【高騰情報】終焉の地が高騰へ!!新制限のメタバースの代用候補として需要が上がる!?【遊戯王カード価格】

どうも! ゆら。です。
 

今回は、遊戯王カードの価格情報です。

 

 

本日のお題のカードはこちら!

 

 

【終焉の地/Demise of the Land】

 

 

こちらのカードの価格情報になります。

 

 ついに7月からのリミットレギュレーションが発表されました。
(詳しくは以下の記事をご確認ください。)
 

 

www.blogdarkgamer.net

 

その中でも、【魔鍾洞】をはじめとした環境デッキに採用されていたフィールド魔法をサーチ or 発動ができる『メタバース』が新制限として名を連ねていました。

 

現状、『テラ・フォーミング』『盆回し』に続いて、フィールド魔法サーチ関連カードの規制は3枚目・・・。フィールド魔法は悪ってはっきりわかるんですね・・・。

 

そんな中、『メタバース』の代用カードとして白羽の矢が立ったのが、今回、お話していく『終焉の地』です。

 

詳しいお話は後ほど・・・。

 

 
では、そんな終焉の地のカード効果と価格を追いましょう!
 
 
 

■終焉の地とは?

➡終焉の地ってどんなカード?

 
 
終焉の地(速攻魔法)

相手がモンスターの特殊召喚に成功した時に発動する事ができる。 自分のッキからフィールド魔法カードを1枚選択して発動する。

 
 
終焉の地の効果について
 
終焉の地の効果を簡単にまとめてみると・・・
 
  • 相手モンスターが特殊召喚に成功したタイミングで発動可能
  • サーチではなく、直接、フィールドゾーンでフィールドカードを発動させる。
 

 

現在の環境では、特殊召喚を行わないデッキが少ないというのもあり、早い段階で場に伏せておければ、発動タイミングとしては、さほど困ることはないでしょう。

 

 

ただ、『メタバース』との大きな違いは、罠カード(通常罠)ではないというところが大きなポイントとなりそうです。

 

今まで、『メタバース』と合わせて採用されてきた『悪魔嬢リリス』『トラップトリック』などのカードを使ってでは、速攻魔法である『終焉の地』を用意することはできません。

 

 

 

 

 現状、速攻魔法を用意する手段には、上記の2枚以上に手数をかける必要があるということもありますし、確実性も低くなってしまいます。

 

合わせて言うと、『終焉の地』の発動条件がばれてしまっていると、自分の思うタイミングでの発動は、基本的にできないと考えて間違いはないでしょう。

 

 

 

 

フィールド魔法を使ってみよう!!
速攻魔法を持ってこよう!!

 

■終焉の地の相場価格情報

 

➡終焉の地の相場価格はおいくら?

 
終焉の地(2019/06/15更新)
 カード  レアリティ 相場価格 最安価格 買取基準価格
R(レア)
500円程度
300円
300~600円前後
 
 
相場価格情報

終焉の地の相場価格の方は、

現在のところ、500円近辺といったところです。

以前の高騰よりも高くなっている状況です。。

 
最安価格情報

終焉の地の最安価格ですが、300円での販売を確認しました。

通販サイトの価格では、現状300円でいくつか販売中を確認済みです。

 
フリマアプリでの価格

終焉の地のフリマアプリの価格は、1枚500~700円での取引が確認されています。

3枚セットでの販売が多く確認できます。価格上昇も早いようなので、お早めに!

 

 
 
各店舗の買取情報は後ほど・・・
 
 
終焉の地の買取情報
 
『終焉の地』の買取情報ですが、高額買取店舗が続々と増えている印象を受けます。
 
7月からのリミットレギュレーションの情報公開がされ、関連カードが高騰しております。
 
終焉の地に関しては、【魔鍾洞】でも使用されたこともあったカードなので、注目していた方も多かったかもしれませんね。価格は現在も少しずつ上昇傾向にあります。
 
また、再録もされておらず、収録されたのも、LIGHT OF DESTRUCTION(ライト・オブ・ディストラクション)となかなか古めです。
 
 
 
各店舗での買取価格は、300~600を基準とお考え下さい。
 
買取検討されている方は、お早めに!! 
 
では、各店舗の買取情報をご確認ください。
 
 

■まとめ

➡これからは専用サーチを出してね・・・?

 
終焉の地の価格情報でした。
 
 
今回の『メタバース』の規制のいきさつとしては、【魔鍾洞】が背景にありましたが、実際はほかにも【オルターガイスト】での『魔法族の里』や【サブテラー】での『王家の眠る谷-ネクロバレー』などが悪さをしておりました。
 
正直、拘束系のフィールド魔法は多く、規制されるのは、時間の問題だったと思うので、逆に【魔鍾洞】に対しては、変な意味で感謝しています。
 
 
・・・とはいえ、『幻煌の都 パシフィス』など専用サーチがない上、フィールド魔法の依存値の高いデッキにとっては、間違いなく大打撃となってしまっています。
 
 
私もメタバースの規制で、【トラミッド】を組むのをためらう状況に直面しているため、救済のため、何らかの形で、専用のサーチカードを出すなどしてほしい所です。
 
 
 
 
 
では、今回はこの辺で・・・・
 
ではでは!!
 
 
 
 
 
遊戯王新商品紹介
その他の管理人おすすめ商品