【遊戯王】地中海シャンバラの裁定について サブテラー増加傾向の今だから知りたい!【OCGルール】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回は、

 

意外と知らない遊戯王OCGルールです。

 

お題となるのは・・・

 

 
【サブテラー / Subterror】

 

 

新環境になってから

使用者も少しずつ増えてきているようですね。

 

今回は、そんなサブテラーの中でも

特に重要となるフィールド魔法である・・・

 

 

 
【地中海シャンバラ / The Hidden City】

 

 

 

このカードの裁定について、

簡単にまとめてお話しようと思います。

 

 
 
 
 
 

■地中海シャンバラについて

➡地中海シャンバラってどんなカード?

 
 
地中海シャンバラ(フィールド魔法)

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、 デッキから「サブテラー」モンスター1体を手札に加える事ができる。

(2):1ターンに1度自分メインフェイズに発動できる。 自分の裏側守備表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。

(3):1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 自分の裏側守備表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。 その後、その攻撃を無効にできる。

 
 
地中海シャンバラの効果について 
 
地中海シャンバラには、
大きく分けて3つの効果があります。
 
わかりやすくまとめると・・・
 
 
  1. サブテラーモンスターのサーチ効果
  2. サブテラーをリバースできる効果
  3. サブテラーをリバースし相手の攻撃を止める効果
 
 
この3つの効果ですね。
 
1つ目の効果は、サブテラーモンスターのサーチ
『サブテラーの導師』と異なり、モンスターのみになります。
基本的に『サブテラーの導師』につなげて、
2つ目の効果でリバースさせることで、
連続サーチする使い方になるでしょう。
 
 
2つ目の効果は、
メインフェイズに発動できるサブテラーモンスター限定でリバースすることができる効果
 
リバース効果を能動的に効果を使用する役割になりますね。
 反転召喚反応の罠をすり抜ける役割としても
なかなか優秀なカードといえるでしょう。
 
 
3つ目の効果は、
リバース効果+攻撃停止させる効果を持ちます。
 
今回、裁定の話は、この3つ目の効果のお話になります。
これはまた後程・・・。
 
 
では、この3つの効果を踏まえたうえで、
裁定と注意点についての話をしていきましょう。
 
 

■地中海シャンバラの注意点について

➡サーチ効果は、発動時!幽鬼ウサギはうてない!?

 
 
 
 
特によく見かけるのですが、
『地中海シャンバラ』のサーチ効果に対して、
『幽鬼うさぎ』 が発動されている光景。
 
 
 
結論から言うと・・・
 
 
f:id:riockdododoto:20190125003459j:plain
 
「発動することはできません!!」
 
 
なぜなのか・・・。
では、幽鬼うさぎのテキストを確認してみましょう。
 
 

(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、 またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、 自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 フィールドのそのカードを破壊する。

 
 
モンスター効果の場合は、
召喚時に発動するような誘発効果に対しては、
チェーン発動し、破壊できます。
 
しかし、魔法、罠の場合になると話は変わり、
既に発動されていない破壊できません。
 
 
『地中海シャンバラ』の2,3の効果の場合、
既に表側で置かれている状態で発動するため、
『幽鬼うさぎ』の発動タイミングに該当します。
 
最近は、発動時効果を持つ魔法罠が多いので、
そのあたりも頭に入れておくと良いでしょう。
 
 
サーチ効果を止めるのであれば、
『灰流うらら』をチェーン発動するのが良いでしょう。
 
 
 
ー関連おすすめカード紹介ー
 

■地中海シャンバラの効果の裁定とは?

➡地中海シャンバラの(3)の効果と2つの裁定

 

改めて、3つ目の効果のテキストをおさらいします。

 
 

(3):1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 自分の裏側守備表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。 その後、その攻撃を無効にできる。

 
 
 今回の裁定の話の中心となるのは・・・
 
 
  • 攻撃宣言モンスターに魔法耐性がある場合
  • 裏側表示のサブテラーが除去された場合

 

この2つになります。
 
では、2つの分けてお話していきましょう。
 
 
相手の攻撃モンスターが魔法耐性を持っている場合
 
 
 
『禁じられた聖槍』を例に入れて、
裁定のお話をさせて頂きます。
 
 

『禁じられた聖槍』を受けた相手モンスターが攻撃を行っている場合、

『地中海シャンバラ』の(3)の効果はどうなるのでしょうか??

 
 
結論から言いましょう。
 
サブテラーモンスターのリバースする効果は適用されます。
が、その後の撃抑制効果は適用されず、
そのバトルは続行となります。
 
モンスターの固有効果に至っても同じで、
魔法効果を受けないモンスターに対して、
3つ目の効果を発動させると、
このような処理になる裁定が出ています。
 
 
ここ最近は、耐性を持つモンスターも増えているので、
覚えておいて損はないでしょう。
 
 
裏側のサブテラーがいなくなった場合
 
 
 
こちらは、単体除去カードを使用した場合の裁定です。
 
 

相手モンスターが攻撃宣言した時に、地中海シャンバラの(3)の効果を発動。それにチェーンする形で、『強制脱出装置』セットされたサブテラーを除去します。

他にサブテラーがセットされていない場合、どのような裁定になるのか?

 
 
効果処理時にサブテラーがいなくなり
リバースする効果が使用できないという例ですね。
 
結論を言ってしまうと、
リバースすることができなくなり、
攻撃をキャンセルさせる効果も消えてしまいます。
 
また、相手モンスターの数が変わるので、
巻き戻しが発生し、攻撃宣言するかどうかを選べます。
 
 
バックの状況を見て攻撃を取りやめることも可能です。
 
 
巻き戻しに関しては、
よくわかっていない方も意外といるので、
是非、頭に入れておくことをおすすめします。
 
 
 
ー関連おすすめカード紹介ー
 
 

■まとめ

 
 
いかがでしたでしょうか。
 
地中海シャンバラの裁定についてお話させていただきました。
 
私自身もサブテラーを所有しており、
長く使い続けているので、
経験もあわせてお話させていただきました。
 
 
今後もサブテラー使いが増えることを予想し、
是非、裁定についても知っておいてくれればと思います。
 
 
これ以外にも、裁定で不明な点があれば・・・
 
 
 
 
 
OCG事務局で質問して解決させましょう!!
 
 
今回はこの辺で・・・
 
 
ではでは!!
 
 
ランキング参加中!
是非クリックをお願いします!

人気ブログランキング

 
 
ー遊戯王新商品紹介ー
ーその他の管理人おすすめ商品ー