そうなんです!
 
【サンダードラゴン】ではないです!
 
【サンダー】デッキなんです!
 
 
 
現在はあまり使われない
 
エクシーズ主体のデッキです。
 
では、ご紹介させていただきましょう!!
 

 

~本日のお題~
雷同胞型サンダーデッキご紹介!
 
 
 

■雷同胞型サンダーデッキご紹介!


➡デッキレシピご紹介!

 
■モンスター(20枚) 

3 増殖するG
3 OKaサンダー
3 OToサンダー
2 ONiサンダー
2 サンダー・シーホース
1 避雷神
3 ライオウ
1 放電ムスタンガン
2 灰流うらら

 

 ■魔法(5枚) 

2 強欲で貪欲な壺
3 同胞の絆

 

■罠(15枚) 
3 神風のバリア -エア・フォース-
3 御前試合
2 マクロコスモス
3 魔封じの芳香
2 神の宣告
2 神の通告
 

➡採用カードをシンプルに解説

 
①サンダー一家
 
姉は家出(不採用)。
エクシーズを考慮し、3:3:2の割合に。
ただ、Oto、Okaは同名を召喚できない
デメリットが目立つこともあり、
1枚ずつ減らしてもよさそう。
 
②サンダーシーホース
 
手札効果を発動すると
特殊召喚できないデメリットのせいで、
新規サンダードラゴンが出せないドジッ子。
 
3枚にして同名サーチもできるので
3枚でもいいのですが、
エクシーズ、同胞共に特殊召喚に当たるため、
多少使いづらさが目立ちます。
 
『ライオウ』など素出しして、
バックを固めるターンなどに
先打ちして、
次のターンの準備が基本です。
 
③同胞の絆
 
このデッキのキーカード。
基本は『ライオウ』『避雷神』『ムスタンガン』の布陣を目指す。
特に『ムスタンガン』は出ればいい仕事します。
そんなカードに限って手札に来ますけど・・・。
 
④御前試合
 
誘発を除き、メインモンスターは
全て種族、属性が統一されているため、
『御前試合』『群雄割拠』などが採用しやすいです。
現状、『御前試合』に引っかかりやすいデッキが多いのもあり、
フル投入させていただいています。
 
⑤希望皇ホープ系列
 
打点不足の補助、『御前試合』の兼ね合いもあり、
2セット採用しております。
現在では『さくら』で飛ばされることもありませんし、
厄介なモンスターの除去にも一役買ってくれるでしょう。
 
 
 
 
 

■基本戦術の紹介!!

 

➡同胞の絆で盤面を固める

 

このカードは通常召喚できず、

自分が特殊召喚を行っていない自分メインフェイズ1に、

カードの効果でのみ特殊召喚できる。 

 

(1):このカードは1ターンに2度まで戦闘では破壊されない。 

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、

ターンプレイヤーはそのターン攻撃した回数と

同じ回数までしかモンスターを特殊召喚できない。

 
先ほども話したように、
『ライオウ』『避雷神』『ムスタンガン』の盤面ですね。
 
・サーチ封殺
・M1魔法使用禁止
・攻撃した回数のみ特殊召喚可能という制約
・フリーチェーンの特殊召喚への除去
 
大きく言うとこの4つが適応される盤面になります。
『ムスタンガン』は戦闘破壊耐性もあるため
場持ちも悪くないですね。
 
 
 

➡汎用エクシーズでの攻守

 
 
 
 

(1):1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除き、

相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 

そのモンスターの攻撃力を0にし、

その効果を無効にする。 

 

(2):フィールドのこのカードが相手によって

破壊され墓地へ送られた場合に発動する。 

自分はデッキから1枚ドローする。

 
☆4のエクシーズには、
『竜巻竜』『バグースカ』『ラグナ・ゼロ』など
相手ターンの展開に干渉することのできるエクシーズも
数多く存在します。
 
初ターンは、
エクシーズ環境のころのように、
サンダーモンスターを使用して
エクシーズモンスターで制圧するのも戦術の1つですね。
 
また、攻撃の手段としては、
『ライトニング』をはじめ、
『エクスカリバー』『パラディオス』など
戦闘面で強力な効果を持つカードも多いのも
☆4、光属性の強みでもあります。
 
また、3体エクシーズにも
光属性の優秀なエクシーズは
おおく存在するため、
採用候補揚げるのも良いでしょう。
 
 
 
 
 

➡サンダードラゴン出張もあり!?

 
 
 
 

このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。 

 

●雷族モンスターの効果が手札で発動したターン、

融合モンスター以外の自分フィールドの雷族の効果モンスター1体を

リリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる

(「融合」は必要としない)。 

 

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、

相手はドロー以外の方法でデッキからカードを

手札に加える事ができない。 

 

(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、

代わりに自分の墓地の雷族モンスター1体を除外できる。

 
最低限のサンダードラゴン関連を入れるだけで、
26打点の超雷龍を使用できるため、
ある程度の火力不足を補えます。
 
合わせて『雷源龍』のパンプも取り入れることで
下級の火力不足向上も狙うことができます。
 
 
「それってサンダードラゴンで組めばよくね?」
 
ってのは、なしの方向で・・・。
 
 
 

■まとめ

 
今回紹介させていただいた
 
雷同胞型サンダーデッキですが、
 
使ってみると改めて
『ライトニング』って強いなぁと感じます。
 
現状、リンク主体になり、
エクシーズが採用されているデッキも一気に減少
 
あったとして、展開要員の一部(『インヴォーカー』など)だったり、
テーマデッキのフィニッシャーなどになるでしょう。
 
環境に戦いなれた人にこそ、
エクシーズ召喚を再度使って楽しんでいただきたい。
 
そんな意味も込めての
サンダーデッキの紹介でした。
 
是非、使ってみてくださいませ。
 
 
では、本日はこの辺で
 
ではでは!!