【遊戯王】エンディミオンが正式テーマ化!!エンディミオンデッキの共通効果とストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-の新規カードに迫る!【新弾情報】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回のお話は・・・。

 

 

 

【ストラクチャーデッキR -ロード・オブ・マジシャン-】

 

 

 

こちらのお話になります。

前回のロード・オブ・マジシャンとは、

大きくコンセプトが変わり、

ペンデュラム、リンクを取り入れた、

新たなデッキとして登場しております。

 

また、【エンディミオン】がテーマ化されるようになり

多数のエンディミオンモンスター、関連カードが登場。

 

今回は、そんな新規のエンディミオンカードを中心に

お話していこうと思います。

 

もざっくり振り返っていこうと思います。

 

 
 
 

 

 
 

■新規テーマ、エンディミオンについて


➡エンディミオンの共通効果に触れる 

f:id:riockdododoto:20190306134119j:plain

 
今回、正式テーマ化されたエンディミオンですが、
魔導王を除いた3種類のペンデュラムのエンディミオン。
 
 
まとめてみると・・・
 
 
  • サーヴァント・オブ・エンディミオン
  • マギステル・オブ・エンディミオン
  • エンプレス・オブ・エンディミオン
 
この3種類のエンディミオンモンスターは、
共通の効果を持っています。
 
 
そのテキスト部分を抜粋させてもらうと・・・
 
 

【ペンデュラム効果】

(1):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く

(2):このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。 (特定の場所)の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、 その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。

 

【モンスター効果】

「モンスター名」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

 
 
自身にカウンターが載せることができるという効果については、
通常の魔力カウンターを乗せるタイプの魔法カード
同様な扱いと捉えてください。
 
重要なのは⑵の効果。
特定の場所と記述している部分が、
各カードごとに異なります。
手札から、デッキから、EXデッキからの3種類) 
 
この効果が、エンディミオンの展開の中で
かなり重要な役割を担います。
 
魔力カウンターを乗せることができればよいので、
割と特殊召喚範囲も広いですね。
もちろん、ペンデュラムでない魔力カウンター関連を
引っ張ってくることもできます。
 
モンスター効果は、各カードバラバラですが、
特殊召還できるのは、1ターンに1度のです。
ここは注意すべきポイントとなるでしょう。
 
 

■ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-新規カードについて


➡創聖魔導王 エンディミオン 

 

f:id:riockdododoto:20190303162212p:plain


創聖魔導王 エンディミオンの効果をおさらい!!
 
創聖魔導王 エンディミオン(ペンデュラム)

星7/闇属性/魔法使い族/攻2800/守1700

【Pスケール:青8/赤8】

このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの魔力カウンターを6つ取り除いて発動できる。 Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。 その後、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカードの数まで フィールドのカードを選んで破壊し、破壊した数だけこのカードに魔力カウンターを置く

【モンスター効果】

(1):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時に発動できる。 自分フィールドの魔力カウンターが置かれているカード1枚を選んで持ち主の手札に戻し、 その発動を無効にし破壊する。 その後、手札に戻したそのカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く事ができる。

(2):魔力カウンターが置かれているこのカード相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

(3):魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。 デッキから通常魔法カード1枚を手札に加える。

 
 
管理人の一言

神聖魔導王の強化版。

とはいえ、使い方が大幅に異なるので、別途カードとしてとらえてよさそうですね。

Pゾーンから特殊召喚できるようになり、魔力カウンターも賄えるようになりました。

破壊耐性を持ち、魔法、罠の発動を無効にする効果も強力です。

自爆特攻から、状況に応じたの通常魔法を持ってくる流れが取れるのも悪くないですね。

 

 

 

➡エンプレス・オブ・エンディミオン 

 

f:id:riockdododoto:20190303162216p:plain

 

エンプレス・オブ・エンディミオンの効果をおさらい!!
 
エンプレス・オブ・エンディミオン(ペンデュラム)

星7/光属性/魔法使い族/攻1850/守2700

【Pスケール:青2/赤2】

(1):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く

(2):このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。 手札の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、 その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。

【モンスター効果】

自分は「エンプレス・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、 自分フィールドの他の魔力カウンターが置かれているカード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 その自分及び相手のカードを持ち主の手札に戻す。 その後、自分フィールドから手札に戻したカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く。

(2):魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。 デッキから「エンディミオン」カード1枚を手札に加える。

 
 
管理人の一言

特殊召喚成功時のバウンス効果が強力です。

すでについていた魔力カウンターも移動できるので、無駄がないですね。

 
 
 

➡マギステル・オブ・エンディミオン 

 

f:id:riockdododoto:20190303162219p:plain

 

マギステル・オブ・エンディミオンの効果をおさらい!!
 
マギステル・オブ・エンディミオン(ペンデュラム)

星3/地属性/魔法使い族/攻1500/守 900

【Pスケール:青8/赤8】

(1):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。

(2):このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。 自分のEXデッキの表側表示の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、 その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。

【モンスター効果】

自分は「マギステル・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

(1):このカードの攻撃宣言時に発動できる。 このカードに魔力カウンターを1つ置く。

(2):相手ターンに1度、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。 魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体をデッキから特殊召喚する。

(3):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。 このカードを自分のPゾーンに置く。 その後、このカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く。

 
 
 
管理人の一言

カウンター3個必要なものの、レベル、打点制限なく魔力カウンターの乗るモンスターのリクルートができるモンスター。

攻撃宣言するという緩い条件で、魔力カウンターが乗るのも有効活用したい。

 
 
攻撃宣言するだけで効果発動するモンスター
 

➡サーヴァント・オブ・エンディミオン 

 

f:id:riockdododoto:20190303162223p:plain

 

サーヴァント・オブ・エンディミオンの効果をおさらい!!
 
サーヴァント・オブ・エンディミオン(ペンデュラム)

星3/風属性/魔法使い族/攻 900/守1500

【Pスケール:青2/赤2】

(1):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。

(2):このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。 デッキの魔力カウンターを置く事ができる攻撃力1000以上のモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、 その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。

【モンスター効果】

自分は「サーヴァント・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

(1):魔力カウンターが置かれているこのカードは直接攻撃できる。

(2):相手ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。 このカード及び自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカード全てに魔力カウンターを1つずつ置く。

(3):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。 このカードを自分のPゾーンに置く。 その後、このカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く。

 
 
管理人の一言

魔力カウンターをばらまける独特な効果を持ちます。

魔導王に耐性をつけたり、魔導獣の効果起動に役立てたいところ。

 
 
魔導獣を組み込もう!!
 
 

➡魔力統轄 

 

f:id:riockdododoto:20190303162226p:plain

 

魔力統轄の効果をおさらい!!
 
魔力統轄(通常)

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):デッキから「エンディミオン」カード1枚手札に加える。 その後、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカードに、 自分のフィールド・墓地の「魔力統轄」「魔力掌握」の数まで可能な限り魔力カウンターを置く事ができる。

 
 
管理人の一言

エンディミオンの専用サーチ魔力カウンターを賄えるカード。

カードなので、モンスターでなくともよい点にも注目したい。

魔力掌握もフル投入すれば、最大6個魔力カウンターを乗せることが可能

 
魔力統轄と合わせて使おう!!
 
 

➡魔法都市の実験施設 

 

f:id:riockdododoto:20190303162231p:plain

 

魔法都市の実験施設の効果をおさらい!!
 
魔法都市の実験施設(永続)

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードは魔法&罠ゾーンに存在する限り、カード名を「魔法都市エンディミオン」として扱う。

(2):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。

(3):1ターンに1度、自分の魔法使い族モンスター戦闘で破壊されたダメージ計算後に、 自分フィールドの魔力カウンターを6つ取り除いて発動できる。 手札・デッキからレベル7以上の魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する。

 
 
管理人の一言

魔法都市エンディミオンの代用カード。

代用とはいえ、どちらもはることで、魔力カウンターの生成効率を上げることにも貢献できる。

⑶の効果では、星7以上の魔法使いを出すことができます。魔力カウンターが関係なくともよいのは、かなり重要なポイントですね。

 

 

 
魔法都市の実験施設と合わせて使おう!!
 

➡魔導耀士 デイブレイカー 

 

f:id:riockdododoto:20190303162209p:plain

魔導耀士 デイブレイカーの効果をおさらい!!
 
魔導耀士 デイブレイカー(リンク)

リンク2/光属性/魔法使い族/攻1600

【リンクマーカー:左下/右下】

魔法使い族モンスター2体

このカード名の(2)(4)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがンク召喚に成功した場合に発動する。 このカードに魔力カウンターを1つ置く

(2):このカードのリンク先に魔法使い族モンスターが特殊召喚された場合に発動する。 このカードに魔力カウンターを1つ置く

(3):このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×300アップする。

(4):このカードの魔力カウンターを2つ取り除きフィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

 
 
管理人の一言

自身で魔力カウンターを賄えるため、魔法使いリンクの汎用にも使えるモンスター。

モンスター、魔法、罠問わず除去が行えるのもポイント。

 

デイブレーカーを使ってみよう!!

➡救魔の標 

 

f:id:riockdododoto:20190303162204p:plain


救魔の標の効果をおさらい!!
 
救魔の標(通常)

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分の墓地の魔法使い族の効果モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える

 
 
管理人の一言

魔法使い族版の戦士の生還。レベル制限はなし。

手札誘発の回収なども図れる便利なカード。

ただし通常モンスターの回収は不可。

 

 

 

 

救魔の標と合わせて使おう!!
 

■まとめ

 

今回はストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-新規カードについて

お話させていただきました。

 

魔力カウンターを乗せるということで、

予想通りペンデュラムになることで、

自身にもカウンターを簡単に乗せられるようになりました。

 

大会環境に顔を出すかはわかりませんが、

サーチ、リクルート効果もあり、

魔力カウンターを維持できれば、

普通に戦っていけるテーマのように感じました。

 

発売が待ち遠しいですね。

 

 

「「カグヤ」ほしいだけなんですけどね!!」 
 
 
 
ある程度の安価で出回ることを期待します。 
 
 
今回はこの辺で・・・
 
ではでは!!

 

 
 
 
 
遊戯王新商品紹介
その他の管理人おすすめ商品