【遊戯王デッキ紹介】ころころ変わるフィールド、命削りトラミッドデッキ!

どうも! ゆら。です。
 
今回は、『命削りの宝札』を使ったデッキになります。
まーた懐かしいテーマ使ってるよ・・・。
 
と笑ってられるのも今のうち!
 
初見殺しも楽しいです!
 
 
紹介するデッキは・・・
 
 
 
 
 
 
 
【命削りトラミッド】デッキ
 
 
 
こちらの方をご紹介させていただきます。
 
 
トラミッドってなんだっけ・・・?
 
 
そんなこと、もう言わせないから!!!
 
 
 
 
 
 

では、早速レシピから紹介しましょう! 

 

 

 
 

■命削りトラミッドのデッキ紹介!!


➡命削りトラミッドデッキレシピをご紹介!!

f:id:riockdododoto:20180911015106j:plain

■モンスター(8枚)

1 トラミッド・ダンサー

3 トラミッド・ハンター

2 フォッシル・ダイナ パキケファロ

2 トラミッド・スフィンクス

 

■魔法(17枚)

3 命削りの宝札

3 強欲で謙虚な壺

1 強欲で貪欲な壺

1 テラ・フォーミング

1 チキンレース

3 トラミッド・キングゴレム

3 トラミッド・クルーザー

2 トラミッド・フォートレス

 

■罠(15枚)

3 強制脱出装置

2 神風のバリア -エア・フォース-

3 メタバース

3 御前試合

1 古代遺跡の目覚め

1 神の警告

2 神の通告

 
 

■採用カードの採用理由を簡単に解説!

 

➡採用理由をざっくり説明!

 
①トラミッドモンスターの枚数
 
 
かなり絞りました。
『命削りの宝札』でモンスターを引いても
追加召喚できる『ハンター』のみ3枚。
 
基本的に、
トラミッドは『トラミッド・フォートレス』のサルベージ、
『トラミッド・ダンサー』でのデッキ回収効果もあるので、
 
捨ててしまう分には困りません。
 
 
『トラミッド・スフィンクス』
ピンでもよさげですね
 
当たり前ですが、
削り中、削り持ってるとき引くと邪魔です。
 
『トラミッド・マスター』は特に必要としなかったので、0です。
 
②フィールド魔法
 
トラミッド3種全て投入。
 
『トラミッド・フォートレス』はスタートに張り替えても
アドバンテージにはなりえなかったので
現状2枚です。 
 
他の2種はサーチと打点補強+SS効果なので、
フル投入です。
 
『チキンレース』は使いやすいフィールド枠ですね。
『古代遺跡の目覚め』のコスト、『トラミッド・スフィンクス』の打点補助
『メタバース』での1キル妨害にもなるので、
抜く必要はないかなと。
 
 
 
③古代遺跡の目覚め
 
通称、パルスですが、
正直、折角なので入れてみたって感じです。
バック除去もほぼないので。
 
使い勝手は、微妙。
 
現在は、バック除去、神シリーズの追加、
『トラップトリック』などの採用を視野に入れています。
 
 
④EXモンスター
 
 命削りの関係上、あまり使用しないため、
紹介は避けましたが、
 
『ゴルゴニックガーディアン』
『DDD盤石王ダリウス』といった
地属性Xモンスターを中心に
ランク3、リンク2などを入れればOKです。
(御前試合の関係上)
 
上記の2種は、割と役に立つケースも多いです。
 

■命削りトラミッドの基本施術とは?

 

➡簡単で強力!命削りトラミッドの基本戦術について!

 
この紹介させていただいている
【トラミッド】デッキは、 
『命削りの宝札』軸としたのテーマなのもあり、
あまり展開することはありません。
 
重要になる点をいくつかあげさせていただくと
 
  1. フィールドの張替えの順序
  2. 手札に持ってくるモンスターのチョイス
  3. 相手ターンでの罠の打ちどころ
 
 
 
 
この3つが重要になってくるでしょう。 
 
③はメタビートなどと同じで、
 
1枚のカードで、相手の動きを大幅に封じるのが重要になるので、
 
打てるからと言ってバンバン打つと
ジリ貧になって負けることになるでしょう。
 
 
メタビートほどの拘束力も
このトラミッドデッキにはないので、
なおさら罠カードの打ち所がさらに重要になります。
 
 
 
 ①、②についてはトラミッドだからというのが大きいですね。
 
『命削りの宝札』を発動するうえで、
 
いかにエンドフェイズ時に
手札のカードを0枚に近づけられるか。
 
ここはかなり重要になります。
 
 
トラミッドの場合、
 
フィールドを張り替えるという手段で
手札を0に近づけることができます。
 
 
その張り替える順番、
相手ターンに張り替える際、すでに張られているフィールドが何か
 
この点を考慮して、
フィールド魔法を変えていくのが重要ですね。
 
 
 
 トラミッド下級モンスターを残しつつ、
『トラミッド・クルーザー』を張って
相手ターンを迎えれば、
トラミッドモンスターの効果で張替え、
『トラミッド・スフィンクス』を手札に準備できます。
 
 
 
その応用として、
 
『トラミッド・ハンター』+『トラミッド・ダンサー』+トラミッドフィールド
 
この場合であれば、
 
『トラミッド・クルーザー』→『トラミッド・キングゴレム』→トラミッドフィールド
 
この順番で張り替えることで、
場に『トラミッド・スフィンクス』出して
戦闘を引き受けさせることができます。
 
 
 
もう少し、①、②の話をもう少し広げると
初ターンに構えたい盤面はどんなものかというところです。
 
いくつか例はありますが、
 
------------------------------------------------------------------

レベル1:トラミッドフィールド+『トラミッドモンスター』    

 

レベル2:『トラミッド・キングゴレム』+『パキケ』

レベル2:『トラミッド・クルーザー』+『トラミッドモンスター』    

 

レベル3:トラミッドフィールド+『トラミッド・ハンター』+『パキケ』    

 

レベル4:トラミッドフィールド+『トラミッド・ハンター』+『トラミッド・ダンサー』

レベル4:トラミッドフィールド+『トラミッド・ダンサー』+『トラミッド・スフィンクス』    

 

レベル5:トラミッドフィールド+『トラミッド・ハンター』+『パキケ』+『トラミッド・スフィンクス』  

 
 
------------------------------------------------------------------
 
 
 
 
スタートの展開例の一例をあげさせていただきました。
 
  • 『トラミッド・クルーザー』のサーチ
  • 『トラミッド・キングゴレム』のSS
  • 『トラミッド・フォートレス』のサルベージ
  • 『トラミッド・ハンター』の追加召喚
 
 
この4つが特に肝になってくるかと思われます。
 
レベル5などはかなり強い盤面ですが、
どちらかというと命削り型には見射ていない展開なので、
あくまでも展開例の1つとしてだけ
参考にしていただければと思います。
 

■まとめ

『命削りの宝札』が制限解除され、
いろんな命削りデッキに可能性が生まれました。
 
再録もされました。
 
 
 
なのですが・・・・
 
 
 
『灰流うらら』で止まります(´;ω;`)ウゥゥ
 
 
 
まぁ、3枚ドローってえげつないですから・・・。
 
 
 
 
とはいえ、
 
手札誘発がいらないというのはいい所!!
 
安価でデッキを組む救世主となってくれます。
 
みなさんも『命削りの宝札』で遊びましょう!!
 
 
 
では、今回はこの辺で!
 
ではでは!!