【遊戯王】カース・ネクロフィアは面白い効果を持っている!?おすすめの使い方をご紹介!【新弾情報】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回のお話は・・・。

 

 

【カース・ネクロフィア】

 

このカードについてになります。

 

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-がにて収録された新たな獏良くんのエースモンスター枠ですね。

 

ステータスは、『ダーク・ネクロフィア』の攻守が逆になり、特殊召喚条件も真逆に変更されているリメイクモンスターです。

 

今回は、カース・ネクロフィアについて、考察していきましょう!!

 

 
 
 

■カース・ネクロフィアとは?

➡カース・ネクロフィアってどんなカード? 


 
カース・ネクロフィア

星8/闇属性/悪魔族/攻2800/守2200

このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):除外されている自分の悪魔族モンスター3体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。

(2):モンスターゾーンのこのカードが 相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを墓地から特殊召喚する。 その後、自分フィールドの魔法・罠カードのカード名の種類の数まで 相手フィールドのカードを選んで破壊できる。

 
 
 
カース・ネクロフィアの効果について
 
カース・ネクロフィアの効果を簡単にまとめてみると・・・
 
  • カード効果でのみ特殊召喚可能
  • 自身を特殊召喚し、除外されている3枚の悪魔族をデッキへ戻す効果。
  • モンスターゾーンで相手によって破壊されると、エンドフェイズに蘇生し、場の魔法、罠の種類の数相手の場のカードを除去できる効果
  
 
 
まず、カード効果でのみ特殊召喚できるというところですが、自身の効果の他、蘇生効果を持つモンスター、魔法、罠カードでの特殊召喚に関しては可能です。
 
カード効果に分類される『死者蘇生』『リビングデッドの呼び声』などの効果で特殊召喚することができます。
 
 
ただ、カード効果での特殊召喚ではない、ペンデュラム召喚などの特殊召喚は不可能ということになりますね。
 
 
では、その自身の効果での特殊召喚ですが、条件として、除外ゾーンに3体の悪魔族モンスターがいることが必須です。
 
その3体を対象に発動する特殊召喚効果。つまりは、「チェーンに乗る特殊召喚」に該当する効果ですね。
 
3体の悪魔が除外されているという状況を作るのは、少し難易度が高そうに感じますね・・・。これに関しては、後ほど相性の良いテーマなどのお話させていただきます。
 
 
3つ目の効果は、相手によってモンスターゾーンから墓地へ送られた場合の自身の蘇生効果と追加の除去効果ですね。
 
除去効果は、『ウィジャ盤』とも相性が良いですね。
 
ただ、『ダーク・サンクチュアリ』の効果で、モンスターゾーンに配置している魔法、罠はカウントされないのでご注意を・・・!
 
 
 
 
 
 
カース・ネクロフィアとあわせて使おう! 

 

■カース・ネクロフィアの使い方について  

➡カース・ネクロフィアの主な使い方に迫る 

 

f:id:riockdododoto:20190130005647j:plain

 
ここからは、カース・ネクロフィアのおすすめの使い方について、いくつかお話していこうと思います。
 
 
 
今回は、カース・ネクロフィアにおすすめのテーマをいくつかセレクトしました。そのテーマを交えてお話しましょう。
 
 
 
①インフェルノイド
 
 
「除外」+「悪魔族」といえば、真っ先に浮かぶテーマは、【インフェルノイド】だと思います。
 
正直、特殊召喚条件に関しては、非常に満たしやすいテーマと言えるでしょう。
 
ただ、☆8モンスターが、エンドフェイズには帰ってくる状況がほぼほぼできてしまうので、インフェルノイドのデメリットポイントとの相性はあまりよくはありません。
 
カース・ネクロフィア入り専用の構築をする必要が出てくるでしょう。
 
②彼岸
 
 
 
『彼岸の悪鬼バルバリッチャ』の効果によって、除外されている悪魔を溜めつつ、バーンダメージを与えることができるので、特殊召喚は比較的にしやすいテーマと言えるのではないでしょうか。
 
【邪悪霊】も☆3、悪魔という共通点があり、彼岸モンスター達の効果を共有することもできるので、合わせた構築は面白いのではないかと思います。
 
 
③スーパーバグマン
 
 
ほぼほぼ彼岸と同じ理由です。『スーパーバグマン』の特殊召喚には、3種のバグマンを墓地から除外する必要があり、一気に特殊召喚効果の条件を整えることができます。
 
こちらも、主体は☆3、悪魔族ということもあり、採用検討してもよさそうです。
 
ただ、ステータスは弱体化してしまうので、その点は注意したいポイントですね。
 
 
④暗黒界
 
 
最後に紹介するのは、暗黒界です。
 
除外されているカードが限られていますが、『暗黒界の門』『闇の誘惑』などを軸に、除外ゾーンを増やすことが可能です。
 
また、☆8モンスターということもあり、『トレードイン』の共有ができるというポイントもあります。
 
 

まとめ

➡カース・ネクロフィアの可能性は読めない! 

今回は、『カース・ネクロフィア』についてお話させていただきました。

 

今回登場したデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-の高レアリティモンスターの中でも、価格帯はかなり安く手に入るカードです。

 

確かに必須級ではありませんし、使いづらい印象も受けますが、こういうカードの方がしびれるというデュエリストの方も多いはず!!

 

是非とも、カース・ネクロフィアを活かしたデッキを組んでみてください。

 
 
 
それでは、今回はこの辺で・・・
 
ではでは!!

 

 
 
遊戯王新商品紹介
その他の管理人おすすめ商品