【遊戯王】帝王強化にも繫がった!?ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-の活躍が止まらない!【新弾情報】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回も、新ストラクチャーデッキ、

 
『ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-』
 
こちらを題材と
させて頂いている記事になります。
 
今回の注目ポイントは
 
収録カードの恩恵を受けたテーマ
 
です。

 

 

アンデットテーマである

『魔妖』『ヴェンデット』などが、

 

『ストラクチャーデッキR-アンデッドワールド-』の発売前に、

登場したのはご存知でしょう。

 

勿論、

アンデットテーマには

『不知火』などもありますね。
 
このあたりの強化にも勿論
つながってるとは思いますが、 
 
実は、
大きな強化の恩恵を受けたテーマがあるのです。
 
それは・・・・
 
 
 
【MI・KA・DO】
(MIKADOの曲はこちら
 
 
【帝王】 
 
こちらのテーマですね。
 
では、
 
なぜ強化につながったのかについて
触れていこうと思います。
 
 

帝王の強化につながったアンデットワールド収録カードとは?

➡グローアップ・ブルーム

グローアップ・ブルーム

星1/闇属性/アンデット族/攻 0/守 0

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが墓地へ送られた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキからレベル5以上のアンデット族モンスター1体を手札に加える。

フィールドゾーンに「アンデットワールド」が存在する場合、 手札に加えず特殊召喚する事もできる。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

 

 
まずは、『グローアップ・ブルーム』 
 
デッキからレベル5以上のアンデット族モンスターの
サーチができるモンスターです。
 
【帝王】の最上級モンスターに
『冥帝エレボス』というモンスターがいるのですが、
実は、このモンスターは
アンデット族であるということなのです。
 
つまりは、
 
『グローアップ・ブルーム』の恩恵を
受けることができます。
 
 
『天帝従騎イデア』の存在もあり、
『ワン・フォー・ワン』などの
選択肢を広げる意味でも
 
『グローアップ・ブルーム』の採用検討も
悪くないのではないでしょうか。
 
 
『グローアップ・ブルーム』自身が
チューナーであるという事実があり、
『リンクリボー』にもつなげての
効果発動も狙えるため、
 
『真帝王領域』などとは、
相性が悪いです。
 
要するに、
エクストラ0型の帝王
所謂0帝向きの構築では
なくなるのは必然でしょうね。
 
なので、
 
採用検討する場合には、
 
『連撃の帝王』などで
相手ターンに動く型
 
エクストラを使用するタイプ
 
【帝王】デッキでの運用が
基本となるでしょうね。
 
 
 ー関連おすすめ商品ー
 

➡死霊王 ドーハスーラ

死霊王 ドーハスーラ

星8/闇属性/アンデット族/攻2800/守2000

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):「死霊王 ドーハスーラ」以外のアンデット族モンスターの効果が発動した時に発動できる。 以下の効果から1つを選んで適用する。 このターン、自分の「死霊王 ドーハスーラ」の効果で同じ効果を適用できない。

●その効果を無効にする。

●自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を選んで除外する。

(2):フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合、 自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。 このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

 
 過去に
 
【ガエル帝】というタイプの
【帝王】デッキがあったのを
知ってらっしゃる方々なら
おそらくお察しでしょう。
 
『死霊王 ドーハスーラ』は、
スタンバイフェイズに
墓地から現れるので、
 
自分のターンには、
リリース要員として
 
相手ターンには
妨害役として活躍します。
 
勿論
  • 『灰流うらら』
  • 『屋敷わらし』
 
などといった
アンデットの手札誘発対策としても
 
『死霊王 ドーハスーラ』は、
十分すぎる活躍をしてくれます。
 
『死霊王 ドーハスーラ』のステータスは、
最上級帝王と同等のステータスであり、
レベルも同じく8ということなので、
エクシーズ要員としても
活躍できそうですね。
 
墓地に落としておけば、
直ぐに湧き上がるので、
問題ないでしょう!
 
勿論、
フィールド魔法の採用は必須なので、
その辺は注意が必要です。
 
ー関連おすすめカードー
 

■まとめ

 少しタイプにこだわる必要はありますが、
【帝王】の強化にも
 
『ストラクチャーデッキR-アンデッドワールド- 』の登場で
 
大きな影響を与えたと言っていいでしょう。
 
 
現状、
アンデットデッキも
活躍し始めましたし、 
他のテーマデッキにも
影響を与えていく可能性も
少ないとは言えません。
 
ますますアンデットから
目が離せないですね!!
 
 
 
では、今回はこの辺で!
 
ではでは!! 
 
ランキング参加中!
是非クリックをお願いします!

人気ブログランキング

 
 
ー遊戯王新商品紹介ー
 
ーその他の管理人おすすめ商品ー