【遊戯王】リンクモンスター対策手札誘発モンスター!幻創龍ファンタズメイの裁定と注意点を含めて解説!!手札誘発の希望の星となれるのか!?【OCGルール】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回は、

 

意外と知らない遊戯王OCGルールです。

 

 

お題は、

 

『幻創龍ファンタズメイ』

 

 

になります。

 

 

【サベージ・ストライク】にて、

収録された『幻創龍ファンタズメイ』

 

ここ最近、

更に注目度をあげている

手札誘発として使える

モンスターカードになります。

 

 

リンクモンスターの採用が

当たり前になってきたのもあり、

『幻創龍ファンタズメイ』

使用頻度も増えてきています。

 

今回は、この

『幻創龍ファンタズメイ』

裁定と注意点について

触れていこうと思います。

 

 
 
 
 
 

■幻創龍ファンタズメイについて

➡幻創龍ファンタズメイってどんなカード?

 
幻創龍ファンタズメイ

星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守1800

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手がリンクモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 その後、自分は相手フィールドのリンクモンスターの数+1枚をデッキからドローし、 相手フィールドのリンクモンスターの数だけ自分の手札を選んでデッキに戻す。

(2):自分フィールドのモンスターを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、 手札を1枚捨てて発動できる。 その発動を無効にし破壊する。

 
 
『幻創龍ファンタズメイ』の1つ目の効果について 
 
『幻創龍ファンタズメイ』は、
相手がリンクモンスターを出した際に、
特殊召喚することのできる 
手札誘発モンスターになります。
 
 
マスタールール4が施行され
月日が流れるにつれ、
リンクモンスター採用が
当たり前になってきました。
 
 
その流れもあり、
『幻創龍ファンタズメイ』
特殊召喚するタイミングは、
かなり増えてきているといって
間違いないでしょう。
 
 
さらに、
『幻創龍ファンタズメイ』は、
 
1つ目の効果で特殊召喚できれば、
リンクモンスターの数+1枚ドローし、
リンクモンスターの数だけ、
手札を戻すことができます。
 
相手にリンクモンスターが多ければ多いほど
効力を発揮するモンスターカードです。
 
 
 
 
『幻創龍ファンタズメイ』の2つ目の効果について 
 
『幻創龍ファンタズメイ』は、
場にいる状態でも
強力な効果を持っています。
 
モンスターを対象とする
モンスター効果、魔法、罠カード
手札を捨てることで
発動を無効にして破壊します。
 
1つ目の効果で、
墓地にあっても強いカードを残せば、
無駄なくコストとして
捨てることができます。
 
 
 
 
 

■幻創龍ファンタズメイの注意点について

➡1つ目の効果は、自身の効果で特殊召喚した場合のみ

 
改めて1つ目の効果を確認しましょう。 
 

相手がリンクモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。

このカードを手札から特殊召喚する。

その後、自分は相手フィールドのリンクモンスターの数+1枚をデッキからドローし、 相手フィールドのリンクモンスターの数だけ自分の手札を選んでデッキに戻す。

 
 
 
『幻創龍ファンタズメイ』は、
自身の効果で特殊召喚した場合のみ
手札入れ替えの効果が使用できます。
 
 
例えば、
ドラゴン族というところもあり、
『レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン』を例に出しましょう。
 
 
『幻創龍ファンタズメイ』
『レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン』
特殊召喚したとします。
 
この場合、
仮に相手にリンクモンスターがいても
ドローすることはできません。
 
 
 
この1つ目の効果は、
特殊召喚した場合の効果ではなく、
自身の1つ目の効果によって
特殊召喚した場合の
その後の効果になります。
 
 
要は、
 
1つ目の効果全て
一連の動作となっています。
 
 
このあたりには注意しておきたいですね。
 
 
なお、2つ目の効果は、
場にいる状況での効果になるため、
どのような特殊召喚であったとしても
使用することができます。
 
 
 
ー関連おすすめカード紹介ー
 

■幻創龍ファンタズメイのOCGルールに倣う裁定とは?

➡幻創龍ファンタズメイ特殊召喚時、リンクモンスターがいない場合、どうなるのか??

 
では、『幻創龍ファンタズメイ』
裁定の話をしていきましょう。
 
今回、お話する裁定ですが、
簡単な例を挙げて
お話させていただきましょう。
 
 

①相手がリンクモンスター(1体目)を特殊召喚しました。

②自身の手札の『幻創龍ファンタズメイ』の効果を発動させます。

③チェーンで『強制脱出装置』を発動しました。対象はリンクモンスター。

④『強制脱出装置』でリンクモンスターをEXデッキに戻します。

⑤『幻創龍ファンタズメイ』を特殊召喚。効果処理。

 
 
この流れがになった場合、
『幻創龍ファンタズメイ』の効果は、
どのような裁定が下るのでしょうか。
 
 
状況を整理します。
 
 
まず、自身の場には、
『幻創龍ファンタズメイ』が特殊召喚されます。
 
その時、
相手の場のリンクモンスターは、
『強制脱出装置』によって
EXデッキの戻っていて、
場にはリンクモンスターがいない状況になります。
 
 
ここで再度テキストを確認しましょう。
 

自分は相手フィールドのリンクモンスターの数+1枚をデッキからドローし、

相手フィールドのリンクモンスターの数だけ自分の手札を選んでデッキに戻す。

 

 

 

お気づきでしょうか?

 

効果処理の際、

相手のリンクモンスターは0体になっています。

 

つまり、この状況で、

『幻創龍ファンタズメイ』

効果が適応されると

 

リンクモンスター+1枚ドロー、

 

 

つまりは、

 

「0+1で1枚ドロー」

 

 

そして、戻すカードも

リンクモンスターの数なので、

 

 

「0枚戻す」

 

 

つまり、戻す必要がないわけです。

 

そういう裁定が出ているんですね。

 

 

結論を言うと、

 

相手リンクモンスターがいない状況で

『幻創龍ファンタズメイ』が特殊召喚されると

1ドローのみ行う裁定が出ている

 

 

ということなのです。

 

『幻創龍ファンタズメイ』の効果に

『激流葬』をチューンされた場合も

同様の裁定になりますね。

 
 

➡逆にリンクモンスターが増えてしまった場合の裁定

 

 
先ほどの例の状況であれば、
『幻創龍ファンタズメイ』が特殊召喚する際、
リンクモンスターがいなくなっているという
状況になっていましたが、
 
今度は、
『リビングデッドの呼び声』などで
リンクモンスターが増えた状況の
裁定になります。
 
 
皆さん、お察しの通り
 
この場合の裁定は、
ドロー枚数、デッキに戻す枚数が
 
増えるという裁定が出ています。
 
 
要するに
『幻創龍ファンタズメイ』の効果に
チェーンする形で、
場のモンスターを増減するカードを
使用すれば、
 
『幻創龍ファンタズメイ』
1つ目の効果の
ドロー、デッキに戻す枚数が
増減するということです。
 
 先ほどの裁定がわかっていれば、
おのずとこちらもわかるかなと思います。
 
 
 
 

■まとめ

『サベージ・ストライク』 にて
ここ最近注目のカードである
 
『幻創龍ファンタズメイ』の裁定と注意点を
まとめさせていただきました。
 
 
 
レベルも☆7であり、
ある程度の打点も値であるのも
評価が高めですね。
 
なかなかの良カードだなというのが
率直な感想ですね。
 
 
そこまで裁定がややこしいわけでもないので
今回の裁定さえ頭に入れておけば
問題ないでしょう。
 
 
 
カード効果はややこしくてわからない!
どのような裁定が出ているかわからない!
 
OCGのルール、裁定に関して
質問がある場合は、
OCG事務局で聞いてみましょう!!
 
 
 
そんなOCG事務局はこちら
 
 
 
困ったことができれば、
OCG事務局で質問して
解決させましょう!!
 
 
今回はこの辺で・・・
 
 
ではでは!!
 
 
ランキング参加中!
是非クリックをお願いします!

人気ブログランキング

 
 
ー遊戯王新商品紹介ー