【遊戯王】占い魔女 ヒカリちゃんはデキる子!?おすすめの使い方をご紹介!【新弾情報】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回のお話は・・・。

 

 

 

【占い魔女 ヒカリちゃん】

 

このカードについてになります。

 

COLLECTION PACK-革命の決闘者編-が発売になったのですが、新規テーマがある中、なかなか個性的なカードはあるモノの、汎用性の面で、大きく取り上げるカードがあまりなかったので、記事にしておりませんでした。

 

細かく言えば、待ちに待ったB・Fの登場V・HERO、TGの新規が続々と登場、なにより、空席となっていたNo.がほぼ出そろったなどの注目すべきポイントはなかったわけではないんですけどね・・・。

 

ただ、私自身、どれもピンときておらず、Vジャンプの情報ばかり追っていた時期でした・・・。ホンマにすんません。。。

 

ただ、フラゲ情報の時点で、この占い魔女 ヒカリちゃんに関しては、注目していたということもあり、今回、このカードのお話をしていけたらと思い、筆を執らせていただいている次第であります。ええ。

 

 

では、そんな、占い魔女 ヒカリちゃんについて、考察していきましょう!!

 

 

 
 
 
 

■占い魔女 ヒカリちゃんとは?

➡占い魔女 ヒカリちゃんってどんなカード? 


 
占い魔女 ヒカリちゃん

星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを墓地へ送りデッキから魔法使い族・レベル1モンスター1体を特殊召喚する。

 
 
 
占い魔女 ヒカリちゃんの効果について
 
占い魔女 ヒカリちゃんの効果を簡単にまとめてみると・・・
 
  • ドローで引いた時、相手に見せることで特殊召喚可能
  • 手札から特殊召喚した場合自分の場のモンスターをリリースして、デッキから魔法使い族☆1を呼び出すことが可能。
  • どちらも名称ターン1効果。
  
①②の効果が連動しているため、非常にわかりやすい効果ですね。 
 
わかりやすい例を挙げるのであれば、手札0枚状態でのインフェルニティ・デーモンをドローした状況の効果に類似していますね。
 
 
また、ドローに関しては、ドローフェイズとも書かれていないため、ドロー効果を持つカード効果を利用して、特殊召喚のトリガーとすることも可能です。
 
 
 
確実にドローしたい場合は、デッキトップを操作できるカードを組み合わせるのが理想的ですね。
 
 
②の効果は、①の効果で特殊召喚した場合ではなく、別途効果で手札から特殊召喚した場合でも問題なく発動することができます。
 
同じ占い魔女シリーズの『占い魔女 チーちゃん』『鎖龍蛇-スカルデット』などでの特殊召喚が現実的でしょうか。
 
 
あくまでも手札から特殊召喚する必要があり『ワン・フォー・ワン』などを含めた特殊召喚した場合というテキストではないので、そのあたりは注意しましょう。
 
 
占い魔女 ヒカリちゃんとあわせて使おう! 

 

■占い魔女 ヒカリちゃんの使い方について  

➡占い魔女 ヒカリちゃんの主な使い方に迫る 

 

f:id:riockdododoto:20190130005647j:plain

 
ここからは、占い魔女 ヒカリちゃんのおすすめの使い方について、いくつかお話していこうと思います。
 
 
とはいえっても、特殊召喚方法についてはお話しましたし、デッキトップ操作のカードの選択肢も、割と限られてますよね・・・。
 
ということで、占い魔女 ヒカリちゃんの効果で出したいモンスターについて、おすすめしたいモンスター達をいくつかセレクトしました。そちらの方をご紹介しましょう。
 
 
 
①フォーチュンレディ関連モンスター
 
 
公式でもおすすめされているのが、【フォーチュンレディ】との共有ですね。
 
そもそもの使用者であるカーリー渚の闇堕ち前、闇堕ち後のデッキということで、ある程度のシナジーがあるのは間違いありません。(正式には、占い魔女デッキのテキストは全く別物)
 
今回紹介している占い魔女 ヒカリちゃんに関しては、展開の主軸であるフォーチュンレディのリクルーター『フォーチュンレディ・ライティ』を持ってくることができるカードでもあるので、出張させても問題ないでしょう。
 
カーリー渚デッキを目指す方には、おすすめしたい出張先ですね。
 
②魔法使い青眼関連
 
 
 
青眼デッキには、多くの魔法使い族サポートモンスター達が登場しているのですが、基本的にはこの『青き眼の乙女』をセレクトすることになるでしょう。
 
ほかの『青き眼の・・・』関連魔法使い族モンスター達は、基本的には、召喚成功時 、個性的な墓地効果とあまり実用的ではなさそうな感が否めませんでした。
 
『青き眼の乙女』は、青眼ストラクが登場した際に、遊戯王をされていた方であれば、攻撃対象、効果対象になるだけで、あらゆる場所から『青眼の白竜』を呼び出す厄介なモンスターという印象が、いまだに残っているのではないでしょうか。。
 
幸い、魔法使い関連ドローソースとも相性が良いので、占い魔女 ヒカリちゃんの出番もワンチャンあるのでは?と思う出張先ですね。
 
③ミスティック・パイパー(☆1デッキでの可能性)
 
 
かなり古いカードなので、知らない方もいらっしゃるかもしれませんね・・・。
 
登場したのは、EXTREME VICTORY遊戯王5Ds時代、主人公の不動遊星がアポリア戦にて使用したモンスターカードで、今現在、再録はないようです。。。
 
とはいえ、評価はそこそこ高く、☆1デッキでは、貴重なドロー効果持ちモンスターとして使用され続けているカードでもあります。
 
 
占い魔女 ヒカリちゃんの特殊召喚とも相性がいいカードではあるのですが、☆1モンスターを引いた場合、追加ドローできるという追加効果を持つため、「時の任意効果」 を持つ占い魔女ヒカリちゃんは、1度目のドローで引いてしまうと、特殊召喚できなくなってしまいます。
 
とはいえ、同じ☆1ということもあり、出張候補としてはおすすめです。
 
④ジェスターロード
 
 
最後に紹介するのは、ジェスターロードです。
 
また、懐かしいカードを引っ張り出して申し訳ないのですが、魔法、罠ゾーンのカードの数が、攻撃力に変換される唯一無二のモンスターです。
 
このカード使うのであれば、このカードに寄せた構築をしなければいけないため、持ってくる手段は、いくつか用意しておきたいというのが本音です。
 
占い魔女 ヒカリちゃんの特殊召喚のトリガーとなるドローも、永続魔法を墓地へ送る『マジック・プランター』などをはじめ、ほかのデッキとは異なるドローカードの採用もできるため、少し違った使い方をしたい方におすすめです。
 
 
 

まとめ

➡占い魔女 ヒカリちゃんの可能性は読めない! 

今回は、『占い魔女 ヒカリちゃん』についてお話させていただきました。

 

正直な話をすると、☆1魔法使い族には、もっと選択肢があり、もっと面白い使い方ができそうなカードもあります。

 

勿論、まだ見ぬ未知のモンスター達の可能性を考えれば、なおさら、占い魔女 ヒカリちゃんの可能性も広がるというものです。

 

今後リンクモンスターも増えてきますし、デッキトップ固定できる簡単リンクも登場する可能性はあります。

 

そうなれば、占い魔女 ヒカリちゃんの高騰が始まるかもしれませんよ・・・。

 

 

・・・あくまでも可能性の話ですけどね。。。

 

どこぞの人気漫画の野球部の監督の言葉をお借りしました。

 
 
 
それでは、今回はこの辺で・・・
 
ではでは!!

 

 
 
遊戯王新商品紹介
その他の管理人おすすめ商品