【遊戯王カード紹介&考察】新アンデットチューナー、シノビネクロは使える!?

どうも! ゆら。です。
 

 今回は、

本日発売の『シノビネクロ』について

カード紹介&軽めの考察をしていこうと思います!
 
 Vジャンプにて登場した
アンデットチューナー、『シノビネクロ』
 
その実力や如何に!!
 
 
 
 
 

■シノビネクロとは?

➡シノビネクロって、どんなモンスター?

 

 

 
シノビネクロ(チューナー)

星2/闇属性/アンデット族/攻 800/守 0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、 自分の墓地からこのカード以外のアンデット族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。その後、手札を1枚選んで捨てる。

(2):墓地のこのカードが、効果を発動するために除外された場合、 または効果で除外された場合に発動できる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 
今まで、アンデットのチューナーといえば、
『ゾンビキャリア』『ユニゾンビ』など
注目を浴びてきましたが、
 
今回、Vジャンプの付録として収録されたチューナーモンスター、
『シノビネクロ』も両者に引けを取らない強さを持っています。
 
①の効果は1ドロー、1ディスの手札交換。
アンデットは、墓地に送りたいカードも多いため、
手札にきてしまうと邪魔になります。
 
うまく利用し、後へ送りましょう。
 
②の効果は、特殊な条件下での蘇生、特種召喚効果。
除外と聞けば、若干使いにくく感じるかもしれませんが、
ここ最近のアンデットテーマとは、
除外というギミックは、
かなり相性が良いものとなっています。
 
では、どんなテーマに組み合わせるのがベストでしょう?
 
 
 
 
 

■シノビネクロを使いこなすテーマとは?

 

➡①魔妖デッキ

 

 

 
麗の魔妖-妖狐(シンクロ)

星9/炎属性/アンデット族/攻2900/守2400

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):「麗の魔妖-妖狐」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):このカードが墓地に存在し、 元々のレベルが11の自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。 自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。

(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。 相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

 
【魔妖】のEXから出るモンスターには、
 
共通して戦闘、相手による効果破壊されると、
 
破壊されたモンスターよりも☆2個下の魔妖シンクロモンスター
(リンクの場合は『餓者髑髏』)を
 
墓地のほかのアンデットを除外することで
特殊召喚することが可能です。
 
除外コストに『シノビネクロ』を選択することで、
除外というデメリットを逆手に取ることができます。
 
 
勿論、アンデットが特殊召喚されやすいテーマなので、
①のドロー効果の使用タイミングがかなり多いのが特徴です。
 
(※シノビネクロの効果は、①、②の効果共にターン1なので、注意が必要!)
 
 
 

➡②不知火デッキ

 

 

 
戦神ー不知火(シンクロ)

星8/炎属性/アンデット族/攻3000/守 0

アンデット族チューナー+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上

自分は「戦神-不知火」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、 自分の墓地のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。 このカードの攻撃力はターン終了時まで、 除外したモンスターの元々の攻撃力分アップする。

(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、 除外されている自分の守備力0のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを墓地に戻す。

 
『影者』から出せるステータス、
更には『戦神ー不知火』などで除外するのも旨味がありますね。
 
現状、【不知火】のパーツは、
アンデット関係テーマに出張しやすいですし、
合わせて『シノビネクロ』を採用するのも
問題ないかと思われます。
 
ただ、「不知火カードを除外」と書かれたカードもあるので
そのあたりはご注意を!
 
 
 

③ヴェンデットデッキ

 

 

 
リヴェンデッド・ボーン

儀式魔法

「ヴェンデット」儀式モンスターの降臨に必要。

(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、 またはリリースの代わりに自分の墓地のアンデット族モンスターを除外し、 自分の手札・墓地から「ヴェンデット」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

(2):自分フィールドの「リヴェンデット・スレイヤー」が戦闘・効果で破壊される場合、 代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 
 9月に発売される【EXTRA PACK 2018】にて強化される
海外新規アンデットテーマ、
【ヴェンデッド】との相性は特に良いのかなと感じました。
 
既にOCG化された『リヴェンデット・ボーン』
『リヴェンデット・スレイヤー』の効果をはじめ、
 
新規カードにも『シノビネクロ』を有効活用しやすい
墓地除外効果を持っているカードが多く存在します。
 
新規上陸まで待ちきれませんね!
 
期待大の儀式テーマです!!
 
 

➡④ドラゴネクロ型アンデットデッキ

 

 

 
冥界竜ドラゴネクロ

星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守 0 アンデット族モンスター×2

このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。

このカードと戦闘を行うモンスターはその戦闘では破壊されない。

また、このカードがモンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時、 そのモンスターの攻撃力は0になり、 そのモンスターの元々のレベル・攻撃力を持つ 「ダークソウルトークン」(アンデット族・闇・星?・攻?/守0)1体を 自分フィールド上に特殊召喚する。 「冥界龍 ドラゴネクロ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

 
 『龍の鏡』を使用することで、
能動的に墓地のアンデットを除外しつつ展開できる
ドラゴン族融合モンスターです。
 
しかも名前が
 
 
『シノビネクロ』と『ドラゴネクロ』
 
 
組み合わせるしかねぇ!!! 
 
 
流れでそのまま『ドラゴキュートス』にもつながる !
これはなかなか面白い!!
 
 
 
シノビネクロの効果に、
 
「効果を発動するため、または効果で除外された場合」
 
とあり、これがモンスター効果ではなく、
カード効果という扱いだと思われるので、
恐らく問題ないかと思われます。
 
効果=モンスター効果という解釈であれば、申し訳ありませんm(__)m
 
 
 
 
 

■まとめ

 Vジャンプの『シノビネクロ』ですが、
 
 【ヴェンデット】【アンデストラク】登場と
アンデットテーマが連続強化がまだまだ続きそうです。
 
なので、
少なくとも1~2枚は入手しておくのが吉でしょう。
 
 
アンデットテーマに興味がない方も、
チューナーという点もあり、
 
今後、さらに化ける可能性も秘めています。
 
 
 
Vジャンプも本日発売!!
 
 
書店に急ぐもよし!
ネットでもまだまだ入手可能です!
 
 
是非是非、手に入れて使ってみてください!!
 
では、今回はこの辺で!
 
ではでは!!