【遊戯王】ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-の収録内容確定!管理人のおすすめカード5選をご紹介!【新弾情報】

どうも! ゆら。です。
 
ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-の発売も
どんどん近づいてきています。
 
ということで!!
 
 

 

【遊戯王OCG ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-】
 
こちらの収録内容が確定しました。
 
今回は、
 
『ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-のおすすめカード選!!』
 
 
 こちらになります。
 
 
判明したした
『ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-』
収録内容を確認しつつ、
その中でも、管理人がおすすめしたい
5枚のカードをピックアップして紹介させていただきます。
 
では、早速紹介させていただきます。
 
(発売日はこちらを参照ください。)
 
 
 

ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-の収録カードとは?


ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-の収録リスト

 

 

 

こちらの遊戯王OCG公式ページにて

『ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-』

収録カードリストが発表されました

 

その内容は、以下の通りです。

 

【モンスター】

タツネクロ

死霊王 ドーハスーラ

屍界のバンシー

グローアップ・ブルーム

火車

真紅眼の不死竜

邪神機-獄炎

茫漠の死者

闇竜の黒騎士

イモータル・ルーラー

ゾンビ・マスター

冥界騎士トリスタン

馬頭鬼

牛頭鬼

酒呑童子

ピラミッド・タートル

ゴブリンゾンビ

冥界の麗人イゾルデ

不知火の隠者

ユニゾンビ

傀儡虫

ファラオの化身

スケープ・ゴースト

 

【魔法】

アンデット・ネクロナイズ

アンデット・ストラグル

アンデットワールド

威圧する魔眼

生者の書-禁断の呪術-

ミイラの呼び声

おろかな埋葬

モンスターゲート

墓穴の道連れ

異次元からの埋葬

相乗り

 

【罠】

リターン・オブ・アンデット

もののけの巣くう祠

王墓の罠

針虫の巣窟

メタバース

魔封じの芳香

生贄封じの仮面

 

◆エクストラデッキ

真紅眼の不屍竜

 

こちらのカードが、

ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-の

収録カードになります。

 

赤色はURのカード

その他の光物は、太字で構成させていただいております。

新規カードは下線を引かせていただきました。

 

新規カードも非常に優秀で

再録カードのチョイスもかなり良い

ストラクチャーデッキとなっております。

 

  • 遊戯王環境とも相性の良いカード
  • 今後の遊戯王環境に影響を与えそうなカード

 

このストラクチャーデッキには、

かなり期待できそうな予感がします。

 

 

 

■ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-のおすすめカード5選をご紹介!

 

➡①死霊王 ドーハスーラ

死霊王 ドーハスーラ

星8/闇属性/アンデット族/攻2800/守2000

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):「死霊王 ドーハスーラ」以外のアンデット族モンスターの効果が発動した時に発動できる。 以下の効果から1つを選んで適用する。 このターン、自分の「死霊王 ドーハスーラ」の効果で同じ効果を適用できない。

●その効果を無効にする。

●自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を選んで除外する。

(2):フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合、 自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。 このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

 
 
正直、このカードが発表されたとき
二度見するほどに疑いました。
 
このカードに関しては、
かなり話したいことも多いため、
今回の説明はかなり軽めにしておきます。
 
まぁ、簡単に言うと
 
「弱いこと全く書いていないアンデットモンスター」
 
ですね。
 
  • 打点も28ある。
  • 効果もかなり強い。
  • 簡単に戻ってくる。
シンプルながらお分かりいただけるかと思います。 
 
『アンデットワールド』下であれば
かなり強いですが、
『アンデッドワールド』がなくとも
最低限の戦闘はできますし、
一部のカードに対しては、
かなり有効に働きます。
 
後日、詳しくお話します。

 

➡②グローアップ・ブルーム

 

グローアップ・ブルーム(チューナー)

星1/闇属性/アンデット族/攻 0/守 0

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが墓地へ送られた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキからレベル5以上のアンデット族モンスター1体を手札に加える。 フィールドゾーンに「アンデットワールド」が存在する場合、 手札に加えず特殊召喚する事もできる。

この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

 

まさかの『ブローアップ・バルブ』がアンデット化!!

 

レベル1チューナーという強みを相変わらず残し、

アンデット族強化のカードとしての

役割をしっかり果たしています。

 

『グローアップ・バルブ』同様、

『リンクリボー』などで能動的に墓地に送って

サーチ or 特殊召喚効果が使えます。

 

サーチ効果として使うのであれば、

同じく収録された『茫漠の使者』などもおすすめですが、

個人的には、『ヴァンパイア・フロイライン』をおすすめします。

 

打点補強、最悪壁にもなってくれますし、

非常に汎用性の高い☆5アンデットということもあり、

サーチ候補として入れておきたい1枚です。

 

ー関連おすすめカードー

 

➡③屍界のバンシー

 
屍界のバンシー

星4/闇属性/アンデット族/攻1800/守 200

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 フィールドゾーンの「アンデットワールド」は効果の対象にならず、効果では破壊されない。

(2):フィールド・墓地のこのカードを除外して発動できる。 手札・デッキから「アンデットワールド」1枚を選んで発動する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

 
特に注目の効果は2つ目の効果ですね。
 
今までの『アンデットワールド』を手札に加える手段は、
場からリリースして発動する
『イモータルルーラー』で、墓地からサルベージぐらいしか
モンスター効果では持ってこれませんでした。
 
今回の『屍界のバンシー』の登場で、
『アンデットワールド』デッキからも発動できるようになりました。
これは、相手ターンでも発動できるので、
さながら同じく再録された
『メタバース』のようです。
 
墓地に送る手段は、
アンデットには数多く存在するので、
上手くほかのモンスターの効果を利用して、
『アンデットワールド』につなげましょう。
 
 

➡④相乗り

相乗り(速攻魔法)

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このターン、相手がドロー以外の方法でデッキ・墓地からカードを手札に加える度に、 自分はデッキから1枚ドローする。

 
 
残り2枚は、
現在の遊戯王環境の対策カードとしても
注目度の高い再録カードを紹介します。
 
 『相乗り』は、
相手がデッキ、墓地からカードを手札に加えると
その都度、ドローを得ることができます。
 
いたってシンプルな効果ですが、
現在の遊戯王にとって、
サーチ、サルベージ、ドロー効果などは
たいていのデッキの組み立ての上で必須で、
ほぼ間違いなく入っていることが予想できます。
 
 
現在の遊戯王環境の一角である
 
『閃刀姫』においては、
 
魔法とリンクモンスターを軸に
デッキを回転させる能力を持っています。
 
 
その動きには、
サーチ、サルベージが多用されています。
 
なので、その【閃刀姫】の動きに合わせて、
『相乗り』を発動するのは有効です。
 
相手の展開を躊躇させることができます。
 
 
前回の収録がかなり前であり、
かつ、N-Rareだったのもあり、
価格的にもなかなかの価格だったので、
今回の再録は、非常に大きいです。
 
 
 
 

➡⑤魔封じの芳香

魔封じの芳香(永続罠)

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、 セットしたプレイヤーから見て次の自分ターンが来るまで発動できない。

 

 
最後に紹介するのは、
 
『魔封じの芳香』ですね。
 
【レアリティコレクション】にて
SRでばらまかれたことのあるカードですが、
通常のノーマル再録でのバラマキは、
実は初ということです。
(N-Para、Rareでの収録はありましたが)
 
先ほど説明した通り、
【閃刀姫】は、魔法カードの採用枚数も多く、
かなり依存している部分もあるテーマです。
 
故に、『魔封じの芳香』
デッキの回転速度を落とすことが可能です。
 
 
除去しようにも、
 
『閃刀起動-エンゲージ』からのサーチを入れて
 
『閃刀術式-ジャミングウェーブ』などの
除去魔法カードを手札に持ってくることが多いため、
 
『魔封じの芳香』があれば、
2ターンほどは、なにもされずに堪えることができます。
 
 
 
魔法の採用枚数が少ないデッキには、
特におすすめのカードと言えるでしょう。
 
 

■まとめ

 
ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-は、
かなりまとまったストラクチャーデッキになっていて、
初心者にもおすすめできる内容です。
 
今回紹介しませんでしたが、
アンデットの基盤となる
 
  • 『ゴブリンゾンビ』のサーチ効果
  • 『ピラミッドタートル』のリクルート効果
  • 『ユニゾンビ』の墓地肥やし効果
  • 『馬頭鬼』『牛頭鬼』のSS効果
 
その他、紹介しなかった新規カードも
どれも個性的で強力なカードばかりです。
 
 
再録カードも
今まで高額だったカードも多いので、
是非とも、3つゲットして
アンデットデッキで戦いましょう!!
 
ストラクチャーデッキR-アンデットワールドのリンクを新商品紹介の方に貼らせていただいております。ご活用ください。)
 
 
 
それでは今回はこの辺で!
 
 
ではでは!! 
 
ランキング参加中!
是非クリックをお願いします!

人気ブログランキング

 
 
ー遊戯王新商品紹介ー
 
ーその他の管理人おすすめ商品ー