第2の主人公、ソウルバーナーのデッキ『転生炎獣/サラマングレイト』をご紹介!

どうも! ゆら。です。
 
 
暑さの異常さのせいもあり
 
どうにかなっちゃいそうですね。。。
 
 
今回紹介するのは、
 
 
この夏
 
 
我々
 
 
遊戯王民の夏をさらにアツくする!
 
 
 
 
そう!!
 
 
 
 

 

 
松岡修造!!
 
 
 
 
・・・・ではなく!!
 
 
 
 
 
 

【転生炎獣/サラマングレイト】

 

今回は、

 

こちらを紹介していこうと思います。

 

 
 
 
 

■転生炎獣ってどんなテーマ?


➡アニメ出身テーマ、転生炎獣とは?

 

 
【転生炎獣】は、
 
アニメ【遊戯王VRAINS】にて登場する
 
2期から登場した
 
第2の主人公的ポジションのキャラクターの1人
 
「ソウルバーナー(穂村尊/CV:梶裕貴)」
 
 
彼が使用するデッキテーマになります。
 
ソウルバーナーと名前が物語るように
 
アツく燃え滾るような
 
炎属性、サイバース統一のデッキテーマ
 
になります。
 
 
現状では
 
正直な話、
 
OCG化カードもやや少なめというのもあり、
 
既存のサイバースカードの助力も必要となりますが、
 
面白い動きのできる
 
可能性を秘めているデッキテーマであるな
 
感じることができます。
 
 
 
アニメ【遊戯王VRAINS】出身なのもあり、
 
今後の強化が楽しみなテーマの1つですね。
 
 
特殊召喚効果もちが多いテーマとなっています。
 
 
細かいカードの紹介や動きは後ほど。
 
 
 
 
 

■転生炎獣カードに触れてみよう!

 

➡①転生炎獣効果モンスター4種に触れる!

 
 
 
転生炎獣ミーア

星2/炎属性/サイバース族/攻 800/守 600

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが通常のドロー以外の方法で手札に加わった場合、 このカードを相手に見せて発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。

(2):手札からこのカード以外の「サラマングレイト」カード1枚を捨てて発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。

 

 

ミーアの効果としては、

どちらも自身の特殊召喚ができるという効果になります。

 

サーチ、サルベージで手札に加われば

特殊召喚できるということなので、

『ROMクラウディア』『レディデバッガー』とも

かなり相性が良いです。

 

場から手札に戻っても

特殊召喚条件を満たすため、

『BF-精鋭のゼピュロス』『Aジェネクスバードマン』『ガベージコレクター』

などの場のモンスターを戻して特殊召喚するカードとも

相性は良いですね。

 

 

サーチができずとも、

②の効果でサラマングレイトを捨てての特殊召喚もできるので

かなり扱いやすい特殊召喚モンスターなのは

わかっていただけるかと思います。

 

サラマングレイトの下級モンスターは、

墓地効果が多いので、

その点を生かすのにも役立ちます。

 

 

 

 

 
転生炎獣フォクシー

星3/炎属性/サイバース族/攻1000/守1200

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。 自分のデッキの上からカードを3枚めくる。 その中から「サラマングレイト」カード1枚を選んで手札に加える事ができる 残りのカードはデッキに戻す。

(2):このカードが墓地に存在し、フィールドに表側表示の魔法・罠カードが存在する場合、 手札から「サラマングレイト」カード1枚を捨てて発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 その後、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

 

 疑似的なサーチ効果

そして魔法、罠の除去を兼ね備えた蘇生効果を持ちます。

 

①は先ほどの『ミーア』が加わればおいしいですね。

 

②の効果の破壊する魔法罠カードは

自身のカードでもよいので

破壊トリガーで発動するカードや

墓地効果を持つカードとも

相性はよさそうですね。

 

 

 

 

 
転生炎獣Jジャガー

星4/炎属性/サイバース族/攻1800/守1200

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、 その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

(2):このカードが墓地に存在し、 自分フィールドに「サラマングレイト」リンクモンスターが存在する場合、 「転生炎獣Jジャガー」以外の自分の墓地の「サラマングレイト」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこのカードを 自分の「サラマングレイト」リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

 

 貫通効果

【サラマングレイト】リンクモンスターのリンク先限定でかつ、

墓地に別の【サラマングレイト】モンスターがいれば

自身を蘇生できるという効果を持ちます。

 

かなり限定的ではありますが、

こちらも墓地からの蘇生効果ですね。

 

また、

 

下級の最大の基礎打点もちであるという点も

評価の対象となるかと思います。

 

 

 
転生炎獣ファルコ

星4/炎属性/サイバース族/攻1200/守1600

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):このカードが墓地へ送られた場合、 自分の墓地の「サラマングレイト」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを自分フィールドにセットする。

(2):このカードが墓地に存在する場合、 「転生炎獣ファルコ」以外の自分フィールドの 「サラマングレイト」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを持ち主の手札に戻し、このカードを墓地から特殊召喚する。

 
 ①の効果は墓地に送られた場合なので、
『ミーア』で捨てたり、
『おろかな埋葬』などで送ってあげてもいいでしょう。
 
『ミーア』の②の効果は、
サラマングレイトカードをコストにするということもあり、
魔法罠を落とす手段としても優秀です。
 
それをこの『ファルコ』で拾ってセット。
そういう流れもとれますね。
 
②は、『BF-精鋭のゼピュロス』の特殊召喚に近いですね。
 
こちらも『ミーア』と相性が良く、
手札に戻った『ミーア』が
①の効果で反応し、
再度特殊召喚されます。
 
ホントに『ミーア』優秀ですよね!!
 
 
 
 

➡転生炎獣儀式関連カード2種に触れる!

 
 
 
転生炎獣エメラルド・イーグル(儀式モンスター)

星8/炎属性/サイバース族/攻2800/守2000

「転生炎獣の降臨」により降臨。

(1):このカードが自分フィールドの「転生炎獣エメラルド・イーグル」を使用して儀式召喚に成功した時に発動できる。 相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

(2):1ターンに1度、自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体をリリースして発動できる。 このターン、このカードは以下の効果を得る。 ●このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。 その相手モンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 
 転生炎獣唯一の儀式モンスター。
 
儀式召喚成功時、
相手の特殊召喚モンスター全除去は普通に強い!
 
ターン1の効果もあり、
サラマングレイトリンクモンスターがいれば、
リリースすることで、
ダメステ開始時に、相手モンスターを問答無用に破壊。
 
そして打点分のダメージが入るという強力効果があります。
 
とはいえ、
コストの用意が必要なのがネックですね。
 
蘇生系も多く、
特殊召喚系が多いとはいえ、
現状、OCGカード化されたのは
『ヒートライオ』のみ。
 
 
今後の展開系、蘇生カード、
さらには低リンクのサラマングレイトの登場があれば、
安定して発動できそうですね。
 
※アニメではリンク2が登場済み
 
 
 
 
転生炎獣の降臨

儀式魔法 「サラマングレイト」儀式モンスターの降臨に必要。

(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から「サラマングレイト」儀式モンスター1体を儀式召喚する。 自分フィールドに炎属性リンクモンスターが存在する場合、 自分の墓地の「サラマングレイト」モンスターをリリースの代わりにデッキに戻す事ができる。

(2):このカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。 手札から「転生炎獣エメラルド・イーグル」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

①は通常の儀式説明は勿論、
炎属性リンクモンスターがいれば、
墓地のサラマングレイトモンスターで
代用可能です。
 
『ヒートライオ』は勿論、
『フレイムアドミニスター』なども採用しやすいですね。
 
②は相手の効果で破壊された場合の救済措置
『無効にして破壊する』系のカードに対して強く出ることができます。
 
ただし、
この場合で出た『エメラルドイーグル』は、
儀式召喚には当たらず、
蘇生制限も満たさないという点は注意が必要です。
 
 
あたりまえですが、
『フォクシー』で破壊しても
自身の効果で破壊したことになるので、
その辺の相性としては悪いですね。
 
 

転生炎獣リンクモンスターに触れる!

 
 
 
転生炎獣ヒートライオ(リンクモンスター)

リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300

【リンクマーカー:上/左下/右下】

炎属性の効果モンスター2体以上

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、 相手の魔法&罠ゾーンのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを持ち主のデッキに戻す。

(2):このカードが「転生炎獣ヒートライオ」を素材としてリンク召喚されている場合、 1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体と、 自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターの攻撃力は、ターン終了時まで対象の墓地のモンスターの攻撃力と同じになる。

 
現在出ている唯一のサラマングレイトリンクモンスター。
 
リンク召喚時の魔法罠のデッキバウンス、
 
そしてアニメ【遊戯王VRAINS】でお馴染みの
転生リンク召喚時の効果として、
場のモンスター1体を
自分の墓地のモンスターの打点にできる効果を持ちます。
 
 
自身の下級の打点上昇は勿論、
自身のフィールドと書かれていないため、
相手モンスターの打点を下げるということも可能。
 
悪くないモンスター効果ではありますが、
転生リンクする必要があったり、
このカードの基礎打点もやや低めなので、
むちゃくちゃ強い!とは言えないですね。
 
 
今後に期待! 
 
サラマングレイトリンクモンスター!!
 
 
 

➡転生炎獣魔法カード2種に触れる!

 
 
 
転生炎獣の聖域

フィールド魔法

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 自分が「サラマングレイト」リンクモンスターをリンク召喚する場合、 自分フィールドの同名の「サラマングレイト」リンクモンスター1体のみを素材としてリンク召喚できる。

(2):自分のモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に、 1000LPを払い、自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力を0にし、そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

 
 専用フィールド魔法。
 
いわゆる転生リンクを行うのに必要になります。
 
②の効果は、1000コストに回復効果を使うことができます。
まぁ、おまけ程度に思っておく程度でよいかと。
 
ライフ調整などにも一応使えますね。
 
 
 
 
転生炎獣の意志

永続魔法

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):自分メインフェイズに発動できる。 自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、 自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した自分フィールドの 「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターのリンクマーカーの数まで、 自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する。

 
 こちらは永続魔法。
 
モンスター自身が特殊召喚効果を多く持っていますが、
さらなる手助けをしてくれます。
 
ハンドor墓地からのサラマングレイトの特殊召喚
 
そして
 
このカードを持ちに送ることで、
転生リンクしたサラマングレイトリンクモンスターのリンクマーカー分、
手札、墓地からサラマングレイトモンスターを展開できます。
 
(転生リンクでなくとも、フォーマットスキッパーを使用しての
リンクという手段もあります)
 
このカードはなかなか良調整な展開系カード。
 
墓地効果持ちのカードしか引けなかった場合にも
動ける強みがあって
かなり評価は高めです。
 

➡転生炎獣罠カードに触れる!

 
 
 
 
サラマングレイト・ギフト

永続罠

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):手札から「サラマングレイト」モンスター1体を捨てて発動できる。 デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を墓地へ送る。 その後、自分はデッキから1枚ドローする。

(2):自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した 「サラマングレイト」リンクモンスターが自分フィールドに存在する場合、 手札から「サラマングレイト」モンスター1体を捨てて発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。

墓地肥やし+ドロー
転生リンク時、
または『フォーマットスキッパー』を使用してのリンク時、
1ディス2ドロー効果があります。
 
どちらの効果もいい効果なのですが、
ドロー効果なだけに、
罠カードである遅さがやや目立ちますね。
 
そのあたりを気にしなければ、
良カードといえるでしょう。
 
 

 

 
 

■転生炎獣と相性の良いカードとは?

 

➡①レディデバッガー(サーチ、サルベージ系)

 
 
レディ・デバッガー

星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1400

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキからレベル3以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 
 『ミーア』のカード紹介の時に軽く触れましたが、
『レディデバッガー』や『ROMクラウディア』といった
サーチ、サルベージなどから手札に『ミーア』を加える動きは
正直言ってシンプルで強力です。
 
属性が炎ではない点は残念ですが、
仲介に『フレイムアドミニスター』を立てることで、
そのデメリットも解消できるでしょう。
 
 
 
 

➡②フォーマット・スキッパー

 
 
フォーマット・スキッパー

星1/光属性/サイバース族/攻 0/守 0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分メインフェイズに発動できる。 EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。 このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える。

(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 
 基本的に、転生リンクしたリンクモンスターが必要な際、
このカードを素材とすることで、
 
「同名のモンスターを素材としたリンク召喚を行ったリンクモンスター」
 
を転生リンク以外の方法で、
存在させることができる唯一のモンスターカードです。
 
ただ、
 
このカード1枚では、
転生リンクは不可能なので、
必要な分の素材のモンスターの用意はしてください。
 
 

➡③炎属性リンクモンスター

 
 
フレイム・アドミニスター(リンクモンスター)

リンク2/炎属性/サイバース族/攻1200

【リンクマーカー:左/右下】

サイバース族モンスター2体

(1):「フレイム・アドミニスター」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドのリンクモンスターの攻撃力は800アップする。

 
 『ヒートライオ』を出すための素材として
 
炎属性効果モンスターが必要
 
ということなので、
 
サイバース族で作りやすい『フレイムアドミニスター』をはじめ、
『トロイメア・フェニクス』『パワーコード・トーカー』などの
 
炎属性リンクモンスターを多く用意しておきたいですね。
 
転生炎獣】からスタートできない場合でも、
これらのカードを用意しておけば、
転生炎獣リンクモンスターを絡めた動きに
移行しやすいです。
 
 
 
 
 

■まとめ

 アツい夏をさらにアツくしてくれる
 
【転生炎獣/サラマングレイト】ですが、
 
アニメ【遊戯王VRAINS】が進むにつれ、
 
新たな転生炎獣カードもすでにお目見えしております。
 
 
 
アニメの主人公側の一員というのもあるので、
 
強いテーマになってくれることでしょう。
 
 

 今後も大いに期待しましょう!!

 

 

では、今回はこの辺で!

 

 

ではでは!!