【遊戯王OCG】初心者も遊戯王を始めてみよう!!基本ルールがわかる!!おでゅえる講座!! ~各召喚方法を使ったモンスターの出し方のお話編~【初心者デュエル講座】

どうも! ゆら。です。

 

 

こちらは、

初心者に遊戯王の基本を教える

初心者講座編です。

 

 

題して・・・

 

 

 

f:id:riockdododoto:20181101164554j:plain

 

『基本ルールがわかる!おでゅえる講座』

 

 

 

 

今回お話するのは、

 

 

各召喚方法を使ったモンスターの出し方のお話

 

 

になります。

 

 

2回にわたって

初心者の遊戯王プレイヤーに

可能な限り、

わかりやすくお話をさせて頂きました。

 

残り計3回ほど予定しております。

 

(後の2回は、「デュエルの流れとフェイズ」、「必須となるデュエル用語について」の予定です。)

 

 

今回は、画像を使用しながら、

各召喚方法を初心者にわかりやすく

お伝え出来たらなと思います。

 

 

 

では、初心者にもわかるように

解説させていただきましょう。

 

 

 これまでのおでゅえる講座はこちら!

 (カードの使い方編)

www.blogdarkgamer.net

 

(デュエルフィールド編)

www.blogdarkgamer.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■遊戯王の各召喚方法をマスターしよう!!

➡融合召喚をマスターしよう!!

 
まずは、
融合召喚から解説します。
 
融合召喚は、
今回紹介する召喚方法の中で
もっとも古い召喚方法で、
初期の頃から既にあった
召喚方法になります。
 
その頃は、EXデッキではなく、
融合デッキと呼ばれていたところからも
最も歴史のある
召喚方法であることがわかるかと思います。
 
 
では、融合召喚の召喚方法を解説していきます。
 
 
 
融合モンスターに必要なのは何か?
 
融合召喚には、
原則として融合魔法カード、
各テーマ専用の融合扱いの魔法カードが
必要となります。
 
(コンタクト融合などの融合必要としない融合召喚は、後ほど補足を入れます)
 
 
ここからは、画像を確認しながら
融合召喚の流れを確認していきます。
 
 
融合召喚の流れを解説!!
 

f:id:riockdododoto:20181106172026p:plain

 
 
まず準備するのは、
融合召喚に必要な素材です。
 
今回の例として挙げるのは、
『ブラック・デーモンズ・ドラゴン』
融合召喚になります。
 
 
素材に記されているのは 
 
  • 『真紅眼の黒竜』
  • 『デーモンの召喚』
 
この2枚になります。
 
『融合』魔法の場合、
 
手札、フィールドのモンスターを
融合の素材にすることができるので、
 
例では、フィールドに並べて
融合召喚してみました。
 
 

f:id:riockdododoto:20181106172400p:plain

 
融合召喚に成功すると
EXモンスターゾーンに
特殊召喚されます。
 
両方が空いている場合は、
どちらかを任意で選んで
特殊召喚しましょう。
 
素材として使ったモンスター、
融合魔法カードのどちらも
墓地へ送られてしまいます。
 
 
フィールドにリンクモンスターがいる場合

 

f:id:riockdododoto:20181106172612p:plain

 
 
リンクモンスターがいる場合は、
そのリンクモンスターの
リンクマーカー先に
特殊召喚することができます
 
今回の例では、
『デコード・トーカー』がいるので
両斜め下向かってリンクマーカーが
指し示しています。
 
 
つまり、
 
その2ヶ所には、
融合モンスターを
特殊召喚することが可能です。
 
リンクモンスターがいないと
EXモンスターゾーンを
使用することになるのは、
覚えておく必要があるでしょう。
 
 
コンタクト融合、剣闘獣などの場合
 
 
先ほど、
軽く触れたのですが、
 
このあたりの融合を必要としない
融合召喚についてです。
 
 
効果の方を確認してみましょう。
 
 

自分フィールド上の上記のカードをデッキに戻した場合のみ

エクストラデッキから特殊召喚できる

(「融合」魔法カードは必要としない)。

 
 
これらのモンスターのテキストには、
このように記載されています。
 
特殊召喚方法は、
記載されている通り、
 
フィールドに素材モンスターを並べ
融合を使う代わりに、
素材をデッキに戻す
 
そうすることで、
融合を使ったのと同様で、
召喚条件が満たされ
コンタクト融合召喚をすることができます。
 
中には、
こんな変わった融合召喚も
あるということを
頭の片隅にでも
入れておいてください。
 
 
 
 

➡シンクロ召喚をマスターしよう!!

 
続いては、
シンクロ召喚を解説します。
 
シンクロ召喚は、
 
遊戯王5D'sが始まったのと同時に
新しく生み出された
召喚方法の1つです。
 
カードカラーは
 
特定の魔法を使わず、
新たなカテゴリ、
『チューナー』を使った
全く新しいギミックの
召喚方法となりました。
 
 
 
では、
 
シンクロ召喚の召喚方法を
解説していきます。
 
 
 
シンクロモンスターに必要なのは何か?
 
シンクロ召喚には、
融合召喚に魔法がいるように
必須素材である
チューナーモンスターを
並べる必要があります。
 
 
 
ここからは、画像を確認しながら
シンクロ召喚の流れを確認していきます。
 
 
シンクロ召喚の流れを解説!!
 

f:id:riockdododoto:20181106175111p:plain

 
 
まず準備するのは、
チューナーと非チューナーモンスターです。
 
今回の例として挙げるのは、
『ジャンク・ウォリアー』
シンクロ召喚になります。
 
 
素材に記されているのは 
 
  • 『ジャンク・シンクロン』
  • チューナー以外のモンスター1体
 
この2枚になります。
 
 
シンクロ召喚は、
素材のモンスターの
合計の星の数のモンスターを
出すことができます。
 
簡単に言うと
足し算です。
 
 
 
『ジャンク・ウォリアー』の場合、
☆5のモンスターなので、
 
チューナーと非チューナーの
モンスターのレベルを
足して5にすればよいのです。
 
 

ジャンク・シンクロン(☆3)

チューナー以外のモンスター(☆2)

 
 
この2枚を用意すれば
レベル合計が3+2=5になり、
『ジャンク・ウォリアー』
出すことができますね!
 
 

f:id:riockdododoto:20181106175813p:plain

 
 
融合召喚同様に
シンクロ召喚に成功すると
EXモンスターゾーンに
特殊召喚されます。
 
 
 
素材として使ったモンスターは、
墓地へ送られてしまいます。
 
 
 
 
フィールドにリンクモンスターがいる場合

 

f:id:riockdododoto:20181106180005p:plain

 
 
リンクモンスターがいる場合は、
 
融合召喚と同じように
シンクロモンスターを
リンクマーカー先に
特殊召喚できます。
 
 
融合召喚と説明が被るので、
今回は省略します。 
 
 
 

➡エクシーズ召喚をマスターしよう!!

 
続いては、
エクシーズ召喚を解説します。
 
エクシーズ召喚は、
遊戯王ZEXALの放送開始と合わせて
登場した新たな召喚方法です。
 
カードカラーはですね。
 
特徴としては、
レベルを持たず、
代わりにランクを持っています。
 
 
詳しい説明は、
カード説明の記事に書いているので、
是非、ご確認ください。
 
 
 
 
では、
エクシーズ召喚の
召喚方法を解説していきます。
 
 
 
エクシーズモンスターに必要なのは何か?
 
エクシーズ召喚には、
 
トークンを除く
同じレベルのモンスターを
並べる必要があります。
 
罠モンスターは可
 
 
ここからは、画像を確認しながら
エクシーズ召喚の流れを確認していきます。
 
 
エクシーズ召喚の流れを解説!!
 

f:id:riockdododoto:20181106181451p:plain

 
 
まず準備するのは、
同じレベルのモンスターです。
 
今回の例として挙げるのは、
『希望皇ホープ』
エクシーズ召喚になります。
 
 
素材に記されているのは 
 
  • レベル4モンスター×2
 
今回は、
かなり条件が緩いですが、
中には名称指定、
属性、種族指定もあるので、
注意しましょう。
 
 
 
星4のモンスターを
並べたのですが、
ここからはどうするのでしょうか。
 
 
 

f:id:riockdododoto:20181106181512p:plain

 

 
エクシーズ召喚の場合、
素材は墓地にいかず、
 
EXモンスターの下に
重ねられることになっています。
 
 
今までは、
墓地にいっていただけに
なかな飲み込みづらい
結果かもしれませんね。
 
 
基本的に、
重ねられたモンスターは、
エクシーズ素材と呼ばれ、
エクシーズモンスターの効果を使う
コストとして使われます。
 
素材=発動回数の上限
とでも思っておけば良いでしょう。
 
※中には素材を多く使うエクシーズモンスターもいます。 
 
 
 
エクシーズモンスターに関しても、
EXモンスターゾーン
原則として特殊召喚されます。 
 
 
 
 
フィールドにリンクモンスターがいる場合

 

f:id:riockdododoto:20181106202756p:plain

 
 
リンクモンスターがいる場合は、
ほかの召喚方法同様、
リンク先に特殊召喚できます。
 
 
 
 

➡ペンデュラム召喚をマスターしよう!!

 
続いて紹介するのは、
ペンデュラム召喚です。
 
ペンデュラム召喚は、
遊戯王ArcVにて登場した
新しい召喚方法です。
 
カードカラーは
モンスターカラー+魔法カラーの2色
 
ほかの召喚方法とは
大きく異なり、
ペンデュラムモンスターは、
メインモンスターとして扱われます。
 
また、魔法として
Pゾーンと呼ばれる位置に
発動することも可能
 
 
詳しくは、
各モンスターの説明記事を
ご確認くださいませ。
 
 
では、
ペンデュラム召喚の
召喚方法を解説していきます。
 
 
 
ペンデュラムモンスターに必要なのは何か?
 
ペンデュラム召喚には、
真ん中のテキストの両端に
記載されている数字
かなり重要になります。
 
発動されている2枚の
ペンデュラムモンスターの
この数字の間のレベルのモンスター
 
手札、EXデッキから
特殊召喚することができます。
 
 
手札から出すモンスターは、
Pモンスター以外でも
問題ありません。
 
(儀式召喚モンスターは不可能です。)
 
 
 
ここからは、画像を確認しながら
ペンデュラム召喚の流れを確認していきます。
 
 
ペンデュラム召喚の流れを解説!!
 

f:id:riockdododoto:20181106203852p:plain

 
 
まず、最初に準備するのは、
Pモンスターの発動です。
 
永続魔法やフィールド魔法を
発動させるイメージといえば
わかるでしょうか。
 
効果自体を発動する必要はありません。
 
各カードには
ペンデュラムスケールと呼ばれる
先ほどお話した数字が
記載されています。
 
 
現在に状況を確認すると・・・
 
 
  • オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン(Pスケール=4)
  • オッドアイズ・アーク・ペンデュラム・ドラゴン(Pスケール=8)
 
 
 この2枚が発動されています。
 
 
特に位置については
逆であっても問題ありません。
 
 
この状況であれば、
その間の数字である
☆5~7のモンスターを
特殊召喚することが可能です。
 
 
 
手札のモンスターをペンデュラム召喚する場合
 

f:id:riockdododoto:20181106204323p:plain

 
まずは、手札のモンスターを
ペンデュラム召喚してみましょう。
 
 
画像にあるのは・・・
 
 
  • オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン(☆5)
  • オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン(☆3)
  • EM ドクロバット・ジョーカー(☆4)
  • 超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン(☆12)
  • 真紅眼の黒竜(☆7)
 
この5枚になります。
 
この手札のモンスターを
ペンデュラム召喚してみると・・・
 
 

f:id:riockdododoto:20181106204754p:plain

 
 
特殊召喚可能な
レベルの範囲内にある
 
『オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン』
『真紅眼の黒竜』
 
この2枚のみ
ペンデュラム召喚できます。
 
 
手札からのペンデュラム召喚は、
EXデッキから出していないので、
メインモンスターゾーン
特殊召喚することになります。
 
 
残された手札は、
出せるレベル範囲外になるため、
手札に残したままです。
 
勿論、出す枚数は
任意の数になります。
 
ただし、ペンデュラム召喚は、
原則1ターンに1度しかできません。
 
 
また、ペンデュラム召喚は、
通常召喚権を行使するわけではありません。
 
 
なので
 
『EMドクロバット・ジョーカー』などを
通常召喚することで
さらなる展開につなげることも
可能になります。
 
 
 
EXデッキにいる表側のペンデュラムモンスターをペンデュラム召喚する場合
 
続いては、
EXデッキから出す場合。
 
 
ペンデュラムモンスターは、
破壊されたり、
シンクロ、リンク素材になると
EXデッキに送られます。
 
(ペンデュラムモンスターを使用したエクシーズ召喚の場合は、エクシーズ素材になり、その後コストとして墓地へ送られます。)
 
 
EXデッキに送られた
ペンデュラムモンスターは、
再度ペンデュラム召喚できる
チャンスがあります。
 
 

f:id:riockdododoto:20181106205755p:plain

 
例えば、この状況。
 
EXデッキにいるモンスターは、
 
 
  • EM ドクロバット・ジョーカー(☆4)
  • EMオッドアイズ・ライトフェニックス(☆5)
  • オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン(☆5)
 
この3枚になります。
 
 
では、ペンデュラム召喚してみましょう!
 
 

f:id:riockdododoto:20181106210048p:plain

 
 
EXデッキから
ペンデュラム召喚する場合、
他のEXデッキのモンスターを出す
召喚方法と同様で、
 
EXモンスターゾーンにしか
出すことができません。
 
 
EXデッキに出すことのできる
レベルのモンスターがいたとしても
残念ながらEXモンスターゾーンは1つのみ。
 
 
1体しか出すことができないんです。
 
 
勿論、
EXデッキ+手札のモンスター
合わせてペンデュラム召喚することは
可能になっています。
 
 

 

 
 
フィールドにリンクモンスターがいる場合

 

f:id:riockdododoto:20181106210736p:plain

 
 
こちらもお察しの通り
他の召喚方法同様、
EXデッキから
ペンデュラム召喚する場合は、
 
リンクマーカーの先に
特殊召喚することが可能です。
 
大きく異なるのは、
リンクマーカーが2ヶ所
メインモンスターゾーンを指していれば
 
2体までEXデッキから
ペンデュラムモンスターを
同時に特殊召喚できるですね。
 
 
Pゾーンのペンデュラムモンスターを
維持することができれば、
割と安定した戦いができるのが
ペンデュラムの恐ろしい所です。
 
 
 
 

➡リンク召喚をマスターしよう!!

 
最後に紹介するのは、は、
リンク召喚です。
 
リンク召喚は、
現在放映されている
遊戯王VRAINSから
登場した召喚方法です。
 
カードカラーは
 
OCGでは、
マスタールール4の施行に伴い
リンクモンスターが出回り始めました。
 
今までのお話で分かるように
他の召喚方法をするのにも
 
まずは、リンク召喚が必要になります。
 
 
他の召喚方法に比べると
おそらく最もシンプルなものなので
初心者の方も
簡単に理解することができるでしょう。
 
 
では、
リンク召喚の召喚方法を
解説していきます。
 
 
 
リンクモンスターに必要なのは何か?
 
リンク召喚には、
 
指定されているモンスター以外
用意する必要はありません。
 
エクシーズ召喚とは違い、
モンスタートークンでも
問題なく行える召喚法になります。
 
簡単に言えば、
レベルの足し算を必要としない
シンクロ召喚といった所ですね。
 
 
素材がモンスター2体と書かれていれば、
『青眼の白龍』『ブラック・マジシャン』の
2体で出すことも可能です。
 
 
文面での説明より、
実際に見てもらう方が早いでしょう。
 
では、画像を確認しながら
リンク召喚の流れを確認していきます。
 
 
リンク召喚の流れを解説!!
 

f:id:riockdododoto:20181106212355p:plain

 
 
今回準備したのは、
剛鬼のリンク召喚に必要な
リンク素材になるモンスターです。
 
 
今回の例として挙げるのは、
『剛鬼グレート・オーガ』
リンク召喚になります。
 
 
素材に記されているのは 
 
  • 剛鬼モンスター2体以上
 
今回、3体用意しているのには
理由があります。
 
 
リンクモンスターには
それぞれLINK数があります。
 
『剛鬼グレート・オーガ』はリンク3。
 
リンク3のモンスターを出す場合、
 
  • リンク2のモンスター+モンスター1体
  • モンスター3体
 
 のいずれかの選択肢が必要です。
 
 
基本的には、
記述されているリンク数
モンスターの数を
用意する必要がありますが、
 
リンクモンスターを素材にして
リンク召喚を行う際は、
 
素材にするリンクモンスターのリンク数+その他のモンスターの数
 
という風にして
リンク召喚を行うことも可能です。
 
 
要は、リンク4なら、
 
  • リンク2×2
  • リンク3+モンスター1体
  • リンク2+モンスター2体
  • モンスター4体
 
のような形ですね。
 
(リンクモンスターをリンク数を無視して、
モンスター1体として扱うことも可能です。)
 
 
少しそれましたが、
3体用意した理由を
分かっていただけたかと思います。
 
 
では、リンク召喚してみましょう!
 
 

f:id:riockdododoto:20181106213546p:plain

 
 
リンク召喚の場合も、
例外なく、
EXモンスターゾーンに置かれます。
 
 
 
素材として使われた
モンスターに関しては、
シンクロ召喚と同様
原則、墓地に送られます。
 
 
 
 
 
相互リンク状態、エクストラリンクについて

 

f:id:riockdododoto:20181106213748p:plain

 
 
リンクモンスターのリンクマーカーの先に
他のEXデッキから出るモンスター同様に、
リンクモンスターも出すことが可能です。
 
 
リンクマーカーは、
下を向いているものもあれば
上を向いているものも、
右を向いているものもあれば、
左を向いているものも、
斜めも同様ですね。
 
 
何の話がしたいねんと
思うかと思うのですが、
そこで相互リンクの話が出てきます。
 
相互リンクは、
画像の例を使って話しますと
 
 
『ジャイアント・オーガ』のリンクマーカー
『ジェット・オーガ』のリンクマーカー
ぶつかっているのがわかるでしょうか。
 
このように
2つのリンクマーカーが
お互いに向き合っている状況
【相互リンク】と言います。
 
 
この相互リンクの究極系を
エクストラリンクといいます。
 
 

f:id:riockdododoto:20181106214517p:plain

 
例として、
エクストラリンクをしやすい
【トロイメア】を持ってきました。
 
 
なぜ、2つの
EXモンスターゾーンを
使っているのか
疑問に思うのは、
初心者ならば当然です。
 
 
これこそ、
エクストラリンクがなしえる
恩恵といえるでしょう。
 
 
エクストラリンクは、
先ほどお話した相互リンクで
メインモンスターゾーンのリンクマーカーが
2つのEXモンスターゾーンまで
繫がり合っている状況を指します。
 
 
途中、
相互リンクが途切れると
2つめのEXモンスターゾーンを
使用することはできません。
 
 
これをすると
相手がEXデッキを使用できないようになり、
EXデッキを主軸とするデッキは、
やることがなくなってしまうという
かなり強力な布陣なのです。
 
 
初心者でもなれればできるので、
展開系のデッキが好きな方は、
是非、試してみてください。
 
 
ー関連おすすめカード紹介ー 

 

■まとめ

 
第3回になりましたが、
またも長くなってしまいましたね。
 
 
初心者の方に伝えるのって
なかなか難しい・・・。
 
 
実際、私のいとこの子供たちに
説明しても
なかなか理解してくれないんですよね。。。
 
 
インストラクターの方々が
初心者講座をやられているのを見ると
本当に尊敬します。
 
 
私には、
自由にやらせてあげたいという
甘さが勝ってしまうので・・・。
 
 
残りは2回の予定です。
 
初心者の方々にわかりやすいよう
可能な限り頑張らせていただこうと思います。
 
 
 
 
 
では、今回はこの辺で・・・・
 
ではでは!!
 
 
 
 
 
ランキング参加中!
是非クリックをお願いします!

人気ブログランキング

 
 
ー遊戯王新商品紹介ー