スタッフ対戦会にて使用! サブテラーの導師ビートをご紹介!!

どうも! ゆら。です。
 

 今回は、

 

先週に参加した『スタッフに挑戦!』の企画にて使用した

サブテラー、いわゆる

 

【導師ビート】

 

をご紹介します。

 

個人的には、

環境デッキを使うということ自体

あまり好きではなく、

一歩引いた中堅のバックを固めるデッキが好きなんです。

 

【オルターガイスト】は、

初期から組んでいたものの、

少し流行りすぎているののもあり、

 

「何かないかなー」

 

という時に、

 

【サブテラーシャドール】の残骸を見つけ、

 

【サブテラー】で勝負しよう!!

 

と思い、
 
今現在、
 
大会を意識した型で
チューンナップし続けております。
 
では、
 
【スタッフ対戦会】の時の構築をご紹介させていただきます。
 
 
 

■導師ビートのレシピをご紹介!


➡デッキレシピご紹介!

f:id:riockdododoto:20180803234302j:plain
 
  
 
 

■導師ビートの採用カードについて

 

➡①サブテラー関係

 
『射手』2→『射手』1『リグリアード』1に変更しました。
 
理由としては、リンク環境なのもあり、
 
・相手モンスターが裏守備にならないことが増えた
 
・4000打点を相手にすることが増えた
 
この2点からです。
 
スタッフ対戦会でも大活躍を見せましたし、
現状はこの比率で行く予定です。
 
 
 

➡②幽鬼うさぎ

 
少し前まで
『エフェクトヴェーラー』が2枚になっていましたが、
サブテラーを使用するうえで、
『ヴェーラー』より『うさぎ』の優先度が上がった気がしました。
 
 
【閃刀姫】 の『マルチロール』にうったり、
『サモンソーサレス』にうったりすることが多いですが、
 
何より、個人的には、
 
導師ビート(サブテラー)を使用するうえで、
 
モンスターが横並びする状況を嫌ったため、
盤面の効果を使用したモンスター除去としても使える
『幽鬼うさぎ』の採用を今回優先しました。
 

➡③御前試合

 
『御前試合』は、環境を意識したうえでの採用です。
【トロイメア】を使用するリンクデッキ、
【閃刀姫】【オルターガイスト】に対して有効です。
 
環境に顔を出し始めた
【サンダードラゴン】
光、闇で統一されているため、
ある程度は効果を示してくれます。
 
正直、かなり助けになる1枚ですね。
 
 
 
 

 

➡④浮幽さくら、やぶ蛇

 
さくら枠として
 
・【閃刀姫】から『カガリ』『シズク』
・【サンダードラゴン】から、『超雷龍サンダードラゴン』
 
この3種類を用意しています。
 
特にサンダードラゴン戦に関しては、
サーチができなくなるのが
相当厳しい戦いが強いられてしまいます。
 
故に、可能な限り飛ばしてしまいたいというのはありますね。
 
 
 
『やぶ蛇』枠としては、
『ナチュル・エクストリオ』『テツドウーO』の2種類を用意しました。
 
『テツドウーO』に関しては、
相手ターンで何かするというカードではありませんが、
守備のまま殴れる高打点というのもありますが、
地属性というのが大きいですね。
 
エクストラモンスターに持ち属性が多いのは、
『御前試合』を意識しているのが大きいですね。
 
先ほども話しましたが、
4000打点の処理という点
ここ最近の課題となっています。
 
その課題をクリアしてくれた1枚。
 
あまり出すことはありませんが、
明確な役割があるため、
とりあえず現状はキープです。
 
 
 
 

■まとめ

 
 今回紹介させていただいた
 
導師ビート(サブテラー)ですが、
 
環境が入れ替わるのが早く、
 
随時、それに対応できるように
更新を続けております。
 
サイドデッキが特に入れ替わりが激しいですね。
 
誘発系、インスペクトボーダーなどの
モンスターの枚数変動は特に入れかわりが特に激しいです。
 
『ヒドゥンサモナーズ』も発売され、
今後の環境変化にも目が離せません。
 
 
今後またデッキ内容に大幅な動きがあれば、
デッキ紹介記事にさせて頂こうと思います。
 
そんなこんなで、導師ビート(サブテラー)デッキの紹介でした。
 
ではでは!!
 
 
ランキング参加中!
是非クリックをお願いします!

人気ブログランキング

 
 
ー遊戯王新商品紹介ー
 
ーその他の管理人おすすめ商品ー