【遊戯王新弾情報】ガジェットのリンクモンスターがVジャンプで登場決定!? プラチナ・ガジェット は機械族デッキの救世主となるのか!?【カード考察】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回は、

 

【Vジャンプ2019年1月号

 

こちらの最新情報が届きました!

 

 

既に2019年間近であるということを

思い知らされてしまう号数ですが

それは置ておいて・・・

 

 

その新規付録モンスターは・・・

 

 

 

 

 

 

新規 ガジェット リンクモンスター!

 

其の名も・・・・

 

 

『プラチナ・ガジェット』

 

ガジェットといえば、

代償ガジェット、除去ガジェットなど

 

各ガジェットごとに

別のガジェットをサーチできる

能力を持っていて

モンスターが切れにくいことで

お馴染みのテーマですよね。

 

シンクロ期には、

シンクロの力を借り、

【ナチュル】シンクロなどでの

制圧ゲームを、

 

そしてエクシーズ期には、

レベル4が並ぶということもあり

さらなる強化となりました。

 

ペンデュラムが出たときも

【音響戦士】などのサポートもあり

ガジェットはさらなる飛躍を遂げました。

 

時代は進み

リンク召喚の時代へ・・・。

 

ガジェットは、

リンクの力を借りて

さらなる飛躍をしようとしています。

 

 

では、そんな新規リンクモンスター

『プラチナ・ガジェット』

徹底解説していきます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

■プラチナ・ガジェットとは?


➡プラチナ・ガジェットってどんなカード?

f:id:riockdododoto:20181117155103p:plain


 
プラチナ・ガジェット

リンク2/光属性/機械族/攻1600

【リンクマーカー:左下/右下】

機械族モンスター2体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。

(1):自分メインフェイズに発動できる。 手札からレベル4以下の機械族モンスター1体をこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 デッキからレベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。

 
 
最初に書かれている1文
 

リンク召喚されたターンには

リンク素材にできない

このテキストは、
今後、多くのリンクモンスターに
記述されるであろうテキストですね。
 
『魔弾の射手 マックス』にも
同じような狙いが見られる
レベル制限の素材縛りがありましたが、
こちらはさらに厳しい縛り。
 
連続リンクの抑制する
テキストといえるでしょう。
 
 
 
プラチナ・ガジェットの1つ目の効果について
 
 
プラチナ・ガジェットの1つ目の効果は、
手札の☆4以下の機械族モンスターを
リンク先に特殊召喚する効果です。
 
こちらに関しても同様で、
 
  • 『水晶機巧ーハリファイバー』
  • 『聖騎士の追想・イゾルデ』
 
このあたりのように
どこに出しても良い効果より
リンクモンスターである以上、
リンク先への特殊召喚を統一してほしい所。
 
こうすることで、リンク先が
下側に向いているリンクモンスターの
メインモンスターゾーンでの
効果の使用を抑制できるはずです。
 
 
正直、統一したほうが
わかりやすいというのもありますしね。
 
 
この機械族の特殊召喚ですが、
ガジェット以外でも
【ABC】をはじめ、
様々な機械族デッキで使えそうな気がします。
 
 
 
プラチナ・ガジェットの2つ目の効果について
 
 
プラチナ・ガジェットの2つ目の効果は、
 
『ゴールド・ガジェット』
『シルバー・ガジェット』
 
この2枚の2つ目の効果と
類似した効果となっております。
 
プラチナ・ガジェットの破壊が
戦闘、効果での破壊であれば、
デッキから任意の☆4ガジェットを
特殊召喚できます。
 
 
各色ガジェットは勿論、
『古代の歯車機械』も
ガジェットモンスターに含まれるので
特殊召喚可能です。
 
ガジェットと名の付くモンスターなので、
意外と対象となるモンスターは、
多くいるのですが、
 
☆4縛りということもあり、
関係のないガジェットモンスターは
ほとんどが除外されています。
 
 
 
 
ー関連おすすめカード紹介ー
 

■プラチナ・ガジェットと相性の良いカードとは!?

 

➡ゴールド・ガジェット、シルバー・ガジェット

ゴールド・ガジェット

星4/光属性/機械族/攻1700/守 800

「ゴールド・ガジェット」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。 手札から機械族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「ゴールド・ガジェット」以外のレベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。

 
 
どちらのガジェットも
手札の☆4機械族を召喚、特殊召喚時に
展開することのできる効果を
持っています。
 
通常のガジェットデッキに
すんなり入るカードであり、
『プラチナ・ガジェット』 の召喚条件も
そろえることのできるカードです。
 
 
 

➡ライティ・ドライバー、レフティ・ドライバー

ライティ・ドライバー(チューナー)

星1/地属性/機械族/攻 100/守 300

このカードは「シンクロン」チューナーの代わりとしてS素材にできる。 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。 自分の手札・デッキ・墓地から「レフティ・ドライバー」1体を選んで特殊召喚する。

 
 
召喚権を使うことになりますが、
機械族を2体簡単にそろえるという意味で
おすすめできるカードですね。
 
選択肢として
『水晶機巧ーハリファイバー』
特殊召喚できるのもあり、
かなり優秀な機械族モンスターです。
 
 

➡古代の機械(アンティーク・ギア)

古代の機械射出機(通常魔法)

「古代の機械射出機」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、 自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊し、デッキから「アンティーク・ギア」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊し、自分フィールドに「古代の歯車トークン」(機械族・地・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 
 
『プラチナ・ガジェット』は、 
【古代の機械】での活躍も期待できそうです。
 
【古代の機械】は、
上級が多いイメージがありますが、
下級中心でのビートダウンも楽しめる
デッキ構成ができます。
 
 
『プラチナ・ガジェット』の素材には、
『歯車街』『古代の機械射出機』などで
用意することができます。
 
『プラチナ・ガジェット』の素材には、
トークンを使うこともできるので、
大いに活躍できるでしょう。
 
また、『プラチナ・ガジェット』が破壊されれば、
『古代の歯車機械』を用意できます。
 
意外と相性も悪くないのでは
ないでしょうか。
 
 
 
ー関連するおすすめカード紹介!ー 
 
 
 
 
 
 

➡SR(スピードロイド)

 
SRベイゴマックス

星3/風属性/機械族/攻1200/守 600

「SRベイゴマックス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、 このカードは手札から特殊召喚できる。

(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。 デッキから「SRベイゴマックス」以外の 「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

 
既に方々で悪さしている『SRベイゴマックス』
プラチナガジェットの素材としても使えます。
 
このカードの強みは、
召喚権を残して
リンク召喚につなげることができるところ。
 
現状でもすでに
 
『水晶機巧ーハリファイバー(召喚権必要)』
『彼岸の黒天使ーケルビーニ』などを出して
悪さをしているのですが、
 
機械族デッキでも
悪さする枠として
投入できそうな予感・・・。
 
再度、制限行き待ったなしでしょうかね・・・。
 
 
ー関連するおすすめカードを紹介!ー
 
 
 
 

➡音響戦士(サウンドウォーリアー)

 
音響戦士べーシス(Pモンスター)

星3/風属性/機械族/攻1500/守 100

【Pスケール:青7/赤7】

「音響戦士ギータス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札を1枚捨てて発動できる。 デッキから「音響戦士ギータス」以外の「音響戦士」モンスター1体を特殊召喚する。

【モンスター効果】

(1):このカードが召喚に成功した時、 自分の墓地の「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

 
 
ペンデュラム期に、
ガジェットの手助けをしたのが、
この【音響戦士】ですね。
 
音響戦士には、
チューナーも存在するので、
P召喚やシンクロ、エクシーズと
多彩な召喚方法で
ガジェットの強化に貢献しました。
 
 
『プラチナ・ガジェット』
素材としての手助けも
『音響戦士ギ―タス』
P効果、モンスター効果によって
達成させることができます。
 
 
また、『音響戦士マイクス』
召喚権を増やす効果も
【ガジェット】を並べることにも繫がるので
 
リンク召喚を含める
展開の補助としても
おすすめできそうです。
 
 
 
 

➡カラクリ

 
カラクリ大将軍 無零怒(シンクロ)

星8/地属性/機械族/攻2800/守1700

チューナー+チューナー以外の機械族モンスター1体以上

このカードがシンクロ召喚に成功した時、 自分のデッキから「カラクリ」と名のついたモンスター1体を 特殊召喚する事ができる。

1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する 「カラクリ」と名のついたモンスターの表示形式が変更された時、 自分のデッキからカードを1枚ドローする。

 
カラクリデッキの効果の特性上、
機械族を並べることに関しては
容易に行うことができます。
 
手札から『カラクリ小町 弐弐四』
特殊召喚することで
カラクリを再展開させることもできるので
『プラチナ・ガジェット』の採用も
悪くないのではないかと思います。
 
 

➡ABC

 
B-バスター・ドレイク

星4/光属性/機械族/攻1500/守1800

(1):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、 このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

●装備されているこのカードを特殊召喚する。

(2):装備モンスターは他の相手の魔法カードの効果を受けない。

(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキからユニオンモンスター1体を手札に加える。

 
 
最後は、【ABC】デッキですね。
 
プラチナガジェットの特殊召喚効果は、
『ユニオン格納庫』『B-バスタードレイク』
効果のおかげもあって、
かなり使いやすくなっております。
 
 
『強化メカ・ヘビーアーマー』などでも
『プラチナ・ガジェット』
リンク素材を並べることは可能ですね
 
 
果たして大きな強化につながるのでしょうか!?
 
 
 
 
ー関連するおすすめカード紹介!ー 
 

■まとめ

 
 
『LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)2』
 
こちらの情報が行き交う中、
Vジャンプからの新たな刺客、
『プラチナ・ガジェット』
簡単な考察をさせて頂きました。
 
 

 

 

『クリフォート・ゲニウス』よりも

汎用性が高く、

使いやすい機械族リンクなのではないでしょうか。

 

 

 

にしても、結局は・・・ 

 

f:id:riockdododoto:20181011223839j:plain

ゆ「SRベイゴマックスでよくね?になりそう・・・。」 

 

 

 

次の禁止制限はまだまだ先ですが、

果たしてベイゴマックスの未来や如何に!?

 

 

それはともかく、

1月号のVジャンプは、

是非、手に入れましょう!!

 

 

 

 

 

【リンクヴレインズパック2】予約受付中!!
 
皆さんも是非、購入して、
新たなデッキを組みましょう!
 
 
今回はこの辺で・・・
 
ではでは!!
 
 
 
 
 
 
ランキング参加中!
是非クリックをお願いします!

人気ブログランキング

 
 
ー遊戯王新商品紹介ー 
ーその他の管理人おすすめ商品ー