【遊戯王】かっとビングだぜ!! レジェンドデュエリスト編6の収録カードに迫る! ~ガガガ&ドドド&ゴゴゴ&ズババ編~【新弾情報】

どうも! ゆら。です。
 

今回のお話は・・・。

 

 

【デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6 ~ガガガ&ドドド&ゴゴゴ&ズババー編~ 】

 

 


こちらについてになります。

 

 

【デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6】は、2019年11月9日、本日発売となったエントリーパックに当たる商品です。

 

今回でレジェンドデュエリスト編第6弾となり、定番化された商品ですが、今回収録される内容は、『ブラック・マジシャン』『E・HERO』『シンクロン&ウォリアー』『ガガガ&ドドド&ゴゴゴ&ズババ』『EM&魔術師&オッドアイズ』という歴代のアニメ遊戯王作品の主人公が使ったテーマの強化となっています。

 

 

今回はガガガ&ドドド&ゴゴゴ&ズババ編ということで、関連テーマの新規カードについて触れていこうと思います。【ガガガ】に関しては、このあたりの中心テーマでもあるので、漫画版を含め、ある程度の強化があったと思いますが、それ以外は久しぶりなのかな・・・?

 

では、今回収録された新規ガガガ&ドドド&ゴゴゴ&ズババ関連カード、そして再録カード、また、現状OCG化されてる関連のおすすめカードについても触れようと思います。

 

 

 

 

 

■レジェンドデュエリスト6のガガガ&ドドド&ゴゴゴ&ズババ関連新規カードについて

➡ズバババンチョー-GC

ズバババンチョー-GC

星4/地属性/戦士族/攻1800/守 100

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが手札に存在し、 自分フィールドに「ズバババンチョー-GC」以外の、 「ズババ」モンスターまたは「ガガガ」モンスターが存在する場合に発動できる。 このカードを特殊召喚する。

(2):自分の墓地の、「ゴゴゴ」モンスターまたは「ドドド」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 
カンタン補足情報

『ズバババンチョー-GC』は、手札からの特殊召喚効果、墓地から指定されたテーマのモンスターを蘇生する効果を持っています。

手札からの特殊召喚は、場に「ズババ」or「ガガガ」が存在する必要があり手札で発動するチェーンに乗る効果での特殊召喚です。

墓地から特殊召喚する指定テーマは、「ゴゴゴ」or「ドドド」の2種類となっており、この墓地からモンスターを蘇生させる効果後は、EXデッキから出せるモンスターがエクシーズモンスターに限定されます。

 

名称に【ズババ】【ガガガ】が記述されているので、2つのテーマのサポートを共有できるのは、GOODですね!2つの効果を活用しようとすると、複数テーマを合わせた構築をすることになるでしょう。

 

 

➡ドドドドワーフ-GG

ドドドドワーフ-GG

星4/地属性/岩石族/攻 0/守1800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分メインフェイズに発動できる。 手札から「ズババ」モンスターまたは「ガガガ」モンスター1体を特殊召喚する。

(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ドドドドワーフ-GG」以外の、 「ゴゴゴ」モンスターまたは「ドドド」モンスターが存在する場合に発動できる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 
カンタン補足情報

『ドドドドワーフ-GG』は、『ズバババンチョー-GC』と類似した2つの効果を持っています。

 

1つ目の効果は、手札の「ズババ」or「ガガガ」の特殊召喚ができます。こちらも場にモンスターを並べやすくなる効果なので、優秀ですね。

 

また、2つ目の効果は、自己蘇生できる効果になります。『ドドドドワーフ-GG』以外の「ゴゴゴ」or「ドドド」が場にいる時のみ特殊召喚でき、場を離れた場合、除外されるという効果になっています。

 

エクシーズ期にガッツリデュエルしている方はご存知でしょうが、エクシーズ素材に使えば、その除外されるデメリットも消えるので、うまく展開に活用したいところ。

 

 

➡ガガガガマジシャン

ガガガガマジシャン(エクシーズ)

ランク4/闇属性/魔法使い族/攻2000/守2000

レベル4モンスター×2

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのX素材を1つ取り除き、 「ガガガガマジシャン」以外の自分の墓地のXモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。

(2):このカードを素材として持っている「未来皇ホープ」Xモンスターは以下の効果を得る。

●このカードのX素材を2つ取り除き自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。 ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は4000になり、効果は無効化される。

 
カンタン補足情報

『ガガガガマジシャン』は、固有効果として、墓地のエクシーズモンスターを効果を無効にして特殊召喚する効果を持ちます。墓地へ送られると効果が起動するモンスターや『No.30 破滅のアシッド・ゴーレム』『No.85 クレイジー・ボックス』のようなデメリット効果のあるモンスターをアタッカー運用するのにもおすすめできる効果といえるでしょう。

 

また、『ガガガガマジシャン』には、【未来皇ホープ】エクシーズモンスターの素材になった場合の付与効果も存在します。素材を2つ外すことで、自分の場のエクシーズモンスターの攻撃力を4000まで引き上げ、効果を無効化します。現在3種類存在する【未来皇ホープ】(未来龍皇はフラゲ情報ですが・・・)の効果を活かしつつ、ほかのエクシーズモンスターをフィニッシャ運用することができる効果です。少し手間がかかる効果ではあるからこそ、使いこなしてみたいカードの1枚ですね。

 

➡オノマト選択

オノマト選択(永続)

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、 デッキから「オノマト選択」以外の「オノマト」カード1枚を手札に加える事ができる。

(2):自分フィールドの「ズババ」、「ガガガ」、「ゴゴゴ」、「ドドド」モンスターの内、 いずれか1体を対象として発動できる。 自分フィールドの全てのモンスターのレベルは ターン終了時まで対象のモンスターと同じレベルになる。

 
カンタン補足情報

『オノマト選択』は、かなり優秀な2つの効果を持ちます。

 

1つ目は、待ちに待った『オノマト』カードのサーチ効果です。モンスターである必要もなく、実質6枚体制で『オノマト連携』を持ってくることができるようになりました。後ほど紹介する『希望皇オノマトピア』もサーチ対象になるので、文句なしです。

 

2つ目は、レベル調整効果。どのテーマもそうですが、一部レベルが合わないモンスターがテーマ内に存在するのもあり、エクシーズ召喚できないモヤモヤを払拭してくれる効果となっています。特にエクシーズ召喚に縛られた場合に欲しかった効果ですね。複数体素材が必要なエクシーズの補助にもなりますし、地味ですが有り難い効果です。

 

➡フューチャー・ドライブ

フューチャー・ドライブ(速攻)

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分フィールドの「未来皇ホープ」Xモンスター1体を対象として発動できる。 このターン、その自分のモンスターに以下の効果を適用する。

●そのモンスターは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。

●そのモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップの間、 その相手モンスターの効果は無効化される。

●そのモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊する度に、 その破壊されたモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 
カンタン補足情報

『フューチャー・ドライブ』は、ガガガ系のテーマではなく、未来皇ホープ関連エクシーズのサポートカードとなる効果を持っています。

 

必須級の効果ではありませんが、盤面をひっくり返せる強力な3つの効果を持ちます。1つ目は複数回攻撃(すべてのモンスターへの攻撃)、2つ目が攻撃対象のモンスター効果を無効化する効果、3つ目は破壊したモンスターの攻撃力分のバーン効果。

 

扱う【未来皇ホープ】の種類によって、このカードと自身の効果を組み合わせて有効な戦術を考えると良いでしょう。

 

 

ガガガ&ドドド&ゴゴゴ&ズババ編関連カードたち
 

レジェンドデュエリスト6のガガガ&ドドド&ゴゴゴ&ズババ関連注目の再録カードについて

➡オノマト連携

オノマト連携

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):手札を1枚墓地へ送って発動できる。 デッキから以下のモンスターの内1体ずつ、合計2体までを手札に加える。

●「ズババ」モンスター

●「ガガガ」モンスター

●「ゴゴゴ」モンスター

●「ドドド」モンスター

 
カンタン補足情報

『オノマト連携』は、合計2枚まで「ズババ」「ガガガ」「ゴゴゴ」「ドドド」モンスターのサーチを行うことができます。新規で登場した『ズバババンチョー-GC』『ドドドドワーフ-GG』もサーチ候補ですし、単純なエクシーズ展開は勿論、もう一展開につなげる選択肢につながる重要な1枚となっています。

 

必須パーツだったので、このタイミングでの再録は優秀でしたね!

 

既存のガガガ&ドドド&ゴゴゴ&ズババ関連カードのおすすめカード

➡ガガガシスター

ガガガシスター

星2/闇属性/魔法使い族/攻 200/守 800

このカードが召喚に成功した時デッキから「ガガガ」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる

また、このカード以外の自分フィールド上の 「ガガガ」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。 選択したモンスターとこのカードは、 エンドフェイズ時までそれぞれのレベルを合計したレベルになる。

「ガガガシスター」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 
カンタン補足情報

『ガガガシスター』は、ガガガ軸のエクシーズデッキでは必須級のカード。ガガガと名のついた魔法・罠での展開補助につなげられるのは勿論、ガガガを中心とした構築であれば、レベル調整の効果も役立ちます。

 

 

➡ガガガヘッド

ガガガヘッド

星6/闇属性/魔法使い族/攻2100/守2000

(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、 このカードはリリースなしでレベル4モンスターとして召喚できる。

(2):このカードが召喚に成功した時「ガガガヘッド」以外の自分の墓地の「ガガガ」モンスターを2体まで対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 このターン自分は「ガガガ」モンスターのみを素材としたX召喚以外の特殊召喚ができない。

(3):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。

●このX召喚に成功した場合に発動する。 自分はデッキから1枚ドローする。

 
カンタン補足情報

『ガガガヘッド』は、漫画版遊戯王ゼアルの付録カードとして登場したカードです。

 

ガガガデッキの展開要員として、なかなか優秀な効果を持ったカードですね。ただ、今回のような複数テーマを採用する軸では、2つ目のガガガモンスターのみのエクシーズしかできなくなるという効果が邪魔になりそうな気がします。

 

単体での評価は悪くないんですが・・・。

 

 

➡希望皇オノマトピア

希望皇オノマトピア

星4/光属性/戦士族/攻1500/守1500

このカード名はルール上「ズババ」、「ガガガ」、「ゴゴゴ」、「ドドド」カードとしても扱う。 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分メインフェイズに発動できる。 手札から「希望皇オノマトピア」以外の以下のモンスターをそれぞれ1体まで守備表示で特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

●「ズババ」モンスター

●「ガガガ」モンスター

●「ゴゴゴ」モンスター

●「ドドド」モンスター

 
カンタン補足情報

『希望皇オノマトピア』ルール上、ガガガ、ズババ、ゴゴゴ、ドドドのカードとしても扱われるため、今回のレジェンドデュエリスト編6での新規収録カードと非常に相性が良いです。ルール効果であり、「墓地や手札では」という場所指定もされていないので、非常に優秀ですね。

 

固有効果で、手札の「ズババ」or「ガガガ」or「ゴゴゴ」or「ドドド」モンスターの特殊召喚が行えるので、即座にエクシーズにつなげることが可能です。

 

先述でもありますが、新規の永続魔法『オノマト選択』でのサーチ先の選択肢の1つでもあるので、必須となるカードの1枚となるでしょう。

 

 
 
 

まとめ

➡あれ・・・?あのテーマどこ行った??

 

今回は、現状出ているデュエリストパックーレジェンドデュエリスト編6 の【ガガガ&ドドド&ゴゴゴ&ズババ】の新規モンスター、再録カードについて触れさせていただきました。

 

 
ガガガ、ズババ、ゴゴゴ、ドドドでしょ・・・?
 
なんか、主人公の遊馬が使ってたカードで同じような表記のやつがまだおったはずなんだけど、なんだっけ・・・・??
 
 
・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・
 
 
・・・・・・・・・!?!?!?
 
 
 
【アチャチャ】は・・・どこへ行ってしまったんや・・・。。。。
 
俺は応援しとるで・・・アチャチャ一同よ・・・・。
 
 
 
 
 
それでは、今回はこの辺で・・・
 
ではでは!!

 

 

 

 

 

 

 

 
遊戯王新商品紹介
 
その他の管理人おすすめ商品