【遊戯王】儀式魔法なしで儀式召喚!?新規儀式テーマ【メガリス】に迫る!!【新弾情報】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回のお話は・・・。

 

 

【メガリス】

 

 


こちらについてになります。

 

 

イグニッション・アサルトにて収録が決定した新規テーマの【メガリス】は、久しぶりに登場した儀式をメインとしたデッキになります。

 

ここ最近の儀式テーマといえば、徐々に規制が緩和されている【影霊衣(ネクロス)】などが頭に浮かんできます

 

【影霊衣】などの今まで登場した儀式デッキと比べると今回、フラゲ情報がでた【メガリス】は、どうも普通の儀式デッキとは異なるようです。

 

 

詳しくは後ほど!!

 

 

では、そんな【メガリス】について、お話していきましょう!!

 

 

 

 

 

■メガリスデッキとは?

➡メガリスってどんなデッキ?? 


 
 
デッキコンセプトなど

【メガリス】は、地属性、岩石族で構成されたテーマで、儀式モンスターで構成されたデッキになります。

 

儀式テーマでは初めて儀式魔法が収録されていないテーマとなっています。儀式召喚は、各メガリス儀式モンスターが、儀式魔法を使用しない儀式召喚が行える効果があるため、その効果を使っての儀式召喚を行いながら展開するデッキのようです。

 

なかなか癖の強い儀式デッキのようです。なかなか面白そうですね!!

 
 

➡メガリス儀式モンスターの共通効果に触れる! 

f:id:riockdododoto:20190130005647j:plain

 
では、どのように儀式を行うかについて、各カードを触れる前に触れておきましょう。
 

☆4メガリス儀式モンスター

(2):各メインフェイズに発動できる。(カードによって変わる)

レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

 
まず、下級(☆4)のメガリス儀式モンスターの共通効果は、②の効果が該当します。
 
上級(☆8)と異なり、フィールドにこのカードがいる状況を作る必要があるというのが1つ目のポイントとなります。
 
儀式の条件に関しては、上級と同様ですが、手札から出すことのできる儀式モンスターに関しては、『メガリス儀式モンスター』という縛りがないため、『ユニコールの影霊衣』などメガリス以外の儀式モンスターを特殊召喚することが可能です。
 
また、リリースはコストではないというのも、間違いが起こりやすいポイントになるかと思われます。
 
☆8メガリス儀式モンスター

(1):各メインフェイズに、このカードを手札から捨てて発動できる。(カードによって変わる)

レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

 
上級(☆8)のメガリス儀式モンスターの共通効果は、①の効果が該当します。
 
下級(☆4)のメガリス儀式モンスターと異なり、場に出す必要性はありません。
手札から捨てることで、儀式召喚のトリガーとなることができるカードです。
 
下級と異なり、上級のメガリス儀式モンスターの手札から発動する効果に関しては、儀式魔法を発動している感覚とほぼ変わらないため、その代用ととらえて差し支えないかと思います。
 
上級のメガリス儀式モンスターの儀式召喚効果は、『メガリス儀式モンスター』に限定されてしまうので、ご注意を!!
 
 

■メガリスカードに触れよう!!  

➡メガリス・オフィエル

f:id:riockdododoto:20191006220353p:plain

メガリス・オフィエル

星4/地属性/岩石族/攻1600/守2500

「メガリス」カードにより降臨。 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「メガリス・オフィエル」以外の「メガリス」モンスター1体を手札に加える。

(2):自分メインフェイズに発動できる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

 
カンタン補足情報

『メガリス・オフィエル』は、儀式召喚成功時にメガリスモンスターのサーチを行うことができます。

上級・下級問わずにサーチが行えるのはGOODですね。

 

 

➡メガリス・ハギト

f:id:riockdododoto:20191006220459p:plain

メガリス・ハギト

星4/地属性/岩石族/攻1300/守2600

「メガリス」カードにより降臨。 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「メガリス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

(2):自分メインフェイズに発動できる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

 
カンタン補足情報

『メガリス・ハギト』は、メガリス魔法・罠をサーチできます。

 

メガリスに儀式魔法はないですが、メガリス専用魔法・罠には、蘇生、サルベージなどを行えるカードがあるため、重要な☆4儀式モンスターでもあります。

可能な限り儀式召喚成功させたいモンスターですね。

 

➡メガリス・オク

f:id:riockdododoto:20191006220736p:plain

メガリス・オク

星4/地属性/岩石族/攻1000/守2700

「メガリス」カードにより降臨。 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。 その後、手札を1枚選んで捨てる。

(2):自分・相手のメインフェイズに発動できる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

 
カンタン補足情報

『メガリス・オク』に関しては、ほかの下級メガリス儀式モンスターと異なり、相手メインフェイズにも儀式召喚できる効果を持っています。

 

除去効果、制圧効果を持つ儀式モンスターを相手ターン中に展開する使い方ができるのが、非常に優秀ですね。

 

 

 

➡メガリス・ファレグ

f:id:riockdododoto:20191006221126p:plain



メガリス・ファレグ

星8/地属性/岩石族/攻2500/守1200

「メガリス」カードにより降臨。 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードを手札から捨てて発動できる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、 自分の墓地の儀式モンスターの数×300アップする。

 

 
カンタン補足情報

『メガリス・ファレグ』の固有効果は、モンスターのステータス上昇効果です。

自身のみならず、自分フィールドのモンスター全てに適応されるのがGOOD!

 

ほかの上級のメガリスとは異なり、3000打点も出しやすいので、メガリスのメインアタッカーになる上級メガリス儀式モンスターです。

 

 

➡メガリス・アラトロン

f:id:riockdododoto:20191006221138p:plain

メガリス・アラトロン

星8/地属性/岩石族/攻2000/守3000

「メガリス」カードにより降臨。 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分・相手のメインフェイズに、このカードを手札から捨てて発動できる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。 自分の墓地から儀式モンスター1体を選んでデッキの一番下に戻し、 その発動を無効にし破壊する。

 
カンタン補足情報

『メガリス・アラトロン』は、守備力3000を持つ硬い奴です。

固有効果としては、対象を取るカードの発動を無効にして破壊することができる効果を持っています。

墓地の儀式をデッキ下に戻す必要がありますので、戻す儀式モンスターは、可能な限り、蘇生 or サルベージを優先するモンスターは避けたいところです。

 

また、『メガリス・オク』と同じく、相手ターンに儀式を行えるトリガーとなる上級メガリス儀式モンスターです。

 

➡メガリス・ベトール

f:id:riockdododoto:20191006221353p:plain

メガリス・べトール

星8/地属性/岩石族/攻1500/守2600

「メガリス」カードにより降臨。 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードを手札から捨てて発動できる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

(2):このカードが儀式召喚に成功した場合自分の墓地の儀式モンスターの種類の数まで相手フィールドのカードを対象として発動できる。 そのカードを破壊する

 
カンタン補足情報

『メガリス・べトール』に関しては、儀式召喚成功時の除去になります。

墓地の儀式モンスターの数を参照するため、複数枚を一気に破壊できる優秀な奴でもあります。

 

ステータスとしては、正直半端ではありますが、『メガリス・オク』『メガリス・アラトロン』の2種の相手ターンでの儀式召喚を組み合わせることで、相手の展開の妨害も行うことができます。

 

 
 

➡メガリス・ポータル

f:id:riockdododoto:20191006222114p:plain

メガリス・ポータル(フィールド魔法)

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):儀式召喚したモンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。

(2):「メガリス」モンスターが特殊召喚された場合自分の墓地の儀式モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。

 
カンタン補足情報

『メガリス・ポータル』は、メガリスの特殊召喚をトリガーとして、墓地の儀式モンスターをサルベージできるカードです。

 

優秀なのはメガリスの特殊召喚なので、儀式召喚でなくともよいという点、そして、儀式モンスターは、メガリスでなくともよい点の2つですね。

 

フィールド魔法なので、場に残すことができれば、消費の激しい儀式召喚を最小限にとどめることができるかも・・・?

 

 
 

➡メガリス・プロモーション

f:id:riockdododoto:20191006222143p:plain

メガリス・プロモーション(永続罠)

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターのレベルをターン終了時まで元々のレベルの倍にする。

 
カンタン補足情報

『メガリス・プロモーション』は☆4モンスターのレベル変動を行うことのできるカードです。

 

儀式召喚に直接は関係のないカードですが、『聖刻龍-ドラゴンヌート』などと組み合わせて使うことで、即座にランク8につなげることができるなど、面白いことができそうなカードの1枚でもあります。

 

 

➡メガリス・エマージョン

f:id:riockdododoto:20191006222223p:plain

メガリス・エマージョン(永続罠)

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の墓地の「メガリス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、 フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

 
カンタン補足情報

『メガリス・エマージョン』は、既に儀式召喚に成功したメガリスであれば、上級下級問わず特殊召喚できます。

永続罠なので、蘇生を繰り返せるのは非常に強力なのですが、デッキに戻るデメリット効果があるため、上級のメガリスとは相性はあまりよろしくなかったり・・・。

 

基本的には、☆4のメガリス儀式モンスターを蘇生させるのが無難でしょう。

 

 
 

■メガリスデッキに使えるサポートカードを紹介!!  

➡汎用儀式サポート

 
採用候補に挙げる理由

しいて言う必要もないでしょう。『マンジュ・ゴッド』『センジュ・ゴッド』などの儀式デッキではおなじみのカードたちは、デッキの安定性のためにも採用候補からは外せません。

 
 

➡御影志士

 
採用候補に挙げる理由

【メガリス】は、岩石族の儀式テーマです。

また、☆4、☆8のテーマでもあり、『メガリス・エマージョン』での蘇生手段もあるため、ランク4を出すタイミング結構あったりします。

 

エクシーズ召喚は『メガリス・エマージョン』のデメリット回避手段にもなるため、1枚は入れておきたいエクシーズモンスターですね。

 

 

➡特定の儀式魔法

 
採用候補に挙げる理由

『高等儀式術』『魔神儀の祝誕』などの儀式モンスターを選ばない儀式魔法であれば、【メガリス】でも使用できます。

 

儀式魔法に合わせて、構築もやや変える必要はあるでしょう。

 
 

➡魔神儀(デビリチュアル)

 
採用候補に挙げる理由

メガリスには儀式魔法がないので、それに合わせたパーツの出張になりますが、儀式サポートとして、やはり【魔神儀】の採用候補になります。

先ほど触れた『魔神儀の祝誕』なども合わせた採用を考えても良いでしょう。

 

また、魔神儀は、悪魔族なので、『ダークコーリング』『ダークガイア』といったサブウェポンを用意するのも面白いですね。

 
 

➡ジェムナイト

 
採用候補に挙げる理由

メガリスと同じく岩石族である【ジェムナイト】を出張させるのもアリですね。

『ジェムナイト・ジルコニア』の存在や展開補助の役目をジェムナイトに押し付けてやればよいでしょう。

 

『ブロック・ドラゴン』などを共有できるのもGOODです。

 
 

➡聖刻龍

 
採用候補に挙げる理由

メガリスが☆4・☆8を軸にするテーマなので、同様に☆4・☆8の聖刻モンスターをの採用を検討するのもありでしょう。

 

『リリースされると通常モンスターを特殊召喚する効果』に加え、先に触れた『聖刻龍ードラゴンヌート』+『メガリス・プロモーション』のコンボなど、なかなか面白い動きができそうな組み合わせです。

 
 
その他のメガリスの採用候補カード
 
 

まとめ

➡儀式でフルモンが組める時代が・・・!!

 

 

今回は、新たな儀式テーマ【メガリス】デッキについてお話させていただきました。

 

なかなか革新的な儀式テーマで、単純に面白いと思ったのが正直な私の感想です。

儀式魔法がない儀式テーマが来るとは・・・。

 

 

岩石の強化が来ると思いきや、岩石の強化ではなく、岩石族の儀式テーマだったというのにも驚かされましたが・・・。

 

 

・・・いつになれば、【トラミッド】の強化が来るんでしょうか・・・??

 
 
 
それでは、今回はこの辺で・・・
 
ではでは!!

 

 

 

 
 
遊戯王新商品紹介
その他の管理人おすすめ商品