無限泡影の高騰が止まらない!? 英世2枚目が必要に!?

どうも! ゆら。です。
 

 

 今回は、

 

カードの価格情報!

 

 

現在の遊戯王の環境で

ほとんどのデッキで採用されている

 

 

 

『無限泡影』

 

 

 

この罠カードの価格がぐんぐん上がって止まりません!!

 

 ※無限泡影が誤字で掲載されておりました。申し訳ございませんでした。 

 
 
 

■罠カード、無限泡影とは?


➡無限泡影ってどんなカード?

 

 

 
無限泡影

通常罠

自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。

(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。 セットされていたこのカードを発動した場合、

さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。

 
 通常罠で、
モンスター効果を無効化させるカードです。
 
そういう点では、
『ブレイクスルースキル』などと類似知った点がありますね。
 
 
大きく違うのは2点
 
1つは、
自分の場にカードがなければ、
手札から発動できます。
 
セットする必要があるのが罠カードのデメリットですが、
条件さえ満たせれば、即座に発動できる強みがあります。
 
 
相手ターンに手札誘発のような妨害に使用したり、
 
 
自分のターンに妨害モンスターの効果を封じることで
展開をスムーズにできるようにすることが可能です。
 
 
もう1つは、
セットして発動した場合
同じ縦列の魔法・罠効果を
追加で無効にできるという点です。
 
 
既に発動されている永続魔法・罠の効果を
一時的に止めることは容易ですね。
 
上手くいけば、
相手のドロー、サーチ、蘇生などの魔法罠が
同列で発動された場合
モンスター効果を止めつつ、
妨害もできちゃいます。
 
 
なので、
セットする場合は、
 
場所選びも入念に!!
 
 
 
 
 
 

■『積み』をなかったことに!?

 

➡相手の制圧をこじ開けよう!

 

 

 
虚無魔人

星6/闇属性/悪魔族/攻2400/守1200

このカードは特殊召喚できない。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 お互いにモンスターを特殊召喚できない。

 
 『虚無魔人』『クリスティア』などの特殊召喚を封じるカードや
その他『ダークロウ』などの制圧系モンスターの影響は、
デッキによっては積みまで行くこともあります。
 
 
そんな状況を一気にこじ開けることができるカードとしても
貢献度は高く、かなり注目され続けているカードですね。
 
 
最近では、
『超雷龍サンダードラゴン』あたりも
サーチさせてくれない打点もちという
なかなかの鬼畜っぷりを見せつけてきます。
 
勿論、
こちらに関しても
『無限泡影』で対応可能です!!
 
 
 
高価なカードですが、
是非、手元に持っておきたいですね。
 
 
 

➡【オルターガイスト】には3枚必須級!?

 

 

 
オルターガイスト・マルチフェイカー

星3/闇属性/魔法使い族/攻1200/守 800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分が罠カードを発動した場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「オルターガイスト・マルチフェイカー」以外の「オルターガイスト」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果を発動するターン、自分は「オルターガイスト」モンスターしか特殊召喚できない。

 
現在の遊戯王の環境の一角である
 
【オルターガイスト】
 
このデッキテーマには、
『オルターガイスト・マルチフェイカー』がいます。
 
このカードは、
罠カードに反応し、特殊召喚できるモンスター。
 
そして、
デッキから別のオルターガイストモンスターを呼び出せます。
 
通常の罠カードは伏せる必要があるため、
ラグがありますが、
 
高騰罠カード、『無限泡影』であれば、
手札からも発動できるため、
 
その後、
『オルターガイスト・マルチフェイカー』を呼び出す動きが取れます。
 
相手ターンスタートの場合であれば、
『無限泡影』の貢献度の高さは、
既に分かっていただけたかと思います。
 
【オルターガイスト】の場合であれば、おまけに
 
『オルターガイスト・マルチフェイカー』
『オルターガイスト・シルキタス』
 
を並べた盤面に構えることができるため、
相手ターンながら
初ターンから強力な妨害布陣を構えることが可能です。
 
 
他のデッキよりも
圧倒的なシナジーが生まれているので、
3枚入れる選択肢も
全然あり!!ということなのです。
 
 

 


■無限泡影の高騰情報について

 

➡無限泡影の現在の価格帯はいくら?

無限泡影-(SR)-

 

 
価格帯ですが、
1200円~1400円ほどで取り扱われていましたが、
現在は、どんどん高騰!!
1700円~2000円以上で取り扱われています。
とうとう、野口英世2枚目が必要になってきましたか。。。
 
正直、使いやすいですし、
文句の付け所もあまりないカードなので
納得の高騰ではあります。
 
ちなみにSEの価格は意外と伸びず、
4000円以下で抑えられている状態が続いています。
 
 
 
 

➡シングルが高い・・・。そんな時は!?

 
 
シングルが高ければ、
パック買って当てればいいじゃない!!
 
というわけで、
 
『フレイムオブディストラクション』
 
このパックを買って当てましょう!
 
実はこのパック、
アタリであるカードが多く、
そこまで大きな損失につながりにくいメリットがあります。
 
あほみたいな高額でなくとも
使いやすいカードも多いのもGOOD!
 
 
簡単にあげると
 
 
『屋敷わらし』 現在700~1000円
『イヴリース』 現在300~550円
『トゥリスバエナ』 300円
『トロイメアゴブリン』 300円~400円
『トロイメアユニコーン』 300円~400円
 
『雪花の光』 約100円
『太陽電池メン』 約50~100円
『墓穴の指名者』 約700円
『やぶ蛇』 500円~600円
『レッドリブート』 80円~150円
 
 
これだけでもパックを買う意味があるのではないでしょうか?
 
ショップでは取り扱いのない場所もあります。
 
ご購入はお早めに!!
 
 
 
 
 
 

■まとめ

今後も再録が来ない限りは、
 
この価格帯が維持されるかなとは思います。
 
 
それほど、
この『無限泡影』 という罠カードは、
盤面をひっくり返す突破口になるほどの
貢献度の高さを持っているカードなのです。
 
正直、
ここ2週間ほどで2000円を突破したテンポが登場し始めたので、
もう少し高騰するかなとも思っています。
 
こちらに関しても
ご購入はお早めに!!!
 
 
今回はこの辺で!
 
ではでは!!