【遊戯王】Vジャンプ7月号特典カード『抹殺の指名者』って騒がれてるけど 本当に強いの?【新弾情報】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回のお話は・・・。

 

 

 

【Vジャンプ7月号】

 

 

 

こちらの特典カードとして収録された新たなガチカードとの呼び声の高いこのカード・・・

 

 

【抹殺の指名者】

 

このカードについて、細かくお話していこうと思います。

 

抹殺の指名者の価格情報については、別途記事を用意させていただきましたので、そちらの方をチェックしていただければと思います。

 

では、抹殺の指名者について、考察していきましょう!!

 

 

 
 
 
 

■抹殺の指名者とは?

➡抹殺の指名者ってどんなカード? 


 
抹殺の指名者

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):カード名を1つ宣言して発動できる。 宣言したカード1枚をデッキから除外する。 ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。

 
 
 
抹殺の指名者であのテーマが輝く!?
 
抹殺の使徒でお馴染みの金髪お兄さんが、指名者シリーズで登場!!
 
対策としての使い方は後ほどお話しますが、メインデッキとのシナジーを考えての投入もできるカードでもあります。
 
除外というギミックが重要になるテーマであり、即座にその効果を使う必要ながないテーマであれば、実質、『封印の黄金櫃』のような使い方ができます。
 
例えば、【メタファイズ】などですね。
 
 
若干、影を潜めているテーマではありますが、これを機に注目を浴びてくれればと思います。
 
 
抹殺の指名者とあわせて使おう! 

 

■抹殺の指名者の使い方について  

➡抹殺の指名者の主な使い方に迫る 

 

f:id:riockdododoto:20190130005647j:plain

 
ここからは、抹殺の指名者のおすすめの使い方について、いくつかお話していこうと思います。
 
皆さんもこういう使い方をするカードという考えをお持ちだと思います。
そういった自分の中の抹殺の指名者の使い方の考えを振り返る意味でも、是非、見て頂ければと思います。
 
では、抹殺の指名者の使い方についてお話していきましょう!
 
 
 
①手札誘発関連への対抗策
 
 
まずは、皆さんが買いたいと思った理由の大多数である、手札誘発への対策という使い方についてです。
 
基本的に、トーナメント環境に身を置けば、『増殖するG』『灰流うらら』といったいわゆる手札誘発カードでの妨害で、大量展開を防いでくるのは当たり前となってきています。
 
その流れを受け、現在、『墓穴の指名者』という速攻魔法の登場のおかげで、手札誘発への対策がされているのですが、今回のVジャンプで登場した『抹殺の指名者』の登場のおかげで、合計6枚体制での手札誘発の妨害対策ができるようになりました。
 
 
ただ、今回の抹殺の指名者にはいくつかのメリット、デメリットがあります。簡単にではありますが、お話しておきしょう。
 
 
メリットとは?

墓穴の指名者と比較してみると、あちらでできなかった魔法、罠の妨害に対しても、対抗策が打てるのが、抹殺の指名者のメリットといえるところなのではないでしょうか。

特に、汎用性の高い『無限泡影』の対策にも使えますし、先打ちすれば『神の通告』などのカウンター罠に対しての対策にもなってくれます。

 
 
デメリットとは?

こちらも墓穴の指名者との比較しながらお話します。

ポイントとなるのは、デッキから効果を無効化したいカードを除外する必要があるというところです。つまりは、自身のデッキに効果を止めたいカードが入っている必要があります。

既に使用しきっていたり、除外、墓地へ落ちてしまった場合、そもそもデッキに投入すらされていなければ、効果を無効にはできません。少なくともファンデッキ向きではなさそうなカードですね。

 
 
②ミラー戦の対抗策
 
 
誘発関係以外であれば、ミラー対戦での使い方です。
 
使用テーマが同じであれば、同じカードが多く採用されているので、抹殺の指名者の効果で、相手の効果を使ったカードと同名のカードをデッキから除外することで、相手の動きを妨害することができます。
 
特に環境でのデッキシェア率の高いデッキを使用する場合は、抹殺の指名者の採用検討をすることをおすすめしたいですね。
 
 
③採用率の高い妨害カードの対抗策
 
 
抹殺の指名者は、除外した同名カードの効果を無効化するカードなので、既に発動されているカードの効果を1ターンの間ではありますが、止めることも可能です。
 
ここ最近では、採用率の高いフィールド魔法である『魔鍾洞』などが突破できない状況の打開策としても、抹殺の指名者が使えるのではないかと考えます。
 
完全除去ではなく、一時的に止めるだけなので、発動タイミングが重要にはなりますが、一気に決めきる力のあるデッキは特に、状況の打開策としても使えるのではないかと考えます。
 
他にも自分が採用していればですが、『センサー万別』や『御前試合』などの種族、属性縛りのある永続罠『スキルドレイン』などの打開策としてもワンチャン使えるので、このあたりも手札誘発と同じく、環境で使用されやすい魔法、罠の情報も逐一確認することをおすすめします。
 
どうしても打開できない苦手なカードがある場合は、抹殺の指名者用にサイドデッキに忍ばせておくのも1つの手段かもしれません。
 
 
 

まとめ

➡抹殺の指名者はやっぱり持っておきたい! 

今回は、『抹殺の指名者』についてお話させていただきました。

 

今、どんなデッキを使い、どんなデュエルを楽しんでいるのか。それによって必要になる度合いは変わってくるカードだなというのが率直な感想です。

 

  • 「手札誘発なんか使わない殴り合いが好きなんだ!」
  • 「ファンデッキでやりたい動きをお互いする戦いがしたいんだ!!」

 

なんてデュエリストも結構多いですし、私自身もそんな戦いが大好きです!!

 

 

『抹殺の指名者』 は、ファンデッキでは恐らく、ほぼほぼ必要のないカードだと思います。

 

ただ、やはりトーナメント環境では、話は一変し、手札誘発やミラー戦も増えてくるため、持っておいた方がいいカードという意見になってしまいますね。

 

大会に出ている方や大会を意識しているデュエリストの方は、是非、手に入れておいてほしいです。

 
 
それでは、今回はこの辺で・・・
 
ではでは!!

 

 
 
遊戯王新商品紹介
その他の管理人おすすめ商品