ヒドゥンサモナーズの新テーマ、魔妖について触れよう!

どうも! ゆら。です。
 
はてなさん移転後初の記事になります。
 
何卒、よろしくお願い致します。
 
 
 
 
今回は、ヒドゥン・サモナーズで登場する
 
新しいアンデットテーマである
 
【魔妖】について軽く触れようと思います。
 
 
 
 
では目次へ!
 
 
 
 
 

■新規テーマ、魔妖について


➡魔妖ってどんなテーマ?

 
 
 新テーマ【魔妖】は
 
シンクロを中心としたアンデットテーマです。
 
基本的に動きとしては、
 
連続したシンクロ召喚ができる
 
なかなかに尖ったテーマだなと感じました。
 
 
ただ、
 
後に説明をしますが、
 
『魔妖』以外のEXモンスターが出せなくなる
 
同名が1枚存在できないなど
 
 
デメリットがあったりするため
 
そのあたりに注意して動きたいですね。
 
 
  
 
 

■魔妖関連カードに触れよう!

 

➡魔妖効果モンスターについて触れる!

翼の魔妖-波旬

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 (1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。

デッキから「翼の魔妖-波旬」以外の「魔妖」モンスター1体を特殊召喚する。

 (2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

この『波旬』から発信できれば、

『妲姫』を持ってくることで

一気に連続シンクロが可能です。

 

起点となるため、

基本は3枚投入となるカードでしょう。

 

 

轍の魔妖-俥夫

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 (1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「轍の魔妖-俥夫」以外の自分の墓地の「魔妖」モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 (2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

『俥夫』は、

墓地の魔妖の蘇生カードですね。

 

アンデッド故、

墓地へ落とす効果も多いため、

投入の予知はあるでしょう。

 

効果は無効になるので、ご注意を。

 

骸の魔妖-夜叉

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 (1):手札からこのカード以外の「魔妖」モンスター1体を捨てて発動できる。

このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

『夜叉』は、

ハンドコストを1枚きることで、

自身の効果で特殊召喚ができます。

 

 

打点も2000あるので

アタッカーとしても機能します。

 

ハンドに魔妖モンスターがいないといけないので、

純寄りの構築の方が使いやすそうです。

 

 

 

麗の魔妖-妲姫

(1):「麗の魔妖-妲姫」は自分フィールドに

1体しか表側表示で存在できない。

 (2):このカードが墓地に存在し、「魔妖」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された時に発動できる。

このカードを特殊召喚する。

この効果を発動するターン、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 
『妲己』 は必須となる
魔妖の★2チューナーです。
 
自己蘇生効果があり、
『波旬』の効果で呼び出すことで、
連続シンクロで一気に
☆11モンスターまで駆け上がることができます。
 
まさかのターン制限なし!
 
とはいえ、
 
効果を発動したターンには、
『ハリファイバー』などの汎用にはなれないので、
ある程度調整はされていると考えてよいかと。
 
まぁ、強いのは言うまでもないでしょう。
 

 

毒の魔妖-束脛

(1):「毒の魔妖-束脛」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

 (2):このカードが墓地に存在し、「毒の魔妖-束脛」以外の自分の「魔妖」モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。

このカードを特殊召喚する。

この効果を発動するターン、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 
こちらも☆2のチューナーです。
破壊効果後の壁のような役割にはなりそうです。
 
ただ自身のターンで展開できるカードではないので、
やや展開のしづらさが目立ちそうです。
 

➡魔妖EXモンスターについて触れる!

 
 
轍の魔妖-朧車(☆3)

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):「轍の魔妖-朧車」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):このカードが墓地に存在し、元々のレベルが5の自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。

自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。

(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。

このターン、自分のモンスターは戦闘では破壊されない。

 
『波旬』+『妲己』からシンクロできる
☆3の魔妖シンクロモンスターです。
 
魔妖シンクロモンスターは、
2つレベル上のシンクロモンスターが相手によって破壊されると
墓地のアンデットを除外することをコストに
特殊召喚することができます。
 
そして、ここに特殊召喚に成功した場合の効果があり、
このカードは戦闘破壊耐性を持たせることができます。

毒の魔妖-土蜘蛛(☆5)

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):「毒の魔妖-土蜘蛛」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):このカードが墓地に存在し、元々のレベルが7の自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。

自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。

(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。

お互いのデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

 
土蜘蛛は、墓地からの特殊召喚成功時、
3枚デッキから墓地へ肥やせます。
 
シンクロ体の蘇生には、
 
特殊召喚コストがあるため、
墓地肥やし効果は貴重ですね。

翼の魔妖-天狗(☆7)

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):「翼の魔妖-天狗」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):このカードが墓地に存在し、元々のレベルが9の自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。

自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。

(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。

相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。

 
☆7の魔妖シンクロがこの天狗です。
墓地からの特集召喚成功時には
魔法・罠を対象を取らず除去が行えます。
 
打点も26打点あるため、
ここまでくると十分な戦力として見込めます。

麗の魔妖-妖狐(☆9)

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):「麗の魔妖-妖狐」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):このカードが墓地に存在し、元々のレベルが11の自分のSモンスターが戦闘または効果で破壊された場合に発動できる。

自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。

(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。

相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

 
☆9の魔妖シンクロがこの妖狐。
天狗のモンスター除去版です。
対象を取らないモンスター除去というのは強力ですね。
 
打点は29になります。

骸の魔妖-餓者髑髏(☆11)

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):「骸の魔妖-餓者髑髏」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):このカードが墓地に存在し、自分のリンクモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。

自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。

(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。

このターン、表側表示のこのカードは他のカードの効果を受けない。

 
魔妖シンクロの最上級である☆11シンクロが、
この餓者髑髏になります。
33打点を誇り、墓地から特殊召喚できれば、
そのターン、カード効果を受けないので、
即座に除去される心配は基本的にはありません。
 
妖怪のデカブツとしても有名ですね。

氷の魔妖-雪女(Link-2)

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):「骸の魔妖-餓者髑髏」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):このカードが墓地に存在し、自分のリンクモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。

自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。

(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。

このターン、表側表示のこのカードは他のカードの効果を受けない。

 
シンクロ体最上級の『餓者髑髏』を特殊召喚させるには、
この『雪女』を含めたリンクモンスターが破壊される必要があります。
基本的には、魔妖モンスターを出す縛りがあるため、
この『雪女』の存在は重要ですね。
 
 

➡魔妖魔法、罠カードについて触れる!

 
魔妖廻天

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):デッキから「魔妖廻天」以外の「魔妖」カード1枚を選び、

手札に加えるか墓地へ送る。

 

デッキ必須となるサーチor墓地肥やしを行えるカード。

状況によって選べるのが強いですね。

無駄のないカードです。

 

魔妖変生

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、

このカードを発動するターン、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

(1):手札を1枚捨て、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「魔妖」モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン相手の効果の対象にならない。

 
魔妖の罠カードになります。
このカードも魔妖EXモンスター縛りがあります。
 
効果としては、
ハンドをコストとして発動する
墓地、除外ゾーンからの蘇生札になります。
 
魔妖シンクロの効果で
アンデッドが除外されることが多くなるため、
そこから再利用できるので
悪くないカードですね。
 
 

■相性のいいカードをご紹介!

 

➡①不知火関連カード

 
 
不知火の隠者

「不知火の隠者」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。

デッキから守備力0のアンデット族チューナー1体を特殊召喚する。

(2):このカードが除外された場合、「不知火の隠者」以外の除外されている自分の

「不知火」モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを特殊召喚する。

この効果の発動時にフィールドに「不知火流 転生の陣」が存在する場合、この効果の対象を2体にできる。

 
 アンデッドの出張パーツとして優秀な不知火モンスター。
基本的に、今カードで呼び出すのは
『ユニゾンビ』になります。
 
『ユニゾンビ』を出して『馬頭鬼』を落とす
テンプレの動き
初動を安定させてくれるでしょう。
 

➡②アンデッドチューナー

 
 
ユニゾンビ

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。

(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。

この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。

 
 
 
特に『ユニゾンビ』は レベル調整がしやすく、
☆7~☆9のシンクロが可能です。
 
墓地肥やしもできて
無駄がありませんね。
 
魔妖シンクロには、
チューナーの縛りがないので
『ユニゾンビ』も出番はあるでしょうね。
 
デッキから『妲己』を落とすこともでき、
上級シンクロへの布石にも
なってくれることでしょう。
 
他にも、
『ゾンビキャリア』をはじめ、
優秀なアンデチューナーは
数多く存在します。
 
Vジャンプの『シノビネクロ』も期待大ですね!
 

➡③精気を吸う骨の塔

 
 
精気を吸う骨の塔

自分フィールド上にこのカード以外のアンデット族モンスターが存在する場合、

このカードを攻撃する事はできない。

アンデット族モンスターが特殊召喚に成功する度に、相手のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

 
ちょっとした変わり種をご紹介。
【魔妖】というテーマは、
アンデットの連続シンクロが
1ターンの間、頭おかしいレベルで行われます。
 
故に、
このボーンタワーのデッキ破壊も
相性が良いといえるでしょう。
 
もちろん、
自ら除去されに行くことで、
さらなるデッキ破壊にも貢献してくれます。
 
ちょっと変わった構築がしたい方にお勧めのカードですね。 
 
 
 
 

■まとめ

 アンデットシンクロといえば、
 
古参の方々は、
 
シンクロ初期の方を思い出す方も
 
少なくないかと思います。
 
 
今回、テーマとして、
 
アンデットシンクロが 
 
新たな形となって復活したのは、
 
なかなかうれしいお話ですよね。
 
 
なかなかに尖ったテーマではありますが、
 
面白いテーマだと思うので、
 
是非是非、使ってみてください。
 
 
 
ヒドゥンサモナーズは、
 
今週発売になりますが、
 
まだまだ予約は可能です。
 
 
下記の新商品の紹介、
 
TOPページのサイドバーからも購入できますので、
 
是非、ご利用ください。
 
 
では、今回はこの辺で!
 
ではでは!!