【遊戯王OCGルール】意外と間違いが多い!幽鬼うさぎの使い方のおさらいと3つの注意点を解説!!【水曜定期】

どうも! ゆら。です。
 

 今回は、意外と知らない遊戯王OCGルールです。

 

お題は、

 

幽鬼うさぎのカード効果、使い方の注意点とおさらい

 

になります。

 

 

 
ここ最近、
 
採用率も徐々に下がった影響もあってか
『幽鬼うさぎ』の効果を誤って使われる方が
増えているように感じます。
 
ということで、
今回は、『幽鬼うさぎ』の正しい使い方
3つの注意点について
お話しさせていただきます。
 
 
 
 
 

■幽鬼うさぎについて

➡幽鬼うさぎってどんなカード?

 
幽鬼うさぎ(チューナー)

星3/光属性/サイキック族/攻 0/守1800

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、 またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、 自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 フィールドのそのカードを破壊する。

 
 手札誘発4姉妹の長女。
 
一人だけサイキック族。
 
拾われた子供説が濃厚。
 
 
そんな話はどうでもいい!!
 
 
 
えー、、、
 
この『幽鬼うさぎ』は、
 
効果を無効化するタイプの手札誘発モンスターではなく、
 
発動されたカードに対して除去するタイプの
手札誘発モンスター
 
になります。
 
この『幽鬼うさぎ』の効果を誤って使用する方が増えているので、
3つの使い方の注意点をお話させていただきます。
 
 
 

■幽鬼うさぎの使い方、3つの注意点解説!

➡①モンスターに対しての発動タイミングについて 

 
サモンソーサレス(リンク)

リンク3/闇属性/魔法使い族/攻2400

トークン以外の同じ種族のモンスター2体以上

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 手札からモンスター1体を、このカードのリンク先となる相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。

(2):このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターと同じ種族のモンスター1体をデッキから選び、 このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 
 まず、モンスター効果が発動した場合。
これは、起動効果、誘発即時効果を問いません。
 
例えば、
『終末の騎士』が召喚され、
効果が発動したタイミングで
チェーンして『幽鬼うさぎ』を発動することは可能です。
 
しかし、
効果は破壊するというもので、
効果を無効にするものではありません。
 
ただし、例外はあり、
『サモンソーサレス』などのように、
破壊することで対象判定できなくなるということで、
結果的に効果が無効になるケースは存在します。
 
モンスターの発動タイミングに関しては
正直難しくはないでしょう。
 
 
「タイミングを逃す」などの話は②にて軽く触れます。
 
 

➡②魔法・罠カードに対しての発動タイミング

 
地中海シャンバラ

フィールド魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、 デッキから「サブテラー」モンスター1体を手札に加える事ができる。

(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 自分の裏側守備表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。

(3):1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 自分の裏側守備表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。 その後、その攻撃を無効にできる。

 
『幽鬼うさぎ』のカードテキストにもあるように、
「既に発動されている魔法・罠」という一文が重要です。
 
最近よく使用している
【サブテラー】の『シャンバラ』を例にあげましょう。
 
①の効果は、
「発動時の効果処理」とあります。
 
これは、
既に発動されているわけではないので、
このカード効果に対して、
『幽鬼うさぎ』で破壊することはできません。
 
では、②、③の効果はどうでしょう。
 
この場合、すでに場で発動されている『シャンバラ』の効果なので、
チェーンして『幽鬼うさぎ』を発動し、
破壊するということが可能です。
 
 
簡単に言うと
 
通常魔法・罠→ (✖)
速攻魔法→(✖)
儀式魔法→(✖)
装備魔法→(〇) 例:『聖剣カリバーン』
フィールド魔法→(〇)
永続魔法罠・→(〇)
カウンター罠→(✖)
 
 
つまりは、
 
フィールドに残るタイプの魔法・罠であり、
 
発動時効果処理以外に
 
自発的に効果が発動できる
 
あるいは、
 
何らかのタイミングで効果が発動できる魔法・罠
限られるというのがわかるかと思います。
 
 
 
①、②を総括して言えることは、
『幽鬼うさぎ』は時の任意効果であることに注意が必要だというところでしょう。
 
再度、『幽鬼うさぎ』のテキストを再確認していただきたいのですが、
「~した時、~できる」という一文が確認できるかと思います。
 
これは、俗に言う時の任意効果と呼ばれるものになります。
『終末の騎士』などと同じ分類になりますね。
 
「発動タイミングを逃す」ということが
多くなってしまう分類のカードですが、
これ以上話すとパンクさせてしまう恐れがありますね・・・。
 
 
正直な話をすると、
 
手札誘発の場合、
基本チェーンが組まれた後に発動の確認というのが板なので、
そこまで難しく考えない方がいいです。
 
そういうものなんだ程度で考えて頂ければと思います。
 
 
 

➡墓地へ送る必要性!忘れられがちな一文! 

 
マクロコスモス

(1):このカードの発動時の効果処理として、 手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。

(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

 
 
意外とこの一文を忘れている方が多いですね。
 
『ハリファイバー』『緊急テレポート』のおかげもあり、
分かっている方は分かってらっしゃいますが、
 
発動条件として描かれている一文は、
 
「手札、フィールドからこのカードを墓地へ送って発動」 
 
となっております。
 
 
手札誘発系カードには、
 
 
捨てて発動
 
 
と書かれているカードも多く、
 
同じ手札誘発とはいえ、
 
実は、統一感がなかったりするのです。
 
 
『幽鬼うさぎ』に関しては、
フィールドから捨てることはできないので、
覚えやすいのかなと思います。
 
 
 
 

■まとめ

 最近、カードテキストが統一され、
かなりわかりやすくなりました。
 
故に、ある程度、遊戯王をしていると
昔よりもルールでもめることは減ったような気がします。
 
それは、本当にコナミさんはよくやっているなと感心しています。
 
(カードによっては、
事務局も細かい説明を拒否するほどの細かいルールもあるようですが・・・。)
 
 
それに、OCG事務局がチャット対応ができるようになったのは
本当にありがたいし助かります。
 
もし、ルールがわからない。
この処理はあっているの?
 
などありましたら、是非とも
一度OCG事務局に問い合わせてみてはいかがでしょうか?
 
事務局の皆さんが、解決に向けて一肌脱いでくれることでしょう!
(遊戯王OCG事務局へのお問い合わせはこちら!)
 
そんなこんなで、
今回は『幽鬼うさぎ』に関しての
遊戯王OCGルールのおさらいと注意点3つでした!
 
ではでは!!
 
 
 
ランキング参加中!
是非クリックをお願いします!

人気ブログランキング

 
 
ー遊戯王新商品紹介ー
 
ーその他の管理人おすすめ商品ー