【遊戯王】師弟の連携技を篤とご覧あれ!! レジェンドデュエリスト編6の収録カードに迫る! ~ブラック・マジシャン編~【新弾情報】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回のお話は・・・。

 

 

【デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6 ~ブラック・マジシャン編~ 】

 

 


こちらについてになります。

 

 

【デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6】は、2019年11月9日、本日発売となったエントリーパックに当たる商品です。

 

今回でレジェンドデュエリスト編第6弾となり、定番化された商品ですが、今回収録される内容は、『ブラック・マジシャン』『E・HERO』『シンクロン&ウォリアー』『ガガガ&ドドド&ゴゴゴ&ズババ』『EM&魔術師&オッドアイズ』という歴代のアニメ遊戯王作品の主人公が使ったテーマの強化となっています。

 

 

・・・HEROって毎年強化来てねーか?と思うのは俺だけか・・・?

 

 

 

まぁ・・・それは置いておいて・・・。

 

 

その中でも、今回は【ブラック・マジシャン】関連の新規カードについて触れていこうと思います。ブラック・マジシャンデッキにどのようなカードが追加されるようになったのか・・・。

 

では、今回収録された新規ブラック・マジシャン関連カード、そして再録カード、また、現状OCG化されてるカードのおすすめカードについても触れようと思います。

 

 

 

 

 

■レジェンドデュエリスト6のブラック・マジシャン関連新規カードについて

➡マジシャンズ・ソウルズ

マジシャンズ・ソウルズ

星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが手札にある場合、 デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、 以下の効果から1つを選択して発動できる。

●このカードを特殊召喚する。

このカードを墓地へ送る。 その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または 「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。

(2):自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。 墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。

 
カンタン補足情報

手札からの効果によって特殊召喚、墓地蘇生効果を発動でき、召喚権を駆使する必要のないのも大きなポイント。

 

2つ目の効果は、新規のブラック・マジシャン関連魔法カード、及び『マジシャンズ・ナビゲート』などの墓地効果を持つカード墓地へ送りつつ、ドローに変換できるので、今いらないカードの入れ替え、デッキを回転させることができ、非常に優秀です。

 

このカードに関しては、【ブラック・マジシャン】以外のデッキ、例えば【レベル1デッキ】【ウィッチクラフト】などとの組み合わせもできそうですね。

 

 

➡超魔導師-ブラック・マジシャンズ

超魔導師-ブラック・マジシャンズ(融合)

星8/闇属性/魔法使い族/攻2800/守2300

「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」+魔法使い族モンスター

(1):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した場合に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのドローしたカードが魔法・罠カードだった場合自分フィールドにセットできる速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。

(2):このカードが破壊された場合に発動できる。 「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を1体ずつ 自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。

 
カンタン補足情報

【ブラック・マジシャン】デッキ『ブラック・マジシャン・ガール』を入れる意味が、正直今まで薄かったと思いますが、今回のサポートで共存に意味が出てきました。『超魔導師-ブラック・マジシャンズ』もその1枚ですね。

 

魔法、罠カードが発動すれば1ドロー+即発動可能となる効果があるため、『黒の魔導陣』などを活用して、相手ターン中の妨害を狙いたいところ。

 

破壊された後、『ブラック・マジシャン』『ブラック・マジシャン・ガール』の2枚を手札、デッキ、墓地から特殊召喚でき、無駄がない。ただ、場から離れた場合ではないので、墓地送りやバウンス、除外には注意が必要です。

 

 

➡魂のしもべ

魂のしもべ(速攻)

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の手札・デッキ・墓地から、 「魂のしもべ」以外の「ブラック・マジシャン」のカード名または 「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記されたカード、 「ブラック・マジシャン」の内、いずれか1枚を選んでデッキの一番上に置く

(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。 お互いのフィールド・墓地の、「守護神官」モンスター、「ブラック・マジシャン」、 「ブラック・マジシャン・ガール」の種類の数だけ自分はデッキからドローする。

 
カンタン補足情報

デッキトップ操作も使いどころによっては強力ですが、注目すべきは『魂のしもべ』の2つ目の効果でしょう。

 

墓地から除外するとお互いの場、墓地の『ブラック・マジシャン』『ブラック・マジシャン・ガール』『守護神官』の種類の数までドローできます。

 

やっとこさ『守護神官』とのちゃんとしたつながりもできましたね。また、「お互いの」と書かれているところも個人的にはGOOD! 遊戯 VS パンドラ 戦を思い出します。

 

 

➡黒魔術の秘儀

黒魔術の秘儀(速攻)

(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。

融合モンスターカードによって決められた、 「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」を含む融合素材モンスターを 自分の手札・フィールドから墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」を含む 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

 
カンタン補足情報

『黒魔術の秘儀』は、融合、儀式共に使いづらかったのを解消してくれた1枚となったカードですね。

 

特に1つ目の融合効果に関しては、素材さえ支払えば、融合の範囲を広めることができるため、例を挙げるとすれば、【シャドール】を混ぜて『エルシャドール・ミドラーシュ』を出す流れをしたりなど、通常のブラックマジシャンデッキにとらわれない構築の幅を広げてくれるカードともいえるでしょう。

 

➡マジシャンズ・コンビネーション

マジシャンズ・コンビネーション(永続)

(1):1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時自分フィールドの、「ブラック・マジシャン」または 「ブラック・マジシャン・ガール」1体をリリースして発動できる。 リリースしたモンスターとはカード名が異なる 「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を、 自分の手札・墓地から選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする

(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 
カンタン補足情報

こちらも『ブラック・マジシャン・ガール』の存在が重要になるカードです。というよりも、ないと話にならないカードですね・・・。

 

効果としては、場に『ブラック・マジシャン』or『ブラック・マジシャン・ガール』をリリースし、手札 or 墓地のリリースしていない種類(ブラック・マジシャンorブラック・マジシャン・ガール)を特殊召喚。つまりは入れ替えることで、モンスター効果、魔法、罠の発動を無効にできます。強力ですね。

 

ただ、2体のセットがそろっていないと使えず、また、無効にし破壊するわけではないため、破壊ができないという2点はポイントとなるところでしょう。

 

ただ、相手側にとっては、墓地へ送ってしまうと破壊する効果があるので、嫌なカードなのは間違いないですね。

 

 

既存のブラック・マジシャン関連カードたち
 
 

レジェンドデュエリスト6のブラック・マジシャン関連注目の再録カードについて

➡幻想の見習い魔導師

幻想の見習い魔導師

星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700

(1):このカードは手札を1枚捨てて、手札から特殊召喚できる。

(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。

(3):このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、 手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。

 
カンタン補足情報

『ブラック・マジシャン』のサーチ効果、闇・魔法族モンスターのステータス上昇の効果は、非常に汎用性が高く、必須だったのですが、やっとこさ手に入りやすくなりましたね。

 

新規カードも手札に『ブラック・マジシャン』を持っているのが重要となる効果を持つカードも存在するため、相も変わらず必須級のカードといえるでしょう。。

 

➡マジシャンズ・ロッド

マジシャンズ・ロッド

星3/闇属性/魔法使い族/攻1600/守 100

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。 「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。

(2):このカードが墓地に存在する状態で、 自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合 自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。 このカードを手札に加える。

 
カンタン補足情報

『ブラック・マジシャン』の記述があるカードのサーチが行える強力なカードです。

 

自信を墓地から手札に戻す手段もあるので、こちらも相も変わらず必須となるカードの1枚といえるでしょう。

 

 

➡黒の魔導陣

黒の魔導陣(永続)

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上からカードを3枚確認する。 その中に、「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード または「ブラック・マジシャン」があった場合、 その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。 残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す。

(2):自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚された場合、 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。

 
カンタン補足情報

こちらの『黒の魔導陣』『マジシャンズ・ロッド』同様『ブラック・マジシャン』の記述があるカードを持ってくることのできるカードです。ただし、デッキの上から3枚の中の1枚なので、必ずしも持ってきたいカードが持ってこれるという保証はありません。

 

ただ、デッキトップ操作が行えるので、『超魔導師-ブラック・マジシャンズ』の効果を活かすのにも使えます。

 

また、『ブラック・マジシャン』が召喚、特殊召喚に成功すれば、相手のカードを破壊を介さず除外できる効果があるので、かなり重要なパーツの1つでもあります。

 

 
 
 
 

既存のブラックマジシャン関連カードのおすすめカード

 
 
 

まとめ

➡ブラック・マジシャン・ガールが活きる!これぞ師弟のなせる技!!

 

今回は、現状出ているデュエリストパックーレジェンドデュエリスト編6 の新規モンスター、再録カードについて触れさせていただきました。

 

正直今まで、【ブラック・マジシャン】デッキで『ブラック・マジシャン・ガール』が活躍する姿ってほぼほぼ見たことがなかったんですよね・・・。

(儀式一気に落として、打点頭おかしいくらいあげるデッキぐらいしか・・・)

 

それが、今回、正式なサポートとして使えるようになったように感じてうれしく思っていますし、著しい強化を遂げてくれると期待しています。

 

 

皆さんも眠らせていた『ブラック・マジシャン・ガール』の力を解き放ちましょう!!

 

 

 
 
 
それでは、今回はこの辺で・・・
 
ではでは!!

 

 

 

 

 

 

 

 
遊戯王新商品紹介
 
その他の管理人おすすめ商品