【遊戯王デッキ紹介】剛鬼リンクモンスターを活躍させよう!純剛鬼デッキ!

どうも! ゆら。です。
 
今回は、ここ最近使わせてもらっている
 
【純剛鬼】のデッキ
 
こちらの方をご紹介させていただきます。
 
 
最近、
手札誘発ありのガチ系のデッキが多く、
ファンデッキとの対戦をするように
 
現環境に切り替わってから
組みなおしました。
 
 
当初は、
 
「安価で戦える!!」
 
が売りのデッキだったのですが、
 
『ベイゴマックス』の影響で
そうも言えなくなってしまいましたね・・・。
 
 

では、早速レシピから紹介しましょう! 

 

 

 
 

■純剛鬼のデッキ紹介!!


➡純剛鬼デッキレシピをご紹介!!

f:id:riockdododoto:20180826230302j:plain

 

f:id:riockdododoto:20180826230311j:plain

 
 

f:id:riockdododoto:20180826231052j:plain

 
 
 
 

■採用カードの採用理由を簡単に解説!

 

➡採用理由をざっくり説明!

 
①剛鬼モンスター達 
 
純剛鬼での構築というのもあり、
『ツープラトン』以外は採用しております。
 
『ヘルトレーナー』以外は、
サーチ or サルベージがあるので、
トロイメア型と同じく、
『ファイアウォール』での展開を軸に
最終盤面に持って行けます。
 
目標の最終盤面は後ほど。
 
『ヘルトレーナー』に関しては、
『ヘッドバッド』のコスト、
除去後の立て直し要員の1枚です。
 
トロイメア型と異なり、
剛鬼リンクモンスターを介して展開するため、
リカバリーとして機能します。
 
②特殊召喚系戦士
 
『ジャンクフォワード』『フォトンスラッシャー』
『ダンディ』『簡易融合』『ブリガンダイン』
 
などの戦士特殊召喚方法を
多めに用意しております。
 
『聖騎士の追想イゾルデ』から展開するので、
この辺のバランスは重要ですね。
 
『ターレットウォリアー』は、
割とファンカード枠ではありますが、
 
打点強化効果もあるので、
打点が足りないケースでの活躍も見込めますし、
 
『剛鬼』を墓地に送りつつ展開ができるので、
頼りになる盤面も少なくなかったりします。
 
③SRベイゴマックスセット 
 
準制限復帰というのもあり、
組み込んでみました。
 
採用理由は、
『MXインヴォーカー』の存在ですね。
 
☆4地属性戦士を呼び出せるので、
『スープレックス』、『ダンディ』を呼び出せます。
 
召喚権が残れば、
最終盤面に『ジャイアントオーガ』を追加できるのも
採用理由の1つですね。
 
④剛鬼フェイスターン
 
 
リンク剛鬼も呼び出せるので、
高リンクにつなげることも可能です。
主に『ジャイアントオーガ』の展開の途中
使うことになります。
 
⑤墓穴の指名者
 
あまり誘発ありデッキと対戦する機会はありませんが、
ファンデッキと言えど、人それぞれ。
 
墓地の妨害としても使用できますし、
入れておいて損はありませんでした。
 
⑥ファイアウォールドラゴン
 
 
最終盤面を作るために必要になってしまいました。
剛鬼効果との相性は、
トロイメア型を見ている方は分かると思いますが、
 
非常に良好!!
 
次の規制でどうなるか気になりますが・・・。
 
 
 

 


■誰でも簡単!純剛鬼の展開方法!

 

➡誰でもできる!おすすめの剛鬼展開の最終盤面!

f:id:riockdododoto:20180827002839j:plain

 
画像の盤面が、
 
基本的な初手の盤面になります。
 
『マスターオーガ』
『FWD(バウンス効果未使用)』
『トロイメアフェニクス』
『剛鬼効果モンスター』
 
基本的に
 
剛鬼モンスター+特殊召喚戦士、
『ベイゴマックス』、
『スープレックス』+『サーチあり剛鬼』
 
ここを握れていれば、
問題なく盤面を作ることが可能です。
 
(※『ヘッドバッド』or『マンジロック』+特殊戦士の場合は、+1体戦士追加
戦士+特殊戦士の場合は、+1体特殊召喚戦士追加で盤面を作れます。
『FWD』まで展開できる場合は、墓地のモンスターで補充してもOK
 
 
この2枚があれば、
恐らく展開は可能でしょう。
 
 
 

➡誰でもできる!純剛鬼の展開のやり方

 では、
 
純を追って解説させていただきます。
 
手札:『ジャンクフォワード』+『ツイストコブラ』
 
※モンスターの名称の後ろの数字はチェーン数になります。
割と長い展開になるので、ご了承を。
 
---------------------------------------------------------
①場に2体を並べます。
 
『イゾルデ』をリンク召喚します。
 
『イゾルデ①』、『コブラ②』のサーチ効果を発動
→②で『ヘッドバッド』①で『ヘルトレーナー』をサーチ。
 
『イゾルデ』の特殊召喚効果で、装備カードを1枚落とし、
『マンジロック』を特殊召喚
 
⑤手札の『ヘッドバッド』効果で、特殊召喚し、『マンジ』をパンプ。
 
⑥『イゾルデ』+『マンジ』→『サモンソーサレス』
 
⑦『マンジ』のサーチ効果→『剛鬼再戦』をサーチ
 
⑧そのまま発動し、『コブラ』『マンジ』
『サモンソーサレス』のリンク先以外に特殊召喚
 
『サモンソーサレス』の効果で、『ハッグベア』をリンク先に特殊召喚
 
⑩『ヘッドバッド』+『マンジ』or『コブラ』で
『ジェットオーガ』をリンク召喚。
 
⑪『ヘッドバッド』のサーチ効果で、『スープレックス』をサーチ
 
⑫『マンジ』or『コブラ』+『サモンソーサレス』で『FWD』
 
⑬『ジェットオーガ』+『ハッグベア』→『サンダーオーガ』
 
⑭『FWD①』『ハッグベア②』『ジェットオーガ③』の効果起動。
→③で『サンダーオーガ』をパンプ、
②で『ハッグベア』効果で『ライジングスコーピオ』サーチ、
①で『FWD』効果で『ライジングスコーピオ』特殊召喚
 
⑮『サンダーオーガ』の効果で、『スープレックス』召喚。
(⑭で『FWD』を使わず、『スープレックス』で展開してもOK、
『ジャイアントオーガ』のルートの場合、もう1体剛鬼がここで必要)
 
⑯『ライジングスコーピオ』+『サンダーオーガ』→『マスターオーガ』
 
⑰『FWD①』『ライジングスコーピオ②』の効果起動。
→②で『ライジングスコーピオ』で『ムーンサルト』をサーチ、
①で『ムーンサルト』特殊召喚。
 
⑱『スープレックス』+『ムーンサルト』→『トロイメアフェニックス』
 
⑲『FWD①』『スープレックス②』、『ムーンサルト③』→
③の効果で『ムーンサルト』で『ハッグベア』サルベージ、
②の効果で剛鬼(何でも可)サーチ、
①効果で、『ハッグベア』を特殊召喚。
 
-------------------------------------------------------
 
最終盤面は先ほどの画像の盤面になります。
 
『ジャイアントオーガ』ルートの場合、
『フェイスターン』にて『ジェットオーガ』の蘇生が必須となります。
 
その場合、
『フェニックス』の代わりに
『ジャイアントオーガ』が立ちます。
 
『フェニックスブレード』を装備することで
『ジャイアントオーガ』の効果を能動的に使用できるのも
この展開でできる強みです。
 
是非お試しを!!
 
 
 
 

■まとめ

【剛鬼】といえば、
【トロイメア】という
固定概念を植え付けられている方もいらっしゃいますが、
 
純型ならではの展開でも
なかなか十分楽しむことはできます。
 
実は、『マスターオーガ』って
むちゃくちゃ強いんですよね・・・。
 
使ってみるとわかるってやつです。
 
前回の『ぷれぷれ』さんに行った時の【おでゅえる日記】でも
使用させていただいております。
 
(対戦レポもありますので、下記のリンクから参考に!)
 
 
是非、これを機会に、
作ってみてください!!
 
 
では、長くなりましたが、今回はこの辺で。
 
ではでは!!