【遊戯王】メイドなドラゴンを使いこなせ! ドラゴンメイドデッキに入れたいおすすめのカードをご紹介!【新弾情報】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回のお話は・・・。

 

 

【ドラゴンメイド】

 

 

デッキビルドパック ミスティック・ファイターズにて収録された新しいドラゴン族モンスターで統一されたテーマになります。

 

 

 

今回は、そんなドラゴンメイドデッキに入れたいおすすめのサポートカードについてお話させていただきます。

 

 

 
 
 

■ドラゴンメイドとは?

➡ドラゴンメイドってどんなテーマ? 

 
では、ドラゴンメイドの基本についてのお話は、前回のドラゴンメイド簡単解説の記事の方をご確認ください。
 
 
ドラゴンメイドを集めておこう!! 

 

■ドラゴンメイドにおすすめのカードについて  

➡一緒に入れたいドラゴンメイドサポートカードとは? 

 

f:id:riockdododoto:20190130005647j:plain

 
ここからは、ドラゴンメイドデッキに入れておきたいサポートカードのお話になります。
 
ドラゴンメイドに関しては、構築の仕方にも幅があるテーマだと思いますので、自身の構築にあうあわないあると思いますが、その点はご了承のほどを。
 
では、おすすめのカードをご紹介していきます。
 
 
①竜魔導の守護者
 
 
竜魔導の守護者

星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1300

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、 このカードの効果を発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。 (1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。 デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。

(2):EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。 そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

 
ドラゴンメイドは、融合モンスターである『ドラゴンメイド・ハスキー』がいるかいないかで状況が大きく変わるテーマであるという感想を持ちました。
 
竜魔導の守護者は、自身もドラゴン族であり、融合素材としても使えるので、割とおすすめできる1枚だと考え、ご紹介させていただきました。
 
再録もされ、手元にある方も多いのではないでしょうか?
 
 
②天球の聖刻印(オススメ)
 
 
天球の聖刻印(リンク)

リンク2/光属性/ドラゴン族/攻 0

【リンクマーカー:左下/右下】

ドラゴン族モンスター2体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手ターンに1度、このカードがEXモンスターゾーンに存在する場合、 自分の手札・フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。 フィールドの表側表示のカード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。

(2):このカードがリリースされた場合に発動する。 手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を選び、 攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。

 
 
バウンスによる除去+手札、デッキからドラゴンを展開できる効果を持ち、非常に相性の良いリンクモンスターといえるでしょう。
 
このデッキテーマ自体、デッキを触るカードが基本的には墓地肥やし関連が多いということもあり、リクルートにつなぐことのできるこのカードは非常に相性が良いです。
 
 
③守護竜関連
 
 
守護竜エルピィ(リンク)

リンク1/闇属性/ドラゴン族/攻1000

【リンクマーカー:左】

レベル4以下のドラゴン族モンスター1体

自分は「守護竜エルピィ」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、 その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。

(2):自分メインフェイズに発動できる。 2体以上のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに、 手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。

 
 
賛否両論あると思いますが、なんやかんやで入れる構築も結構増えるでしょうね。
 
デメリットが邪魔にならず、デッキ、墓地、EXデッキからの特殊召喚を容易にしてしまう守護竜リンクモンスター達の力は、皆さん知っての通りです。
 
ただ、守護竜(ドラゴン)リンクの劣化でしかないという解釈の人が多そうなのは事実です。
 
 
④トレード・イン
 
 
トレード・イン

(1):手札からレベル8モンスター1体を捨てて発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。

 
手札に戻せる効果がある故に、☆8モンスターが手札に来る状況は比較的多くなるので、ドローに変換するカードとしての採用を検討するのは良いでしょう。
 
勿論、手札での効果があるので、状況と照らし合わせてドローに変換するべきかの見極めが必要です。
 
⑤強欲で金満な壺
 
 
強欲で金満な壺

(1):自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの 裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。 除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。

このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。

 
 
 
最大2枚ドローに変換することができる魔法カードです。
 
 
守護竜(リンク)展開を重視されない方には、こちらのカードをおすすめしたいですね。シンプルなコントロール型のビートダウンを楽しむことができるでしょう。
 
 
⑥その他のサポートカードたち
 
 
 
その他のカードとして、『竜の霊廟』『竜の渓谷』『復活の福音』などのドラゴン族の汎用サポートを含め、専用の融合モンスターがいつ点から『竜の鏡』なども候補に入るカードといえるでしょう。
 

まとめ

➡ドラゴンメイドは新たなドラゴン族の刺客!?

今回は、『ドラゴンメイド』についてお話させていただきました。

 

 
現在、ドラゴン族=【守護竜】、【ヴァレット】 というイメージがついてしまっていますが、今回新たなドラゴン族のテーマとして、ドラゴンメイドが登場しました。
 
いままでのカオスドラゴンを軸とせず、基本4色のドラゴンで戦っていくというテーマなので、また違った味を楽しむことができるのではないでしょうか。
 
すでに、新弾の方での新規も発表され、さらなる強さを獲得し、メイドさん環境への歩みを進めることができるのでしょうか・・・?
 
 
今後の動向にも注目したいと思います。
 
 
 
それでは、今回はこの辺で・・・
 
ではでは!!

 

 

 
遊戯王新商品紹介
その他の管理人おすすめ商品