【遊戯王】新たな戦いへ導くニューカマー! レジェンドデュエリスト編6の収録カードに迫る! ~E・HERO編~【新弾情報】

どうも! ゆら。です。
 

 

今回のお話は・・・。

 

 

【デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6 ~E・HERO編~ 】

 

 


こちらについてになります。

 

 

【デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6】は、2019年11月9日、本日発売となったエントリーパックに当たる商品です。

 

今回でレジェンドデュエリスト編第6弾となり、定番化された商品ですが、今回収録される内容は、『ブラック・マジシャン』『E・HERO』『シンクロン&ウォリアー』『ガガガ&ドドド&ゴゴゴ&ズババ』『EM&魔術師&オッドアイズ』という歴代のアニメ遊戯王作品の主人公が使ったテーマの強化となっています。

 

 

 

その中でも、今回は【E・HERO】関連の新規カードについて触れていこうと思います。HEROデッキの強化はここ最近非常に多いですが、さらなる強化としてE・HEROにどのようなカードが追加されるようになったのでしょう・・・。

 

では、今回収録された新規E・HERO関連カード、そして再録カード、また、現状OCG化されてる関連のおすすめカードについても触れようと思います。

 

 

 

 

 

■レジェンドデュエリスト6のE・HERO関連新規カードについて

➡E・HERO リキッドマン

E・HERO リキッドマン

星4/水属性/戦士族/攻1400/守1300

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):このカードが召喚に成功した時、 「E・HERO リキッドマン」以外の自分の墓地の レベル4以下の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

(2):このカードが「HERO」融合モンスターの融合召喚の素材になり、 墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。 自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。

 
カンタン補足情報

『E・HERO リキッドマン』は、『E・HERO ソリッドマン』の墓地蘇生版ととらえるとわかりやすいかと思います。

 

融合主軸のHEROデッキでは、2つ目のドロー効果を活かしやすいですね。『融合』は勿論、『ミラクルフュージョン』にも対応しているのがGOOD!!

 

属性も水属性ということで、『E・HERO アブソルートZero』につなげることができるのもあってポイント高めです!

 

 

➡E・HERO サンライザー

E・HERO サンライザー(融合)

星7/光属性/戦士族/攻2500/守1200

属性が異なる「HERO」モンスター×2

このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。 このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ミラクル・フュージョン」1枚を手札に加える。

(2):自分フィールドのモンスターの攻撃力は、 自分フィールドのモンスターの属性の種類×200アップする。

(3):このカード以外の自分の「HERO」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

 
カンタン補足情報

『E・HERO サンライザー』は、無駄のない3つの効果を持っています。

 

まずは、『ミラクル・フュージョン』のサーチ特殊召喚するだけでサーチできるため、連続融合がお手軽に・・・!! 融合でしか特殊召喚できない制約があるモノの、ルール無視での特殊召喚でも効果は使用できます。

 

2つ目はシンプルなステータスアップ。

 

3つ目は、自身以外のHEROモンスターの攻撃宣言時に発動するフィールドのカードの除去効果です。ポイントは、E・HEROに縛られないところ。ここ最近、HEROの種類も増えてますが、どのHEROであっても対応できるのはGOODですね。また、破壊の対象はフィールドとしか書いていないため、自身の場のカードも破壊できるところ。破壊をトリガーとするカードと組み合わせるのも面白いかも?

 

 

➡ジェネレーション・ネクスト

ジェネレーション・ネクスト(速攻)

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分のLPが相手より少ない場合に発動できる。 お互いのLPの差の数値以下の攻撃力を持つ、 「E・HERO」モンスター、「クリボー」モンスター、「N(ネオスペーシアン)」モンスターの内、 いずれか1体を自分のデッキ・墓地から選び、手札に加えるか特殊召喚する。

このターン、自分はそのカード及びその同名カードの効果の発動ができない。

 
カンタン補足情報

『ジェネレーション・ネクスト』は、ライフポイント次第となるので、やや使いづらはありますが、【HERO】【ネオスぺーシアン】【クリボー】と幅広いテーマのカードに触ることのできるカードなので、そういう意味での評価は高いです。

 

準制限の『ヒーローアライブ』を使うことができれば、ライフ差を簡単に広げられるので、組み合わせたいところ。

 

 

➡フェイバリット・ヒーロー

フェイバリット・ヒーロー(装備)

レベル5以上の「HERO」モンスターにのみ装備可能。 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分のフィールドゾーンにカードが存在する場合、 装備モンスターは、攻撃力が元々の守備分アップし、相手の効果の対象にならない。

(2):自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。 自分の手札・デッキからフィールド魔法カード1枚を選んで発動する。

(3):装備モンスターの攻撃で相手モンスターを破壊した時このカードを墓地へ送って発動できる。 その攻撃モンスターはもう1度だけ続けて攻撃できる。

 
カンタン補足情報

『フェイバリット・ヒーロー』は、なかなかロマンの詰まったカードですね。

 

打点が守備力分上昇し、相手の効果の対象の取れなくなる効果戦闘破壊した後このカードを墓地に送ることで連続攻撃が可能になる効果などがあります。

 

特に注目したいのは、2つ目のフィールド魔法を発動する効果。各HEROテーマには、相性の良いフィールド魔法が登場しているので、中心としているテーマに合うフィールド魔法を用意するとよいでしょう。勿論、発動できるフィールド魔法に制限はないので、フィールド魔法を用意するギミックの1つとして取り入れるのもワンチャン・・・!?

 

➡マジスタリー・アルケミスト

マジスタリー・アルケミスト(通常)

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 「HERO」モンスター4体を除外し、自分の墓地の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。

「地」「水」「炎」「風」の全ての属性を除外して発動した場合には、 この効果で特殊召喚したモンスターの元々の攻撃力は倍になり、 相手フィールドの全ての表側表示のカードの効果は無効化される。

 
カンタン補足情報

『マジスタリー・アルケミスト』は、「融合召喚でしか特殊召喚できない」などのテキストをはじめとした制約の影響によって特殊召喚できないHEROモンスターの蘇生手段となる罠カードです。

 

炎、水、風、地という4つの属性を除外すれば、対象モンスターの打点が倍になり、なおかつ相手の表側のカードをすべて無効化できるという追加効果もついています。一応、カードイラストに登場している『E・HERO エリクシーラー』を使用すれば、すべての属性を満たすことができます。

 

正直、墓地融合以上にコストが重いため、かなり凝った構築での採用となりそうです。

 

 

HEROデッキ関連カードたち
 

レジェンドデュエリスト6のE・HERO関連注目の再録カードについて

➡E・HERO オネスティ・ネオス

E・HERO オネスティ・ネオス

星7/光属性/戦士族/攻2500/守2000

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、 相手ターンでも発動できる。

(1):このカードを手札から捨て、フィールドの「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで2500アップする。

(2):手札から「HERO」モンスター1体を捨てて発動できる。 このカードの攻撃力はターン終了時まで、捨てたモンスターの攻撃力分アップする。

 
カンタン補足情報

『E・HERO オネスティ・ネオス』は、『E・HERO エアーマン』『Eーエマージェンシーコール』などで持ってくることができる簡単HERO強化カードです。

 

名称通り『オネスト』と類似した使い方ができ、大型打点のモンスター処理に役立ちます。やっとこさ再録されて、嬉しい人も多いのでは・・・?

 

➡N・アクア・ドルフィン

N・アクア・ドルフィン

星3/水属性/戦士族/攻 600/守 800

(1):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。 相手の手札を確認し、その中からモンスター1体を選ぶ。 選んだモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つモンスターが自分フィールドに存在する場合、 選んだモンスターを破壊し、相手に500ダメージを与える。 存在しない場合、自分は500ダメージを受ける。

 
カンタン補足情報

「キモイルカ」の愛称で親しまれている『N・アクア・ドルフィン』ですが、いきなり需要が上がってきたカードで、少し前まで高額で取引されていたカードでもあります。

 

『聖騎士の追想イゾルデ』『ネオスペース・コネクター』で特殊召喚することができるカードで、効果も手札誘発が当たり前になってる環境ですので、実践レベルで採用検討できるほどに、一気に需要を伸ばしたカードです。

 

 
 

➡ミラクル・フュージョン

ミラクル・フュージョン

(1):自分のフィールド・墓地から、 「E・HERO」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 
カンタン補足情報

『ミラクル・フュージョン』は、墓地融合といえば、このカードをあげる人が多いのではないでしょうか?

 

エクシーズ環境初期の時までは、採用率は高めのカードでしたが、墓地利用を主体にするように切り替わってからは、採用率が激減しましたが、やはり、簡単に融合モンスターを出すことができるカードなので、カード自体の評価は、相変わらず高いです。

 

今回登場した『E・HERO サンライザー』の登場で、サーチが可能になったのもあり、手元になかった方は嬉しい再録となったのではないでしょうか?。

 

 
 
 

既存のE・HERO関連カードのおすすめカード

➡E・HERO エアーマン

E・HERO エアーマン

星4/風属性/戦士族/攻1800/守 300

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、 以下の効果から1つを選択して発動できる。

●このカード以外の自分フィールドの「HERO」モンスターの数まで、 フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。

デッキから「HERO」モンスター1体を手札に加える。

 
カンタン補足情報

『E・HERO エアーマン』なしでHEROデッキは語れませんね。

 

長い間、制限カードに指定されていましたが、現在は無制限になってしまいました。同名問題なくサーチできる範囲の広さ、対象を取らない魔法、罠除去効果と無駄のない効果を持っています。

 

 

➡E・HERO シャドー・ミスト

E・HERO シャドー・ミスト

星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1500

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「チェンジ」速攻魔法カード1枚を手札に加える

(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「E・HERO シャドー・ミスト」以外の「HERO」モンスター1体を手札に加える。

 
カンタン補足情報

『E・HERO シャドー・ミスト』は、【M・HERO】の時代を作ったカードの1枚といっても過言ではないでしょう。特殊召喚後、『マスク・チェンジ』を持ってきて、セット。次のターンに発動し、墓地へ送られた際のサーチ効果を使うムーヴが強力でした。

 

相変わらず強力なカードですが、現在は準制限まで緩和されています。これもHEROデッキの中心カードの1枚ですね。

 

 

➡V・HERO ファリス

V・HERO ファリス

星5/闇属性/戦士族/攻1600/守1800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札からこのカード以外の「HERO」モンスター1体を捨てて発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「V・HERO ファリス」以外の「V・HERO」モンスター1体を選び、 永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「HERO」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 
カンタン補足情報

『V・HERO ファリス』は、現在の新たなHEROデッキの初動で注目されているHEROモンスターです。自身の効果で特殊召喚し、『V・HERO インクリース』を場に置き、効果で特殊召喚。『V・HERO ヴァイオン』『V・HERO インクリース』の効果で呼び展開していく流れが基本ムーヴですね。

 

HEROしか出せなくなるデメリット効果がありますが、現在のHEROデッキの構築はほかの戦士族モンスターを採用する必要性もなくなっているため、基本展開には全く差し支えることはないでしょう。

 

 
 
 

まとめ

➡新たなHEROがさらなる刺激ある戦いを!!

 

今回は、現状出ているデュエリストパックーレジェンドデュエリスト編6 の【E・HERO】の新規モンスター、再録カードについて触れさせていただきました。

 

 

HEROデッキは、強化され続け、規制も緩和され続け、かなり追い風を受けているテーマで、さらなる強化のフラゲも出ていますよね。

 

ぶっちゃけ、フリーで対戦すると、やっぱり相変わらず強いなと思わせてくるデッキですし、構築の幅も広く、テーマとしての自由度の高さがあって、いいテーマだなと毎度思わせてくれます。

 

新たなHEROを加え、さらなる刺激のある戦いを体感してみませんか??

 

 

 

 
 
 
それでは、今回はこの辺で・・・
 
ではでは!!

 

 

 

 

 

 

 

 
遊戯王新商品紹介
 
その他の管理人おすすめ商品