【遊戯王】ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-のおすすめ収録カードまとめ 手に入れておきたいカードはどれだ!?【新弾情報】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回のお話は・・・。

 

 

 

【ストラクチャーデッキR -ロード・オブ・マジシャン-】

 

 

 

こちらのお話になります。

以前、新規カードをご紹介しましたが、

今回は入手しておきたいおすすめカードについてです。

 

収録されたカードは、再録枠も含め、

非常に優秀なカードがそろっています。

 

今回は、ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-

おすすめの収録カードをまとめて

ご紹介させていただきましょう!

 

 

 
 

 

 
 

■ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-の使ってほしい収録カード


➡サーヴァント・オブ・エンディミオン 


 
サーヴァント・オブ・エンディミオン

【Pスケール:青2/赤2】

(1):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。

(2):このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。 デッキの魔力カウンターを置く事ができる攻撃力1000以上のモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、 その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。

【モンスター効果】

自分は「サーヴァント・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

(1):魔力カウンターが置かれているこのカードは直接攻撃できる。

(2):相手ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。 このカード及び自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカード全てに魔力カウンターを1つずつ置く

(3):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。 このカードを自分のPゾーンに置く。 その後、このカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く。

 
 
サーヴァント・オブ・エンディミオンのおすすめの理由とは?
 

注目したいのは、P効果の⑵の効果です。

魔力カウンターが3つ乗っていれば、

召喚権を使わずに2体のモンスターを並べることができます。

 

エンディミオン以外でも、

フィールド魔法を兼用できるPテーマ『オッドアイズ』『セフィラ』

サーチやサポート魔法の多い『EM』『魔術師』

などにも出張しやすいカードになると考えられます。

 

勿論、魔力カウンターを共有できる『魔導獣』とも

相性が良いでしょう。

 
管理人の一言 

Pモンスターを持ってくれば、『ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム』につなぐこともできる点もGOOD!!

スケール2と割と扱いやすく優秀!

 

サーヴァント・オブ・エンディミオンとあわせて使おう! 

➡妖精伝姫-カグヤ 


 
妖精伝姫-カグヤ

星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。 デッキから攻撃力1850の魔法使い族モンスター1体を手札に加える

(2):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 相手はそのモンスターの同名カード1枚を 自身のデッキ・EXデッキから墓地へ送ってこの効果を無効にできる。 墓地へ送らなかった場合、このカードと対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。 この効果は相手ターンでも発動できる。

 
 
妖精伝姫-カグヤのおすすめの理由とは?
 
単体性能の非常に高いモンスターですね。
不確定ながら、バウンス効果を持ち合わせるサーチ屋。
相手ターンでのバウンスもできるため、
妨害役としても優秀ですし、
自身を戻せるため、
再度サーチから入ることができます。
 
よく同名サーチと勘違いされるんですが、
攻撃力1850の魔法使いであれば、サーチ対象になります。
 
 
 
サーチ対象をまとめると‥‥
 
  • 妖精伝姫-カグヤ
  • 妖精伝姫-シラユキ
  • 妖精伝姫-シンデレラ
  • 妖精伝姫-ターリア
  • 憑依装着-アウス
  • 憑依装着-ウィン
  • 憑依装着-エリア
  • 憑依装着-ダルク
  • 憑依装着-ヒータ
  • 憑依装着-ライナ
  • エンプレス・オブ・エンディミオン(NEW)
 
基本的には、憑依装着、妖精伝記が、
このステータスのサーチ先となっています。
エンディミオンでもサーチ先ができたのは、
再録するにあたっての無理やり感がありますけどね・・・。
 
 
管理人の一言 

地味にシングル価格も高かったカードなので、再録は非常にありがたい!

壊獣などを合わせて投入することで、バウンス効果を通りやすくするのがオススメ!

憑依覚醒でのドローも狙えるぞ!!

 

妖精伝姫-カグヤとあわせて使おう! 

➡魔導書関連カード 


 
グリモの魔導書

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):デッキから「グリモの魔導書」以外の「魔導書」カード1枚を手札に加える。

 
 
魔導書関連のおすすめの理由とは?

 

 

今回、再録された魔導書関連カードをまとめると・・・

 

  • 魔導書士 バテル
  • グリモの魔導書
  • ヒュグロの魔導書
  • トーラの魔導書

 

最低限の魔導書カードが収録され、
出張パーツとして利用する場合は、
『ルドラの魔導書』を追加する程度で問題ないでしょう。
 
ヒュグロビートに切り替えたところで、
現状、安価で手に入る魔導書のみで済みそうです。
 
 
 
 
 
管理人の一言 

グリモ、バテルに関しては、高額買取にもちょくちょく顔を出していたので、ここで再録になったのはGOOD!!

魔法使いの汎用サポートでもあるので、納得の再録でした。

 

 

他の魔導書も集めよう!! 

➡ドロール&ロックバード 


 
ドロール&ロックバード

星1/風属性/魔法使い族/攻 0/守 0

(1):相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、 このカードを手札から墓地へ送って発動できる。 このターンお互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。 この効果は相手ターンでも発動できる

 
 
ドロール&ロックバードのおすすめの理由とは?

 

ドロー効果、サーチ効果にチェーンすれば、

それ以降、デッキから手札に加えるカードが使えなくなる

なかなか優秀な手札誘発カードです。

 

実は、パワーコード・リンクでも再録されましたが、

レディ・デバッガーが注目された影響で、

一気に在庫を切らしてしまい、今では入手困難に。
 
このタイミングでの再録は優秀ですね。
 
 
管理人の一言 

環境次第で注目度が上がる手札誘発ですね。

ここ最近は、サーチを行わないデッキも少ないので、手元にはおいておきたいカードです。

サーチの多い魔導剛鬼などをはじめとしたデッキの対策として優秀ですね。

 

環境に合わせた手札誘発を集めよう!! 

➡強欲で貪欲な壺 


 
強欲で貪欲な壺

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。

 
 
強欲で貪欲な壺のおすすめの理由とは?
 

除外コストは重いものの、2ドローできるのは強力です。

同名モンスター、魔法、罠を多く採用できるデッキでは、

採用検討しやすいカードといえるでしょう。

 

主にDDメタビートなどで採用しやすいカードです。

 

 

 
管理人の一言 

メインデッキ10枚除外なのが重いものの、やはり2ドローに重きを置くデッキには、貴重なカード!

また、除外した数だけ打点に変える紅蓮魔獣 ダ・イーザ百万喰らいのグラットンを採用する場合は、優先して入れたいカードですね!

 

おすすめの壺を集めよう!! 
 

■まとめ

 

今回はストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-にて

収録されたおすすめのカードについて

お話させていただきました。

 

他にも『左腕の代償』『混沌の黒魔術師』など

非常に優秀な再録カードがそろっています。

 

 

『ルドラの魔導書』が再録されなかったと

悲観的にとらえている方もいらっしゃいますが、

十分充実した内容だと思います。

 

 
魔法使いを組みたい!という方は、
勝っておいて損はないでしょう!!
 
 
 
それでは、今回はこの辺で・・・
 
ではでは!!

 

 
 
 
 
遊戯王新商品紹介
その他の管理人おすすめ商品